YAMAHA HP-1の補修

2009年03月01日(日) 17時03分
自分がAudioを始めた最初期(つまり30年以上前)に購入したヘッドフォンが、YAMAHAのHP-1でした。

お年玉を何年か貯金して、最初に買ったのがFM/AMチューナー(SONY ST-5150D)とカセットデンスケ(SONY TC-2800)、それにHP-1の3点セット。
まずはFMの録音から始めてソースを確保しておきながら、生録にも展開しようという欲張った作戦。

その後プリメインアンプ(SONY TA-1150D)を買い、スピーカーはとりあえず16cmフルレンジユニット(DIATONE P-610B)をとりあえずダンボール箱のエンクロージャーに入れたりしてましたね。

おおっと話が脱線しました、HP-1の話でした。

長年ずっとこのヘッドフォンを気に入って使い続けたものの、頭に当てるところの消耗がついに限界に達してきてしまい、後継となるヘッドフォンを探してみたもののネットでは有力な情報(HP-1ユーザーが買い替えして満足した機種とか)は見つかりませんでした。

ただ、思った以上に今でもHP-1を使っている人がいることや、YAMAHAのサイトにも今でもHP-1の紹介ページがあることを発見して驚きました。

満足できるようなヘッドフォンを見つけるには、自分の足で多くの店を回って、膨大な機種の視聴をするしかないのかと、mixiの日記でちょっとグチったところ、マイミクの方が予期せぬ情報を教えてくれました。

それが、ぽんたぁぁさんの「欲しいものリスト」ブログ「ヘッドフォン YAMAHA HP-2」という記事です。

ここではHP-2ではありますが、うちのHP-1で問題となっている頭に当てる部分を、安いヘッドフォン(audio-technica TH-380AV)を買ってパーツ取りして修理する方法が書かれていたんです。

TH-380AVは、1500円程度で購入でき、かつ価格.comのクチコミでも「価格の割にはいい音がする」といった評価もあるので、HP-1の修理には使えなくてもつぶしも効きそう、ということで修理方法のサイトを見て1時間後にはもう楽天ブックスで発注しておりました(^^;)。

楽天ブックスからにしたのは、今は送料無料セール中なので送料コミだと最安値ショップとさほど変わらず、楽天ポイントが使えること、でした。

2日後に届いたTH-380AVはこんなパッケージ。まあやはり値段なり。


さっそく取り出してみる。まあそんな高級ではないが、値段からすると悪くないつくり。耳に当たるパッドなどは意外にまずまず。

とりあえず軽く音を聞いてみると、確かに1500円とは思えないくらい、いいです。普段の子供が寝たあとの録画を見る用途であればこのくらいでもいいかも。半年くらい前に子供用に買った安物ヘッドフォンは音もまったく安物だったので、えらい違い。逆にもしオーディオテクニカの1万円半ばのクラスのヘッドフォンがこの10倍音がいいなら、そっちを買っていいかもという気さえしました。

まあそうは言ってもさすがにHP-1とは違うので、気を取り直してHP-1の補修作業を開始。
HP-2修理のサイトにはごく簡単にしか書かれていませんので最初だけは少々不安もありますが、やってみるとわざわざ書くほどのこともなく簡単だ、ということがわかります。

1.まずHP-1の頭当てを外す
 片側にネジ2本づつあるので、これを外すと頭当てを外すことができま
 す。簡単。外して改めてよくみると、ほんとにボロボロ(^^;)。

2.次にTH-380AVの頭当てを外す。
 こちらは片側にネジ1本。簡単。

3.TH-380AVの頭当てをHP-1に取り付け
 HP-1から外したネジを片側1本づつ使って、TH-380AVの頭当てを
 上のネジ穴に止めるだけで作業終了。補修結果の写真は、HP-2修
 理のサイトをご覧下さい(^^;)。

さて補修の終わったHP-1を使ってみると…。

うーん、使えるようにはなったものの、さすがに掛け心地はやや悪化。元々HP-1は側圧をかける部分と頭に当たる部分を分離して、頭にはソフトにふんわり当たるような設計だったわけで、それがTH-380AVの側圧を生み出す固めの頭当てに変わっているわけなので。

あと、これは調整するとか経時的解決で済むとは思いますが、HP-1の側圧が強くなったこと。これも上と同じ理由で、元々HP-1の側圧を生み出す部分はそのまま残っている上に、TH-380AVの頭当ての側圧も加わるわけです。

でもまあ、上に書いたことから想像されるほどひどいわけではなく、それよりもHP-1がまだまだ使えるようになったことが大変ありがたいです。

HP-2修理のサイトでは、耳当て(イヤーパッド)も交換したように書かれていたので自分もHP-1の耳当てを見たのですが、確かに改めて見るとヘタリは激しいものがあります。幸い破けたりはしていませんが。

TH-380AVの耳当ては簡単に外せたので、HP-1の耳当ても交換できるのかと見てみると、うーんこれは簡単にはいきそうもないし、TH-380AVとは口径も違うので、あっさり断念しました。まあ今は交換しなくてもまだ使えるし。

TH-380AVの残った部品で、なんとか別に使えるような形することはできないかと、ちょっと身の回りを見てみましたが、こちらも使えそうなものは見つけ出せず、とりあえず引き出しの中に保管しておくことにしました。

['09/5/2追加]
HP-1のスペックや音質の評価が、こちらのブログにありました。

モリヤモリの絶滅寸前日記 YAMAHA 「HP-1」

スペックをYAMAHAに問い合わせして書いて頂いているのは大変ありがたいです。
音質や使用感については、私自身HP-1ユーザーであるものの、あまり他のヘッドフォンを使っていないので、今の製品の基準でのコメントが参考になります。

高域の上のほうが出ない、という点については、昔の14kHz以上がハイ上がりのコンデンサーマイクで録音していたときのHP-1でのモニターではそれなりにハイ上がりで聞こえていた記憶があります。自分の耳も当時は20KHz聞こえていましたし。

30年後の今は測定していませんが自分の耳自体かなり高域特性は落ちているでしょうし、音源も128kbpsのMP3とかが多くて、高域は伸びていなくてあたりまえと思っていましたが、上のコメントでもそう書かれているということは、HP-1自体の経年劣化か、元々の性能が今の水準で見ると高域の上限が低いのか。

個人的希望的観測としては、帯域としては超高域まできちんと出ているけど歪が少なくておとなしく感じる(
アクセント付けされていない)、ということにしておきます(^^;)。
  • URL:http://yaplog.jp/nekoashi_1/archive/144
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
CHIBA Toshio
猫足様、初めまして、昨晩HP−2修復しました。1976年頃横浜のヤマギワ電器のモニターに応募して、モスグリーンのHP−2入手しました。
当初は、カセットデッキのヘッドフォン出力やLuxmanのアンプにつないで聞いていました。その後ポータブルオーディオ(Walkman)関連の会社に代わってからは、まともに使えずほったらかしにしていて、ドライバーのフェライト?割ってしまいました。先日ネットを徘徊してHP−50Aのドライバーが同じ径で使用できるとの情報があり早速、オークションで落札。昨日無事に復元できました。現在は仕事を転々した挙句、イヤーフォンの会社にいます。復元ついでに、ケーブルを銀電4極のバランス対応に交換し、自作に真空管バランスヘッドフォンアンプで、40年前の音を聞いています。
後は、へたってしまったイヤーパッドと、ヘッドバンドの交換です。
イヤーパッドは当面、HP−50Aのものを使い、業者に試作してもらいます。ヘッドバンドはHP−50Aのバンドを加工して作ろうと考えています。
猫足様の記事を含め、多くの方がいまだにHP−1/2使っているようですね。
仕事柄、多数のヘッドフォン/イヤーフォン使っていますが、HP−2の音大変懐かしく気に入っています。
中国在住 千葉
2014年04月24日(木) 13時52分
 HP-Iは駆動できないアンプで鳴らすとかなり残念な音しかしません。一度、パワーアンプのスピーカ出力に直結してみて下さい。150Ωもあるのでそういう使い方もOKと当時のカタログにも書いてありました。実際にやるためにプラグをちょん切るのは勇気が要りますが「バラ線つきのジャック」を作るという対応ならそう難しくないと思います。
 是非一度、まともに駆動されたHP-Iの真価を聴いてあげて下さい。
2012年03月03日(土) 21時42分
2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像nekoashi_1
» 2014年、今更ながらのiPhone3GのSIMフリー化[長文] (2016年04月24日)
アイコン画像CHIBA Toshio
» YAMAHA HP-1の補修 (2014年04月24日)
アイコン画像kentacya
» Dynabook SS S30のHDD交換等 (2013年01月20日)
ページ内IT用語解説リンク
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nekoashi_1
読者になる
MyClip
Yapme!一覧
読者になる