じぇにを払うからには。 

2007年08月12日(日) 19時01分
従妹のTちゃんに
「ジャニ舞台よりも四季のウィキッドが酷評されるのは納得いかないなあ(笑)」
と言われました。

だって!
あの結末楽しくないんだもん。(以下四季の「ウィキッド」酷評です。興味ない方はスルーで)



でっかいたまごのなかで。 

2007年08月10日(金) 17時53分
今だ8/5の衝撃から夢うつつのまま。
正直、
誰と誰が隣だったか、なんて覚えてやしません。
8人いた、ってだけで
8人が手を繋いでた、ってだけで
その中央にあの子がいた、ってだけで。十分なんす。
我先に手を差し伸べるお兄ちゃんたちと
迷うことなく手を伸ばす愛しいあの子。
二年前に8人で立つはずだった城ホールより数倍デカいドームで
青山劇場の数十倍のライトを浴びて
青山劇場の数百倍も数千倍も光り輝くあの子の笑顔には

翳も
卑屈さも
一切なかった。

太陽のようだった。

歩いていくあの子の笑顔と
それを見守りながら歩くお兄ちゃんたちの笑顔と
足も手も震えつつ涙で見えない瞳をこらして見守る私達ファンの
クシャクシャの顔には

幸せ、とか
やさしさ、とか
感謝、とか
色んな思いが込められていたよ。

あの思いを
あの瞬間を
一言で言うなら
『愛』以外のなんでもない。



とゆーことで時間巻き戻し。

そろこん。 

2006年11月10日(金) 11時24分
ソロコン、いちおー全部 参加出来そう
一番楽しみなのは安だなー。
DJYASUDA、私嫌いじゃないんですが今回は出さないでいいよ
「なつのうた」も「あきーあきー」も好きでしたけど
ま、今回むちゃ振りする人もいないし、DJYASUDAも登場する暇もなく、
がっつり男気溢れるコンになるんと違い…いや、なることを切望します

ヒナはまじめに観る自信がないし(笑う、とかじゃないですよ、もちろん)
(大阪太郎とかってラジオではアリなんですがねえ)
(ボケの人のソロは可でも突っ込みのソロは成立せんだろ、とか思ったり)
(ナルシストにやりたいだろうに太郎やらんでも、とか心配だし)
(裕くんがPとして袖に居てくれたらすべて丸く収まるのに)

結局ヒナ上さんて…やりたいことって千年に集約されてる、っておもうんですが
それに太郎をどう引っ付けるのやら…

やりたいことをやってこそソロコンですもんねえ。

そして。
ぢつは丸が一番心配。
こっちが緊張でドキがムネムネする!(おやじギャグを言うひとはつまりおやぢ)
滑ろうとコケようと、皆丸ファンなんだ!どんと構えてるからどんな丸でもミセテクレ!
けどな〜こっちはどんなマルでもOKだけどもしマルが舞台上でヘコんだら…
(突っ込む人も叱る人も勇気付ける人もいないのに…って全部ヒナだ。)
そればっかりが心配。
歌もダンスもツンドラ地帯になりそなMCも全然大丈夫、後はメンタル強化だぜい、マル!


昨日からずっとカントリープロペラ、りぴーとりぴーとです。
なんか間奏でカントリーダンス(えっとブーツダンス、だったっけか)出来そうやん
んで安あたりがくるんくるんまわってフィニッシュ!んで拍手〜みたいな。
Mステだと短いメドレーになっちゃいそうだし、少クラあたりでがっつり見たいな〜
衣装もカントリーだといいのに。揃って映えそう!(革パン!)(うっとり


季節の変わり目か…
なんか胃腸に来た
(赤ずきんちゃんで腹に石を詰め込まれて縫われた狼のような胃の重さ)
(なにこの分かりにくい比喩)
ので32時間水だけで絶食してみたら治った。(あまり薬を信用していないヒト)
周囲から野生動物かよっ!とツッコまれた。

…でも痩せない(ひゅるり〜)

朝風呂。 

2006年10月23日(月) 6時10分
秋も深まると猫が出歯亀にやってくる。
えっち。

…いや、私の裸がメインではなく、お湯を飲みにくるの。

朝方こっそり(ここの人の感覚では朝風呂という感覚はなし。朝の五時ですが)
ぬるくなった風呂に(沸かし直すと夜更かししてたことが湯の熱さでバレる)(なら早く入れよ)
ぼへらーっとつかってるとすりガラスの向こうに出歯亀登場。
扉を開けたげて「いらっしゃいまし。粗茶ですが」とお湯を桶に入れて薦めると
こっくんこっくん(実際にはぺちゃぺちゃ、ですが)飲む飲む。

なんで秋〜冬の方が水を多く飲む印象なのかしら。

たんと飲んだ後はきちんとお座りしてこっちを見てるので
なんかしないと悪いな〜と思って

シンクロナイズド!

とか言って足を高くあげてみる(朝の五時)
夜の真ん丸い目が見開いて余計真ん丸に(笑)

ああかわいい。
しょこたんじゃないけれどギザカワユス!

津に小旅行。 

2006年10月19日(木) 16時53分
新感線「Cat in the Red Boots」、斗真主演、楽しゅうございました。心底ほのぼの出来る佳作でした。
なにより新感線に馴染みまくってる斗真が可愛らしいったら。
後、松たか子姐から花が来てたりハイロウズ(今はクロマニヨンズか)の人
が梶原善ちゃんの友達で紹介してもらったとか。
あ、あと大阪公演は善ちゃんと一緒の部屋で、キレイ好きの善ちゃんが
常に片付けてたらしいとか。

いつも「関ジャニエイト使ってください」ってアンケに書くんだけど。
今回ばかりはよう書かんかった。
斗真のあの輝きには負けるわー。
普通の子やったら、松本まりかちゃん(もう一人の客演の子)に絶対食われてると思う。
それくらい、まりかちゃん良かったし。
なのにギリギリの線で主役守ってたもん。

よう考えたら、斗真ってお友達の山下さん(ニウスね)がデビューしたとき
ファンが悲嘆にくれた(今まではファンの期待裏切ってばかりだった、という斗真のコメント読んで切なくなった)
らしいんだけど、今思うとアイドルとしてデビューしない方が幸せだったんと違うかしら。
一人で歩くのはキツいけど責任も一人。
グループ一蓮托生、ってのはマイナスも大きいよね。(Aくんとかね)


そういえば。

土曜夜の舞台席だったとき後ろの三列目のひとたち、中国語だった。
斗真って一昔前のジュニア人気を担ってたから…もしかしてその頃のファン?
千秋楽でも通路で中国語聞いたよ。
同じ人かな。(顔覚えられない人)
すげえな。中国からわざわざ…って香港かもしらんが。

と。

脳内で考えてて思い出した。

わたくし。

オランダ
ハンガリー
オーストリア
イギリス

…言語わかんないのに観に行ってたんだった。

てへ。

そうよね、言語の違いはあまり意味ないのかもしれない。
日本に生まれて、日本で暮らしてる人たちが全部「赤猫」を理解出来るわけじゃない。
願うのはあの中国の姉ちゃんたちが
「動いてる斗真」を見に来ただけじゃないよね?ってことだけです。

ま、いっか。
何がしかは心に残るはず。
うん。

観劇態度は至極静か。(そらイマドキの10代のジャニオタの方がひどいもんだ)
笑ってたから日本語も勉強してるんだろね。
すごいねえ愛って。
国境も越えるのねー。

てなわけでわたくしは10/15、県境を越えて坊ちゃんらに会いに行ってきたわけですが。おほほほほ

赤猫舞台席 

2006年10月08日(日) 17時12分
いやあ、あの席やばいね!近すぎて緊張した(笑)
私、上手の二列目だった。
今回、中島さんの脚本じゃないからすごい心配してたんだけど。
いやあ良かった。
ちゃんと「大人の絵本」(エロイな)「大人の文化祭」(もっとエロいな。)になってたよ。
ま、荒神も良かったけど。
荒神が「父の友人たちに見守られて成長する男の子」って話なら
赤靴は「仲間を作って一緒に成長していく」話だよね。
まりかちゃんが可愛いったら!(歌ヘタだけど^^;)
善ちゃんがカッコいいったら!!!
最後の対決なんか善ちゃんの剣、物凄く重い!って感じたもん。
まるで鋼の剣のような。それを軽々振り回してる感じで。
「重い剣を軽く振り回してるように見える演技」って一体どうやるんだろねえ???
昨日7日は斗真の誕生日でした(いや、知らなかったのよ!偶然よ!!)
昼公演ではカーテンコールでまりかちゃんが「誕生日おめでとう!」と言っただけでしたが
夜公演ではケーキが出てきました。
…でもさあ。
オタが空気読めてないのよね(怒)
いきなり「斗真誕生日おめでとう!」とか最前列で垂れ幕かかげたり(どうやって席取ったんだ)
会場中で口々に「おめでとう」連呼。
ここはジャニコンじゃねええ!!!
んで善ちゃんが「私事…ではありませんが」ってコメントしようとしても
「斗真おめでと〜」って口々に。
善ちゃん「うるせえ!今オレがしゃべってんだ!」
私ら「きゃーカッコいい!善ちゃん!もっと言ったれ!!」と手を振り回して叫んで応援しました(笑)
(いや、私ら斗真大好きだけどね?)
(関係ないけどカーテンコールの時、席を立たせようと強制する善ちゃんはちょっとキライ)
気を取り直して「え〜私事…ではありませんが今日、生田斗真クンが22歳の誕生日を迎えました〜!」
万来の拍手。
…ここで口々におめでとう、って叫べばいいんだよ*djkg*pどもめ。(伏字)
空気読まないkgljlg***どもめ。(伏字)
そしてケーキを運んできたのは総タイツ姿のまりかちゃんでした^^;
(絵本の登場人物が出てくる場面で「北風と太陽」の太陽の総タイツ。真っ赤な総タイツ…)
股間に太陽くっつけてました(笑)
…ス☆テ☆キ♪
しかしあまり皆まりかちゃんの総タイツに触れず(遅刻かなんかの罰ゲームかもね)
斗真は「えー私事…ではありますが今日、22歳の誕生日を迎えることができました!!!」と叫んで
ロウソクを元気良く吹き消しましたよ^^
あー楽しかった!
夜の部がZ席でよかった!
一緒に誕生日祝ってる気分だった!
善ちゃんステキだった!
まりかちゃん、チョーヤバいくらい可愛かった!
間近で見る斗真は一層カッコよかった!
村木さんの校長先生超ラブリーだった!
カナコさんの美声!!!
河野くんのイケメン王子!!!カラー息子!!!!(大爆笑)
相変わらずの右近さんの裏切りっぷり!
粟根さんのハリー!(出てきて五分くらいツボにハマって笑ってた私)(だっていかにもハリーっぽいんだも)

この台本、もっと簡単にしていろんな子供向けの劇団でやって欲しいなあ。
子供にこそ見せてやりたい。
子供を育ててる親に見せてやりたい。
「ハリーポッター」見るよりも
日本製でこんなステキな冒険物語が出来るんだから。
(ほうきにまたがってみる子供続出やね)

私が好きなのは「みんなででっかい絵本をめくる」ような舞台。
観客皆でゆっくりゆっくり一ページずつめくるような話が大好きです。
(最初の「cat in the red boots」の題名の出方からして絵本のようやった^^)
あ、思い出した。相変わらずの編曲ぶりがステキだった^^
「ハリーポッターの曲に似て非なる曲」(これだけのためにハリポ一作目の映画見といて良かったと思ったよ)
まあ今回歌詞は全体的に微妙やったけど(笑)
さてさて、明日の千秋楽が楽しみです^^

仙台話。 

2006年09月16日(土) 17時33分
はふ、ようやく休みになった(TT)
でも誰も私が先週仙台にいたことを知らない。ふっふっふ完全犯罪成立。
(ただ咳き込みが激しいから近寄らないだけかも)
(気管支炎になっちった)
(無理するからって言わないで)

さて。無駄に長い仙台報告です。

9/9(土)早朝、電車で神戸空港へ。と、遠い。
でも伊丹発より2000円安かったし一回行って見たかったんだも神戸空港。
空港自体が小さい(の割りにきちんと神戸土産は美味しいとこ、ちゃんと押さえてる)
のにはりきって二時間前に着いたので時間持て余す。
離着陸する飛行機の向こうに海を行き交う船々を眺めつつ朝食食べ、ミルクコーヒーをソファにそっくり返ってくつろぎながら飲む。 

…私ら何しに来たんだっけ…(仙台便出発30分前に思い出す)

手荷物チェックから10歩歩くと搭乗口。近っ!!!
仙台空港へは70分。でもそこからの交通の便が悪く、結構ギリに会場到着。

今回多くのファンが申し込んで全滅した仙台。客席数2000強。ちっさ!
そこで繰り広げられるコンサートはまるでオモチャ箱を見てるよう。
かわいいけどさあ。皆で見れるよにもっとデッカイところでやろうよ。
構成はやはり春コンとほぼ一緒。
…まあ仕方ないわな。

そして少年Aも復帰せず。

会場は思ったとおり「桃うちわ」が目立つ。
それを見る坊ちゃん達も辛かろう。
結局来年まで待たなければいかんのか。

坊ちゃんらはどうやら追っかけよけの為、東京→仙台バス移動だったようで。
不憫。(なんだその旅回り一座のよな扱いは。)

そしてご飯はルームサービスだったらしい。
不憫。(二回目)

仙台まで来てなんでミートスパゲティやらシーフードピラフ食べてるの(TT)
ま、お外に出て問題起こされても…ね。
(痛い傷口を自分で突く私)(エイトに未成年はいないけどさ)

コン後、旅館へ。(今回K内家と合宿なので6人で15畳の大部屋)

部屋に入ると(カギのない部屋なんて久しぶりに泊まったぞ!)
窓にずらーっとジャニうちわ。
壁に忠倉ポスター。
…なんじゃこのオタクちっくな部屋は!
振り返るとK内親子が床の間に隠れてた (-"-;)
かっ…かわいい奴ら。

近所の居酒屋へ繰り出す。
(あんだけオタオタしい部屋なら泥棒も怖くて入れまいて)(入ったら夢見そうなウチワの山)(もちろん悪夢)

帰りしスーパーで酒を山盛り買って帰る。(居酒屋で十分飲みましたが何か?)

0時を過ぎて9/10。少年Aの誕生日を祝う。
K内家が購入し冷蔵庫に入れていた「ヒロキたんじょうびおめでとう」ネーム入りホールケーキにロウソク立てて
小さい声でハッピバースディ歌う。
(かなりサムい行為ですが完全酔っ払ってたので結構ノリノリやた -_-)
(人間だんだん麻痺してくることってあるよね)
(あるよ…ね?)

夜中の0時にケーキとビール。
その後風呂に入りつつ朝四時まで酒盛り。(そろそろ秋の健康診断あるのに!)

9/10(日)
さっき寝たのにもう朝食。
K内家は10時公演(全ステなさる。)見るためコン会場へ。
私らは市内観光。
バスに乗って仙台城址へ。
仙台を一望する景色と政宗公の馬上姿の銅像を見てるとあからさまにオタな人たちがちらほら。
(ポスター4、5本入れたコンサートバックをゴロゴロバックの上に乗せて)
…おまいらロッカーに預けてこいよ恥ずかしい…(罰ゲームにしか思えない)

その後周遊バスで仙台市内一周し(観光終了)、ラドン&岩盤浴温泉へ。
汗を流し、酒を抜く私達(笑)

若干、健康的に体がなったところで牛タン食す。
う、うめえ。芯たん(牛たんの芯部分らしい)うめえ!やわらけー!
ビール…は飲んだらコンサート中寝ちゃいそうだから涙を呑んで諦める。

オーラス。
9/10誕生日の少年Aうちわは昨日より一層多し。
エイトの坊ちゃん達はそれに反応出来ないってわかってるのになぜそのうちわを振る。
(こんな日にコンサート始めて気を持たせた事務所が悪いんだけど)
お互いに戻ってきて欲しいのは一緒なのに。

MCに入った途端、ハッピバースデイ歌いだすバカな客席。
…何がしたいんだテメエら。
坊ちゃん達さらっと流し、章大クンの誕生日を祝う。(9/11が誕生日なのさ)
出てきたケーキは∞をかたどってホールが二つ。
ロウソクに火を付け、目に涙を浮かべて喜ぶ乙女、章大くんに消させる。
消した途端、速攻ロウソクを抜いていく坊ちゃん達。(何がしたい)
いそいそと章大くんの服を脱がせる裕くん。(何がしたいかわかってきた)
「おめでとー!」と眩しいほどの笑顔で章大の顔をケーキに押し付けるすばちゃ(やっぱり)
ご丁寧にケーキ二つともにダイブ!
ケーキぺっちゃんこ。
障害物競走のよに口で直接ケーキを食べ、「ありがとー」と満面笑顔な章大(でもクリームまみれ)
すでに横でタオルを持ってスタンバイしてる亮ちん(よっ同級生!)
甲斐甲斐しく顔を拭いてあげた後せっせと下に落ちたクリームも拭き取るシンデレラのよな亮ちん。
顔洗うため満面の笑顔で会場に「ありがとー!」と手を振りつつハケる章大くんはめちゃくちゃ可愛いかったです。
床に散らばったクリームを手分けして必死で清掃する亮ちん裕くんすばちゃに雛。(でも後でジュニア滑って転んでた)
その間せっせとケーキをつまみ食いする甘いもの大好き丸ちゃんと万年腹ペコ忠倉さん。

…あの。
そのケーキ、さっき汗まみれの章ちゃんが顔突っ込んだんですけど。
かーなーり汚いと思うんですが。

「お前らなに食べてんねん」ヒナがタイムリーにつっこむ。
「だって美味しいねんもん」
「もったいないから後でたべよな」
…「なに食べてんねん」というツッコミは「汚い」じゃなくて「今食べるなよ」ってことですか。
…負け。_| ̄|○

そんな小汚いケーキは私らには食べれません。
食べ物を粗末にしない関ジャニエイト。子供達のいいお手本に………ならんわな。

モーツァルト!モーツァルト!! 

2005年06月14日(火) 16時28分
というわけでまんまと中川教再燃です(笑)
いい声だわ〜ほんと。

・・・ま、正直何箇所か右近さんの声で聞こえて一人で唇かみ締めて笑いを堪えてたんすけど。
いかん、いかんよ、観劇前に「紅天狗」を観ては。(禁止!)

モーツァルトご覧になる方は観終わってから「紅天狗」観て下さい^^
てゆーか、劇中劇のみ、でいいから絶対観て!(笑)

ある意味「紅天狗」の素晴らしさを改めて実感出来ると思います☆
私、土日で2回観たけど未だに歌おうとすると「紅天狗バージョン」になるもん^^;
「音楽、こそ、人間〜♪」てね。

ほんでもって、姉ちゃんを高橋由美子がやってるからさ〜余計紅天狗っぽくってね。
おっと、SHIROHっぽくもあったのだった。
吉野圭吾くんがやってるシカネーダという役も重ちゃん(SHIROH)とかぶるよなあ。

モーツァルトが「神から使わされた音楽の御子」だという解釈ならこれまたSHIROHとかぶるわけで。
中川くん、イッちゃった演技うまいなあ。。。
・・・てか「イッちゃった演技」しかできないんじゃないだろうな。。。心配^^;

んで、山口ゆーいちろーさんがやった「コロレード大司教」様はウィーンバージョンではムッチムチの筋肉の方がやってらっさいました。(無駄に半裸だった・・・)
やまぐっさんも。。。無理か(笑)
しかし二部後半の「神よ!」と問い掛ける歌は絶品でござーました。いい声だよ、あんたも(何様)

モーツァルトの奥さんのコンスタンツェは稀代の悪妻だったそうですが、
このミュージカルでは天才と結婚したことによる寂しさゆえ、て解釈になってます。
前は松たか子さんでしたので・・・西田ひかるではちょい弱かったかなあ、って思います。

三年前はドラマシティだったのに今回は梅芸(デカすぎ)なので
セットも若干の変更が。
紅天狗でも重要なネタだった「宙に浮かぶ白いピアノ」が無くなってました(TT)
一部終わって、友人と「ピアノが無えー」と叫んでしまいました(そこしか覚えてなかったんかい)

んでもって終演後、いつものはなよしへ。

全員でドラマ。 

2005年06月08日(水) 17時46分
雛医者、ってのは現代のほーのすばるちゃんの担当医なのか。
(どこまでもすばるを見守る役なのね雛・・・)

五厘ヅラなんてせずにどーせなら
全員、(すばるちゃんの)夢の丸坊主にしたらいいじゃん!
と思ったんですけど現代があるから仕方ないか。
・・・じゃあ現代をヅラにすれば・・・
嫌だ〜(笑)ヅラアイドル〜(といいつつものすごい見たい^^;)

終戦60年とやらの記念すべき作品らしいけど
内容が今井雅之の「Winds of GOD」に似てるような・・・^^;
それに(私は未見ですが)皆様大不評の夏嵐の作者さんなので、
どんなトンデモ台本になってるのか少々不安。。。

なんか土曜早朝5時の関テレの天気予報で延々エイトの曲、かけてたみたい。
(先輩は見てたらしい・・・すぐ連絡してくれようTT)
といっても天気予報図だけでチラっとも映らない、という微妙さ。
何がしたいんだかテイチクったら。

イカロスぴろきたん 

2005年06月06日(月) 17時50分
3誌ですが。
私、今朝駅でチラっと立ち読みしたんですが、ひろきちゃんいませんでした(TT)
・・・途端に買う気失せる私。。。いえ結局は買うんですけど。
確か5/10でしたっけ、取材日。もうちょっと早く取材してくれてれば、
久しぶりに楽しい全員集合だったのに・・・
はぁ。

ひろきちゃんの夢は”お空を飛んで東京に行くこと”でしたっけ。
幼児みたいなこと言うてからに^^・・・と思ったけど、東京大阪を往復しすぎ
から出た切実な言葉なだけに余計不憫・・・(TT)

亮ちゃんは終演後に毎日お見舞に行ってたそうで・・・いぢらしくて泣けますね。
正しく運命共同体。
実際精神的に頼っていたのは内君じゃなくて亮ちゃんだったんだなあ、って
今回しみじみ思いました。

今後もし、Nかエイトのどちらかになる日が来たとしても、
せめて二人は分けないで欲しいと心から願います。


今年の怒涛の夏を乗り越えた後、8人に、特に内亮2人に
ご褒美(休暇希望無理なら現金可)が降り注ぎますように・・・
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nekoneko8
読者になる
Yapme!一覧
読者になる