midnight room 

September 08 [Fri], 2017, 8:07
ミッドナイトサイレン 遠くに響く
まるで鼓動のように
静かな部屋は ヒヤリ冷たい
夏が幻想のようだ

あと少しがどれだけ遠い 君も気づいてるはずだろ?
人には愛されることと 愛すことしかできないから

何かが間違ってる気がする
誰もが嘘ついてる気がする
頑張ったって無駄なんじゃないか
そうやって思う夜が続く
ありふれた理想を追うこと
そこそこの幸せがいいって
己が望んでいないのなら
それはただの幻想だ


・・・


無関心を装うことは
難しくはないけど
きっとどこかには繋がりを
求めているはずだ

裏切られたことがあって 勝手に傷ついてたり
涙を流すことだけが 表現方法じゃないんだ

何に怯えているのかが
解らなくてまた怖くなる
誰かが見せた光を
偽物にしか見えなくなる
静かな部屋の中では
眠りにつく前の君がいて
明日の幻想を夢見て
きっと瞳を閉じるんだ


明日はいつか未来になるのか?



■この作品の著作権は 紅隠 にあります。無断転載は禁止しています。
Words by kuon.

unlimited future 

January 12 [Thu], 2017, 21:35
そういや最近思うことがあるんだ
あの頃どうやって過ごしてたかって
突然光が差し込むような
この手がすべてを掴むような
そんなfakeを当てにして笑ってたなって
でも時が経って いつしか大人を越えて
ただの中年 少年時代はno music no life
って言うことがカッコよかったけど
今じゃ世間話と媚びへつらうことが日常
夜の街に繰り出せば 最近イイことある?
の応酬でまた酒飲んで 酔っぱらって
家路につく時感じる寂しさと翌朝の後悔繰り返す

この果てのない未来追って
いくつもの夜をくぐって
たどり着く先に得るものは
don't know why i wonder night is...
たまに泣きそうになることもあるよ
何が不安で何が怖いのか
解らないから


人が人と出会って別れていくのは
寄せて返す波のようってそういや昔歌ってた
あの子が誰とくっついて 誰が誰を好きかって
そういうことが世の中の中心と思ってた
だが 今もそう変わらないのかもしれない
見栄とか意地とか 倫理その他のrule
全部が押し寄せてきて さながら巨大な波のようで
すべて押し流すように根っこの自分が離れてくんだ
もう本当の自分がどんなだったか忘れちゃって
生きてる価値とか考えだしちゃって
誰が必要としてくれるのか 誰かから褒められるのかとか
もうみんないーや だってそんなのってメンドクサくね?

この果てのない未来追って
いくつもの夜をくぐって
たどり着く先に得るものは
don't know why i wonder night is...
たまに泣きそうになることもあるよ
何が不安で何が怖いのか
解らないから

この果てのない未来追って
いくつもの夜をくぐって
たどり着く先に得るものは
don't know why i wonder night is...
たまには自分を許して開放せよ
だってそうやって過ごして
生きてくんだろ?




■この作品の著作権は kaleidoscope にあります。無断転載は禁止してます。
Words by kuon.

til the end of... 

April 24 [Sun], 2016, 21:42
恋に恋したりしてたのは
ワガママの裏返し
そうやっていっその交わりは
間違いだと思い始めた

beautiful world
何を恐れるだろう
キミはきっと
手を差し伸べて
マジカワとか
おちゃらけたりして
代償を
恐れずにいるんだ

永久の空
どこまでも
追い続けるんだ

キミがいつか見たような
空はまだ輝いてるかい?
あの雲の向こうまで
夢を追い続けたかい?
恋の行方は今もまだ
ココを彷徨ってるから
手を差し伸ばせばほら
たぶん素直な笑顔見せれるから・・・

もう一度手を繋げるから・・・



それぞれの道を歩き出し
何が間違いか解り始めた
弱さを押し付けあったこと
互いに大人になれなかった

間違いも貫き通せば
正解に変えられるなんて
間違った価値観を
守りあってたんだ

もう昔のようには
戻れない
キミはもうココにはいない

すべて応えることなんて
きっと出来るはずもない
だから補い合って
人は生きていくんだ
あの雲の向こうには
キミがいるはずだから
いつかこの感情が
消え去っても忘れないから・・・

いつか笑顔で誇れるまで・・・




■この作品の著作権は 音隠 にあります。無断転載は禁止してます。
Words by neon.

the city 

September 27 [Sun], 2015, 14:58
望まない生き方があるように きっと
誰もが辿りつけない場所があるよ
人が人であるために 僕らは何を
求めて探し続けるんだろうか

誰のために生きているんだろう
自分のためだけに生きることも
どれが正解だなんて解らない
どれが自分に正しいか解らない

もうずっと the city
ここで迷って 次の曲がり角には
正しい標識が立ってる訳じゃないけど
それでも the city
宛てがなくても 見えない何か掴むため
歩むことを止めない ずっと果てない前を見て


狭い鳥籠の中で怯えていた
ここから見えるあの遠い空の向こう
何て自由で魅力的なんだろう
いつか行けるんだろうかと思う

毎日同じことの繰り返しで
流れ作業的に続く日常は
その先で待つ いずれ来る終わり
私は幸せだったと思えるだろうか

もういっそ the city
私を隠して 私を壊して
そして絶望も味わえないくらい砕いて
もうずっと the city
流れた涙も 誰かのための嘘も
すべて優しく包み込んで きっとまた明日も


確かな証なんていらない
私という存在証明もいらない
明るい未来もいらない

この瞳が切るシャッターのように
記憶と想いとともに
少しだけ休ませてよ ねぇ city



■この作品の著作権は 音隠 にあります。無断転載は禁止してます。
Words by neon.

mirage 

July 20 [Mon], 2015, 13:46
温かな視線
誰に向けたの
この先の道は
どこに続くの

風を抜けて
街を抜けて
ただ目指すは
キミのココロ

トワイライト まだ消えないで
今もそうだから
きっと見失わないように

ジャレあったあの夏をまだ覚えてる?
水平線 貫くようなキミのコエ
もしかして ほんのちょっとだけでもいい
意識してくれてるならキミが欲しい


涙は見せない
武器と言われる
同情ならば
いっそ壊して

汗がひいて
冷静になったら
キミに言うよ
これからのこと

ミッドナイト 少し隠してて
お願いだから
ムーンライト その瞬間を

試してる? 怯える想いはきっとまだ
伝わらない うまくかわして落ちてゆく
躊躇いはこの先の一生のリグレット
躊躇わず 言いたいキミが欲しいと


窓から手を出せば
心地いい風が指先すり抜ける
今夜は朝まで走ってたい気分
太陽が昇り始めたら
もう1回伝えて




■この作品の著作権は 音隠 にあります。無断転載は禁止してます。
Words by neon.

be myself (plot style) 

May 11 [Sun], 2014, 21:52
君の描いた未来が
コロコロと変わることが
何だかちょっと怖くて
少し不安そうに笑ってた

いつか言ってくれた
ことが頭を反芻して
エコーがかかるように
語尾まで聞こえなくなった

明日のことは誰も知らない そうやって1日を過ごすんだ
不安って思うことは たぶんおかしくない 間違ってない
だから君と過ごす今を 大切にすることをもっと
小さいことに囚われないようにしよう もっと私らしくいよう


雨降りの今日は
憂鬱のサインを灯す
少し調子悪くて また
君の声が聞きたくなる

嘘 ホントはいつも
傍にいたいと思ってる
ずっと何もしなくて
ただ一緒にいれたらって

この想いが暴走し始める すべてが手につかなくなる前に
確かなものじゃなくていい どれか1つずつ叶えて欲しい
まだこれから色んなことが 起きることは解っているんだ
もう私が迷わないように 自分らしくいよう そして笑っていよう


■この作品の著作権は 音隠 にあります。無断転載は禁止してます。
Words by neon.

Linking Element 

January 02 [Thu], 2014, 8:14
虹の彼方から差し込む光は
この胸を貫いて そして感動に変わる
ただ退屈な毎日を過ごすだけじゃない
そうだ 何か目的があってそれを目指して

たぶん幾つもの壁があって
何度も何度も立ち塞がって
君は言う 「何も変えれない」
それって本気にしちゃいけなくて

構造改革が必要なのは ただこの心だけじゃない
立ち振る舞いや言葉の選び方も
すべてが自分に返ってくる 後悔先に立たずだなんて
よくいったもんだ 正にその通りなんだ


夜更かし気味だけど 全然眠たくなくて
今日の出来事を反芻してるだけ
過去ばかりを思い返すのはダメかな
たまには明日や未来のことを夢見て

持久力は人よりもあるって
それを決めるのは自分じゃない
周りから受ける評価がすべてじゃないけど
自己申告よりは当たってるかもしれない

イライラ忙しくて どうしようもないくらい切なくて
優しさや温もりが欲しくなってるんだ
そんな時に必要なのは ちょっとした感動でもいい
あの時の鼓動を思い出せるだけでもいいんだ


嗚呼いつか誰かが追憶のマーメイドって歌ってたけど
今ならちょっと解る気がする
大人って難しいと思ってたけど
割と単純で でも苦しさがハンパなくて


構造改革が必要なのは ただこの心だけじゃない
立ち振る舞いや言葉の選び方も
すべてが自分に返ってくる 後悔先に立たずだなんて
よくいったもんだ 正にその通りなんだ



■この作品の著作権は 音隠 にあります。無断転載は禁止してます。
Words by neon. in 2013

guilty 

January 02 [Thu], 2014, 8:12
僕の夢は夜に堕ちた
君の夢は夜に堕ちた
僕の夢は夜に堕ちた
君の夢は da da da da da


Are you ready?


夜を過ごすのは君の自由
闇に紛れて孤独に泳ぐ
深く深い奥底までずっと
誰の目も届かない安心

違うことなら気にしなくていい
罪は罪なら償えばいい
薄く開いた瞳の奥で
君は今何を想う?

まだ凍えてるようだ
冷たい槍を突きつけられたようなんだ


まだ見ぬ世界に希望はある?
後戻りならいつでも出来る
欲しいものなど何もないよ
ただ夢見るは悪の花道

まだ君は気づいてない
ただ僕はこの心を殺めたかったんだ


僕の夢は夜に堕ちた

君の夢は夜に堕ちてた?



■この作品の著作権は 亜楼磨 にあります。無断転載は禁止してます。
Words by neon. in 2013

This is the Night, my place 

October 06 [Sun], 2013, 22:17
真っ赤な太陽 横目で見ながら
進む道は 闇へと誘う
明日もきっと この時間の頃は
同じ道を 歩いてるんだろう

同じことの繰り返しを
日々の中で重ねてるのは
何もそれが絶望じゃないよ
悪夢のようでそうじゃないよ

This is the Night
ありふれた夜の闇を彷徨う
戻れない過去があるから
今を生きてるんだろう

きっと朝が来るまでは

きっと何かに怯えてる

でもそれだけじゃ

何も変わりはしないよ



This is the Night
夜の闇に光が差し込んでた
これが救いになるのかは
明日解るかもしれない

きっと朝が来るまでは

きっと眠りにつくだろう

ここが安らげる場所

ここが最後の居場所



■この作品の著作権は 音隠 にあります。無断転載は禁止してます。
Words by neon.

faith 

August 25 [Sun], 2013, 11:28
looking for your tears
どこまでも美しく輝く光
探し求めてどこを彷徨う

まだ見えない
未来へと続く道はどこから
この道と続いていたんだろう

looking for your face
君が見えない このままじゃ暗い
辛い道のりを歩んでいかなきゃ

だけどそう
いつか君と出会ったあの場所で
約束を交わしたこと覚えてるから

I believe in myself
だってそうでしょ
信じられるものがなければ
きっと進むことできないから
I believe in yourself
確かなものって
きっとこの世にはないけど
私は信じてるから ずっと…


looking for my place
どこにもない そう思ってたけど
いつか辿りつける時が来る

looking for my love
そんなものも ないって決めてたけれど
この気持ちが説明できないから…

こんな感情があるんだって知ったから

I believe in myself
何にも変えられない
きっとそんな儚げなもの
誰にも渡せないもので
I believe in yourself
君にしか見えない
君だけの光を探して
確かめてみてよ

この世界が暗闇だけじゃなくて
希望もあるんだってことを

So I believe in yourself




■この作品の著作権は 音隠 にあります。無断転載は禁止してます。
Words by neon.
blog data
運営者:音隠(ネオン)
趣旨:趣味で詞・詩などを書いており、それらの公開をメインにやっていきます。
一言:deep feelings flood
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30