猫町GU・DA通信よりこんにちわわ 

April 18 [Wed], 2012, 12:10
猫町GU・DA通信へようこそおいでくださいました。
この通信は猫町の日常を、同町役場広報部長よりお送りしております。

猫町マップ
日々のあわ
猫町の日常。そう、縁側で日向ぼっこのような日常をお伝えします。
音タイム
音楽大好き猫町住人の音楽生活。
ふれるまいんど
バトンでございます。
うららかSun
いろんなとこに出かけたときのご報告にござります。おもにドライブがすきです。カリスマドライバーゆえに。
夢で逢いましょう
縁側で昼寝してるときに限らず、住人は夢をよく見るので夢日記。
明日へゆけ
そう、明日へゆかねばなりません。就活日記。


マイペースに発信中です。どうぞ、よろしくおねがいいたします。

そうねぇ 

December 12 [Tue], 2006, 20:48
今はしんどくなったら1週間後と4ヵ月後に思いを馳せることにしています。

高知には長いこと住みました。
10歳から今までやから、14年。
ここに来るまでは父の転勤について引越しを繰り返してたので、4年以上1つの土地に留まることはなかったからか、中学入った頃から、飽きた。引越ししたいしたい。っていっつも思ってた。

高知に来てからの小学校5,6年生のときは、転校生ってこともあって同級生には人気者。
だけどなぜか先生にはあまり好かれない生徒でした。

その前に福岡に居た頃はそんなことなかったのになぁ。

嫌われたくないから、ものすごく良い子を演じるようになってたね。

なんとなく、人の目を気にする癖がついた。
嫌われないようにするにはどうしたらいいのかしら、と。
人との関わり方が上手くなくなったように思う。

自分が仲良くしたいと思う人には余計そういう態度で接してしまうので、結局は本音が言えないまま疎遠になってしまうことが多い。
駄目だと知りつつ、今まで来てしまったけど、

ここを後にしたら、治す。

たいふー 

September 17 [Sun], 2006, 17:46
でっかいでっかい台風が来ておる。
ニウスを見てないのでどの程度のものか計りかねるけれども、すごいらしいす。

特に何をするでもない日々を、けっこう長く過ごしてきたわたくしですが、最近やっと人間の世界に戻ってきました。

きっかけは2,3あったのです。まあそろそろ戻らないと朽ち果ててしまってもいかんなと思わせるものが。

人それぞれ何かを思って生活しとる訳やから、傷ついたり傷つけたりしても大した問題ではないのです。
逆に、そういうややこしいことに参加しなくなることのほうが恐ろしいことなのかもしれませんね、と思ったり思わなかったり。
自分の世界に生きてりゃあ、都合の悪い情報は右の耳から左の耳に、脳みそには蓋して、脳みそ経由させずに流しとけば済むもんだけどね、それじゃ、脳みそが溶けていってしまいますよ。
溶けてしまって、そんで、都合のいいことしか受け付けられない脳みそに変身しちゃうって訳。

だからさ、蓋開けて風通し良くしとかないと人間じゃなくなっちゃうわ。

閉じたまんまだと人のこと無視して生きられるようになっちゃうんだよ、自分と自分を取り巻く都合のいい人たちだけの世界で。
いやん。

はるさめ 

August 28 [Mon], 2006, 19:56
研究室には非常食を置いてある。
昼に食べようと思って食べなかったやつを貯めているので。

今日は昼食を仕入れずに学校に来たので丁度宜しい。
カップ春雨を食した。
野菜はるさめ。
脂っこくなくておいしいし、なんかフリーズドライで悪いもの入ってなさそうだし、お腹も満たされるので好きなのですが、


これを食べた後は、必ず気持ち悪くなる。

なんで、なんでなんで

ごはん 

August 23 [Wed], 2006, 15:46
どこに居たってお腹は空くのに、研究室に居るとお腹は空かん。

部屋に入ってしまうと購買まで出て行くのが億劫なので、最近は通学路のコースを変えてコンビにの前を通る道を通っている。

大抵、お茶かコーヒーと、スープ春雨とヨーグルトを買う。
全部で500円弱。

しかし、買っても開けるのはお茶だけでヨーグルトも春雨も食べずに冷蔵庫と机の中へ。
私の非常食は増える一方である。


食べるものは日々大切にしたいというのは常日頃からの私の信念である。
というよりも、食べることをないがしろにする人は嫌いだ。
というほど極端なことを考えている。

それなのに、ないがしろにしすぎ。
イコール、自分を嫌い?


んなこたない、ただこの暑さでお腹が空かないだけだわ。
そして、1人で食べるものほど、美味しくないものはない。と思う。

でんわ 

July 27 [Thu], 2006, 2:55
今日は懐かしい人から電話があった。
その人はなんとなく桃太郎に似ている。
研究室の一つ上の先輩で、3月に卒業して以来だから懐かしいと言ってもたった4ヶ月振りなんだけども。
私の就活の進み具合を心配してくれてたみたい。
有り難いことです。


東京に就職するよって言ったら、
「東京の街に出ていくのか」って。

くるりやん。

やから、「最近その歌聞く度涙出る」
っちゅうことを言った。

そしたら
「何を先のこと心配してるんや」
と窘められた。

「修論なんかほっといて遊べ!夏や!」
とも。

なんか、良かった。
久しぶりに先輩と喋った感じ。
なんでもない会話でも癒された。
尊敬してる年上の人と話すのたのしい。


しかし、たった3ヶ月前がものすごく昔に感じるんだよな。
過去からも未来からも中途半端に遠いとこに立ってる感じ。

女っぷり 

July 20 [Thu], 2006, 18:14
カニさんにバトンを頂きましたので、久々に。


「女っぷりバトン」


〇あなたは女性ですか?

イエス。



〇あなたが考える女性の特権とは?

子供産める。
困った時困った顔すれば、きっと誰かが助けてくれる。
髪の毛伸ばせる。
スカートはける。
きれいな着物きれる。


〇あなたが「自分は女だなあ」と思う瞬間は?

お茶しながら女友達とペチャクチャお喋りしてるとき。
他人をお母さんのように心配してしまうとき。
びっくりした時、自分でもびっくりするほど女の悲鳴をあげてしまったとき。


〇女友だちと男友だちどっちが多い?

大学2年までの友達は女の子が多く、
それ以降は男の子が多い。
きっと、学科とかサークルが男の子ばっかりってのが原因です。
   


〇好きな人の前では女度が増す?

男の子といる時より、女の子と居るときのほうが女っぽく、甘え上手になってしまうのは何故だろうか。
付き合ってる相手の前では女の子になってると思います。
片思いとかだと、はずかしいから無理。



〇結婚式ではウェディングドレスを着たい?

もちろんです。
相手が「結婚式なんて、必要ないよね?」
なんて言ったら、別れてやるっ。


〇一生独身ってありだと思う?

なし。
おばあちゃんになったとき、ひとりぼっちなんて寂しすぎる。
結婚して、おじいさんと連れ添って、ときどき子供たちが孫連れて遊びに来てくれるのが理想の老後。



〇結婚しても仕事は続けたい?

結婚したときは続けたいけど、子供できたらお休みする。



〇雑誌の占いはつい読んでしまう?

こっそり読む。
だけどいいことしか信じません。



〇男言葉を使うのに抵抗ある?

抵抗あり。
好きじゃないから、あんまり使ってないはず。



〇女性であることを恨んだことは?

お母さんに、「女の子なんだから」って叱られたとき。
今はないです。女たのしい。



〇もう一度生まれ変わるなら女性がいい?

いいえ。女で生まれ変わりたいです。
そんで、すっごい美人としての人生を送りたい。

2度目があるなら、そのときは男の子で。



〇あなたが分析するあなたの女性度は?

75%



〇バトンを回す人五人

さくらさん、やってくれますかい?

明日へゆけ 

July 13 [Thu], 2006, 18:54
パソコンに向かう機会が少なくて、しばらく更新をさぼっておりました。
みなさま如何お過ごしでしょうか。

先日日記で、面接準備の事を書きましたが、なんと、その会社から内定を頂くことができました。
ながいながい、就職活動にやっと終止符を打てそうです。
しかも、「やっと決まったし、ココでいいかぁ・・・。」
っていう終え方ではありません。

会社でやることになる仕事はプログラミングで、自分が大学でやってる専門分野とは全く関係の無いものです。

だけど、何社も会社説明会や入社試験を受けた中で、最も「ここで働きたい」って思えた会社でした。
不思議な話ですが、面接のために会社に向かう電車に揺られながら、
「春からこうやって通勤するんだろうなぁ。」ってボーっと考えていました。
社長と人事の方との2対1で2時間に及ぶ面接を受け、
「春からこうやって通勤したいなぁ。」って帰りの電車で考えました。

白目 

July 05 [Wed], 2006, 2:32
明日久々に会う友達に白目剥いた写真送ったら メールが返ってこなくなり、へこんでおります。
こんばんは。

会えるのかしら、不安になってきました。

ではおやすみなさい。

梔の花 

July 04 [Tue], 2006, 18:17
梔と書いてクチナシって読むそうです。
まだまだ知らない漢字が沢山ある。
知らないことも沢山あるんでしょうな。

只今、東京町田にある伯母宅にて明日受ける会社の面接準備をしております。
A4用紙にたっぷり3枚自分のことを書き連ねる訳ですが、
大切な人が大変な時に必要事項だけしか言えない自分を
何を言って売り込もうとしてるんだろ

とか考えてしまいますね。

庭からクチナシの馨がします。
雨上がりの夕方は、Tシャツ一枚じゃ ちと肌寒いです。