寝起きの後頭部頭痛を改善する方法とは?

November 02 [Wed], 2016, 19:32
朝起きたとき、後頭部に激しい頭痛がする。
寝ている間に肩や首が凝って疲れが取れない。


そんな悩みで困っていませんか?


実は、寝起きの頭痛は、
生活習慣病が大きく関わっているといわれています。


そのため、生活習慣を改善することで、
寝起きの頭痛は改善されます。


例えば、寝すぎや寝不足、ストレスなどが原因で、
頭痛が起こります。


例えば、テレビやパソコンは体を興奮状態にさせて、
ストレスになったり、睡眠時間を不規則にする原因になります。


なので、夜遅くまでテレビやパソコンをしないで、
寝る1時間前には電源を消し、
リラックスした状態で寝るようにしましょう。


また、寝起きに後頭部が痛くなるのは、
首や肩の凝りが原因の可能性が高いです。


もし、後頭部と一緒に首が痛いのなら、
枕が合っていないのかもしれません。


枕の高さが合っていないと、
首の下にすき間ができて
不安定になってしまいます。


すると、首や肩の筋肉が緊張して、
肩こり、首こりを引き起こします。


そのため、寝ている間の肩こり首こりを防ぐためには、
あなたに合った高さの枕に変えてみることがおすすめです。


でも、自分に合った高さの枕を見つけるのは
なかなか難しいですよね。


そこで、いろいろ調べてみたところ、
高さ調節シートで自由に高さを変えられる、
「めりーさんの高反発枕」という枕を見つけました。


しかも、この枕は、
首を乗せたときに首をしっかり支えられるように、
首にピッタリフィットするような形になっているんです。


なので、肩や首にも負担を減らして、
首のこりによる頭痛も改善されそうです。


さらに、「めりーさんの高反発枕」には、
90日間のお試し使用期間があるため、
万が一枕が合わなくても安心できます。


購入者の感想などさらに詳しく知りたい方は、
こちらの画像をクリックして、
公式サイトをご確認ください。
   ↓     ↓     ↓