ぶらり途中下車の旅 

January 07 [Fri], 2005, 19:11
友達のえあらちゃん帰省記念オフ、今回は場所を変更して小樽よりお送りいたします。
いつもはススキノ近辺で飲み食いし、その後ホテルで飲みながら語り合うのが定番だけど、今回はちょっと足を伸ばして隣町小樽へ。
小樽は私が大学時代を過ごした街。でも、もう何年も行ってないし、生来の方向音痴のため、全くガイドとしての用をなさず...
ホテルの予約から何から全てえあらちゃんにお任せ状態でした。
えあらちゃん、どうもありがとう。とっても楽しかったよ!

ということで小樽オフスタートします。いきなり札幌→小樽に行くのも芸がないので、今回は銭函駅で途中下車。快速列車は停車しませんのでご注意を。
それにしても、銭函駅っていい名前だなぁ。今年も株で儲けられますようにと願いをこめてパチリ。

銭函の海 

January 07 [Fri], 2005, 19:06
えあらちゃんがチョイスしてくれたレストランは、海のすぐそばに立っています。目前に迫る海の迫力にしばし圧倒...

寄せては返す波のリズムに身を任せていると、日頃積み重なった疲れもすーっと和らいでいくようです。
時折かもめが飛び立つ姿もまた一興。
つもる話をしながら、普段ならテンション高く話しこむのに、どこかゆったりした時間を楽しむことができました。

JR銭函駅のすぐそばのこのお店、すっかり気に入ってしまいました。夕焼け時はもっと綺麗な海が見れることでしょう。

豪華ランチ 

January 07 [Fri], 2005, 18:59
眼下に海を眺めながら食事ができるお店「癒月」
ロケーションも最高だけど、料理もまた美味しい!
かすべのムニエルにムール貝のにんにく煮込み、魚介類のパプリカ炒にたっぷりサラダ、スープ、パンがついた、ランチプレート1350円はボリュームもたっぷり。
小樽といえば寿司となりがちだけど、私とえあらちゃんはお寿司は食べ飽きてますものね、ほほほ〜
というより、小樽の寿司はものすごく高く(ぼったくりに近いと)感じるのは私だけですか〜?
夕食も寿司は食べずに洋食の予定〜!
こんなにいっぱい食べたから、いっぱい歩かなくちゃねとふたりで決意(夜、歩数計を見てみたら1万歩以上歩いていました)


堺町通り1 

January 07 [Fri], 2005, 18:52
銭函からふたたび小樽行きのJRへ乗り、小樽駅のひとつ前の南小樽駅で二度目の途中下車。
ここからホテルまで向かう途中に、お土産屋さん通りがあります。
かの有名な北一硝子やオルゴール堂、万華鏡がいっぱいのスーベニールオタルカン、洋菓子のルタオ、そしてあちこちに点在するお鮨屋さんの数々。懐かしい建物もいくつか残っているけれど、10数年前とはガラリと変わった町並みに、すっかり観光客になりきってあちこち覗きまわりました。

南小樽駅からホテルまでは徒歩で30分もかからない距離なのに、何時間も何時間もかかってホテルまで到着しました。

写真は、オルゴール堂向いにあるお土産屋さん。建物にネコちゃんがはりついてます。
あぁ、私がガリバーだったなら...ネコちゃんの頭に積もった雪をなでなでして払い落としてあげるのに。
中はフツーのお土産屋さんでした。

堺町通り2 

January 07 [Fri], 2005, 18:45
堺町通りにはお土産やさんがいっぱ〜い
でも、この時期なんたって道路が滑るので危険です
特に○○硝子(小樽は硝子土産屋が非常に多い)の紙袋を持った観光客が危なっかしい足取りでヨロヨロしているのを見ると、「どうか転びませんように、お土産を割りませんように...」と祈らずにはいられません。私達のすぐそばを歩いていましたから。小樽は坂道が多いのに、硝子細工やらオルゴールなど割れ物の土産がメインなんですよねー。冬に小樽に来られる方は、滑らない靴を履くこと!これ一番重要。

画像は昆布のお土産屋さんの店内。そういえば昆布も割れ物だわね...

運河散策1 

January 07 [Fri], 2005, 18:37
ランチがボリュームたっぷりだったので、夕食前に腹ごなし
歴史的建造物が立ち並ぶ、かつての「北のウォール街」をそぞろ歩きました。

画像は旧日本銀行小樽支店です。
学生時代、ここの真向かいのビルでバイトしてました。
毎日歴史的建造物を眺めながらバイトしてたのです、っていうか向いのビルも歴史的建造物。
ふるーい建物でした。
見るのはいいけど、住むのは...

運河散策2 

January 07 [Fri], 2005, 18:32
ツルツル滑る道を慎重に歩みながら
やっときました小樽運河
カメラ片手の観光客がちらりほらり
「実際に見ているのとカメラに撮るのと違〜う」と叫ぶ人も
やっぱみんなデジカメなんだなぁ
私が小樽に住んでいた頃はデジカメなんて普及してなかったので
銀塩カメラ小僧(おじさん)が群がってたっけ...
と、思いつつ私もパチリ。
私のデジカメ(PENTAX Optio430)じゃ、ボケてばかり
まだ携帯カメラの方がマシなくらい...

ってことで携帯の画像を貼っておきます。
今度はダンナのカメラを借りてリベンジだわ。

楽しい夕食 

January 07 [Fri], 2005, 18:27
今回宿泊したホテルは繁華街のどまんなかにある「小樽グランドホテル」のディナープラン。1泊2食つきで8500円というリーズナブルながら、けっこうなお味でありました。
私達がチョイスした夕食プランは「後志食紀行ディナープラン」コーヒー豆以外はすべて近郊の食材を使ったメニュー。
前菜三種盛り合わせ
特製牛乳のスープ
ポテトの衣をまとった鮭のムニエル
道産黒豚のはちみつソテー
ライス、コーヒー
お供はもちろん小樽ワインで♪

おなかいっぱい美味しかった〜

でも、このあと部屋に戻ってまた飲み食いしました( ̄m ̄*)

小樽倉庫でランチビール 

January 07 [Fri], 2005, 18:24
昨夜から酒をずいぶん控えめにし(私達比)
朝食バイキングもおしとやかについばんだのは
全てこの小樽ビールのため。
季節限定ビールや定番のピルスナーなど、ラムのスペアリブと皮付きフライドポテトなどをつまみながらノドに流し込む幸せ♪

ビールの泡がクリームのようになめらかで美味しかったー!

やっと小樽駅 

January 07 [Fri], 2005, 18:21
最後の最後で小樽駅に到着。
ぶらり途中下車の旅も帰りはまっすぐ札幌まで向かいます。
最寄駅からだと30分足らずで着く街、小樽。
今度はダンナと一緒に来ることにしましょう。


えあらちゃん、おつかれさまでした。
とっても楽しい時間をありがとうね!また遊ぼうね〜
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nenebon
読者になる
2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる