原発性胆汁性肝硬変の治療方法

September 28 [Fri], 2012, 11:45
原発性胆汁性肝硬変の治療方法に関してですが、現状においてこの疾患に対する根本的な治療方法だって確立されていません。
でも、、その上といって何も成す術がないかというとそういうわけでは有りませんので、どういうような治療方法があるのか見ていく事にしましょう。
まず、原発性胆汁性肝硬変の状態のひとつとしては、かゆみの状態を挙げる事が出来ますが、この状態を抑制するためにはコレスチラミンという薬の利用が効き目的なと思われています。
また、胆汁が十分にないケースには、脂溶性の栄養成分をそのままの状態で、腸からすんなりと吸収する事が出来ない状態に陥ります。
こうした事から、ビタミンA、D、K、カルシウムといった栄養成分を、水溶性製剤の形で補う事がたいせつだと思われています。髪の毛
また、原発性胆汁性肝硬変の根本的な治療方法はできあがっていないものの、疾患が悪くなるのを遅くする効き目があるという薬は存在しています。
この薬の名称はウルソデオキシコール酸といって、この薬が疾患の悪化を多少緩やかにしてくれると言われるのです。
なお、薬というと気になるのが副作用ですが、ウルソデオキリコール酸に関しては、基本的に副作用がひどくあらわれたりしないとされています。
この他、原発性胆汁性肝硬変が悪化したケースには、どういうような治療方法がとられるのかという疑問を感じている人もいる事によりあるね。
原発性胆汁性肝硬変が悪化した患者の場合は肝移植を実施する事が何より良い治療方法になると思われています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:だりょ
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nemui3/index1_0.rdf