秋たけなわ 

October 12 [Fri], 2007, 22:03


最近ずっと走りっぱなしだった

ふと立ち止まって見上げると

空がうんと高くなってた

Tactics of Life 

October 04 [Thu], 2007, 23:33


今日は昨日の続きではない

あの丘の向こうには
きっと全く違う世界が展開している

早く明日にならないかなあ
ううん、明日の楽しみは明日にとっておこうよ

明日が来なければいいのに
でも明日になってみないと分かんないじゃん

明日変わっているのは君かもしれないよ
ほら、明日は今日の続きじゃないんだから










醍醐味ってやつ
これだからおもしろい

still virgin? 

September 06 [Thu], 2007, 0:12


どうして美しいものは
こんなにも脆いの?

乾いた悲鳴をあげながら
砕け散って
人を傷つけてしまうのは

純粋だったころの僕らの心に
どこか似ている気がした

here ! am 

August 25 [Sat], 2007, 23:12

失くしてから大切さに気がつくなんて
そんなのやだ

だから
一度掴んだら絶対離すもんか

THE END, thats my name 

August 20 [Mon], 2007, 9:26

どこまでも続くと思ってた

ううん
永遠なんてあるはずないこと
頭のなかでは分かってた

けどいざ身を以って知ってしまうと

なんか寒いよ

jcjgc 

August 19 [Sun], 2007, 20:58
l;伊jtら;伊y歩;意hフォア沿いh語彙hあお;sdbはえprふぃdヴぉあsfヴぁs+ODJgば:し;lfdヴぉs:いdhfvぼくはどうすればいいの?sdjぽあjg:ぴえrg:pfひ:bぽえふg:p藍うgはlkwbtじゃいあしdじゃjdpさdぱしひgキガクルッテルfgんせrんごsぢfbそいfんbアリがレンガお英ア;えおりjがおえいrがおrgなおえいrgねrgにrfbgぴbhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhはshでぃひひひひひひひひぽいpgsdばしdふぉうごsdvbごshelpmeout!fgんrがおいrんg「myぃふぇすcks」dsヴぃsdヴぃsぢvfbしdbうぇねうい

vermin 

August 10 [Fri], 2007, 20:00
さいきんの悩み

暑い。うちでクーラーが稼動しているのをこれまで見たためしがない。

寒い。塾の授業料はほぼ光熱費とみた。

眠い。みんなそう思ってる。

目が悪い。先生、そこなんて書いてあるんですか?

かゆい。蚊も必死だ。

頭が悪い。今に始まったことじゃないってば。

体動かしたい。どうせ下手くそになってて逆にストレス溜まるぞ。

昔の日記多くは意味が判らない。勉強不足だ。

時間がない。作れ。

お金がない。使う時間もないんだろ?

さいきんやる気出ない。はじめからないくせに。

淋しい。ぅん。

phoebe 

August 02 [Thu], 2007, 23:02



 翔べ

    そら
 お前の宙だ

ЯЁVОLЧТΙΟЙ ΙИ ЧЯ СΘЙΣСΙΕИСЁ 

July 30 [Mon], 2007, 22:54
ゆっとくけど

俺が数学苦手なんじゃなくて

数学の苦手科目が

すとおりいおぶざいやあ 

July 27 [Fri], 2007, 22:48
この空の果ての海の底の海流の速度の半分の大きさの夢のかけらの色の美しさの奏でる和音の偽りの歴史の継承者の笑顔のしわの語る年月の一瞬の出来事の喜びの数分後の衝撃の破滅への恐怖の心の準備をした日の前の日の夕食のおかずの鮭の売られた市場の現在の様子の中継の女子アナの眼鏡の縁の変わった模様の造詣の深さへの賞賛のもたらす世界経済への影響のどうでもよさの中に潜むトニーの知力の賜物の陰謀の成功の可能性の検証の段階の欠陥の因果関係の説明の齟齬の鈍い響きに耳をふさいだあの日の朝焼けのまばゆさの中に聞いた刹那の未来への希望の旋律の終焉の不協和音の意味の若さゆえの誤解の脱却の過程の困難の多さへの失意の中の目覚めの雨上がりの昼下がりの虹の彼方の向こう岸の地蔵のたたずまいの滑稽さへの嘲笑の息の漏れる音の微妙な違いの聞き分け方の修行中の僕らの師範の奥さんのおじさんの従兄弟の養子の学校の友達の兄貴の彼女の下着の染みの妄想の世界の住人の一昨日の夢の結末の残酷さに泣いた記憶の片隅の映画の名前の頭文字しか思い出せないじれったさの奥底にうごめく破壊衝動の解放の対象の翡翠のペンダントの呪いの運命を見守る紫の月の照らす小麦畑のかかしの根元のピンクのリボンの持ち主のアークレイリの西の外れの湖畔の街の郊外のアパートの二階の少女の寝顔のあどけなさの呼び起こす感覚の根底の氷山の一角の無意識の劣等感の連鎖の克服の手段の獲得のためのバイトの先輩の恋の行方に一喜一憂する自分の恋心のキュンってなる切ない痛みの癒しの歌の歌詞のいつもよく聞こえない部分の勝手な想像のありふれた言葉の組み合わせの生み出す一片の詩の大好きな男の子のジーパンのすそのいい感じのほつれの彷彿とさせる魔女のほうきの驚愕のオークション価格の高騰ににんまりする出品者の過去の秘密の売られている質屋のおやじの下品な笑い声にしかめつらする通りすがりのOLのブランドのかばんのローンの返済の手続きの揉め事の裁判の担当の弁護士の五歳の息子の誕生日のプレゼントの包み紙の絵のくまさんの故郷の山の雪化粧の写真のほらここに写ってる謎の物体のこと考えすぎた日の次の朝の遅刻の理由の信憑性のなさゆえに失った信頼の回復の難しさをしみじみと感じ入った公園のベンチで今度は僕が君を待ってるシチュエーションに戸惑った君のはにかんだ横顔につい魅入ってしまってしばらくお互い言葉を失ったときのあの気まずい空気を破った僕らの爆笑を淋しげに見つめていたシングル?の目に宿っていた殺意を颯爽とかわしたときの一時的な優越感のあとの空虚感なんてどうでもいいって思った君のその貧困な想像力に脱帽しながらも同情する僕のちょっとした気配りに自分で感心してしまったことを巧みに隠して偽善者を装う自身の抜け目なさに満足してさりげなく笑顔を振りまくことを怠らないところが憎いあいつのふところは案外狭いことを急いで付け足しておく。
P R
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SH0t@
  • アイコン画像 誕生日:1990年2月24日
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
Yapme!一覧
読者になる