世界はジグソーパズルで 

July 18 [Fri], 2008, 20:00
人間関係で悩んだり辛くなった時に思い出す話があります。

世界はジグソーパズルで私達はそのピース。

数えきれない程のピースの中でも自分とピッタリ隣り合うのはたったの3つか4つ。

一生のうちでその隣合うピースを一つでも見つける事ができたらそれは奇跡。

でも、例えば自分はパズルに描かれたフルーツバスケットのリンゴを作る1ピースだとしたら、同じリンゴを作るピースには出会えるかもしれない。
もしも出会えたらその人を大切にして。
決して無理に隣りにはめ込もうとしないで、それはお互いを傷つけるから。

初めてこの話を聞いた時はまだまだ子供で、いまいち理解できなかったのですが、最近気の合う人に出会うと、あぁこの人は同じリンゴの人かも、ってその人の事がもっと愛しく感じたり。

誰かに不意に傷つけられても、この人とは描く物が違うんだろうなって何となく許せたり…

少しずつ理解できてきたように思います。

でもやっぱりいつか絶対に自分とピッタリ隣り合うひとに出会えるはず!って思うのはまだまだ子供な証拠なのかな?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あさみ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる