電気マットは低温やけどしやすい?

February 26 [Thu], 2015, 15:53
以前、数匹の猫を飼っていた時、
冬は寒いだろうと思ってペット用の電気マットを使用していました。
みんな、よくその上に乗ってくつろいでいました。


が、ある時猫のおなかを見ると、
真っ赤になってハゲが出来ていたんです。
後ろ足の内側も、同じような状態でした。


電気マットは上に付属のカーペットをひいて、
低温で使っていたのですが、
それでも低温やけどしていまっていたんです。


やけどをしていても、猫達は電気マットに乗るのをやめません。
「やけどしてるから、乗ったらダメ」っていう意識は、
猫達にはもちろんありませんよね。


猫は基本的に暑さに強く、寒いのは嫌いなんです。
夏の暑さも犬より猫のほうが強く、
電気マットの熱さには鈍いところもあります。


その後、電気マットの上に毛布をひいたりしてみたのですが、
やっぱり毎年のように低温やけどしていたので、
マットを使用するのをやめることにしました。
歳を重ねると、さらに熱さに鈍くなるようです。


一度低温やけどすると舐めてしまうので、
なかなか治らないんですよね。
病院で薬をもらってエリザベスカラーをして治ったのですが、
カラーをしているのも最初はかわいそうでした。


でも、電気マットがないと寒いので
それもかわいそう・・・
ということで、ベッドを購入することにしました。


現在使っているベッドは、これです。

クッションがマイクロファイバーになっているので、
手触りもとてもいいんです。
しかも、あったかい。


出かけて留守にする時は、
ぬるめの湯たんぽを入れたり、
出かける前に熱い湯たんぽで温めてから使っています。


もちろん、湯たんぽなしでも毛布を入れてあげれば
十分暖かいです。


夏はさすがに暑いだろうと思うのですが、
ちょっと涼しいところに置いてやると入ってます。
この、囲まれた感が猫にとってはいいんじゃないでしょうか。


現在、猫は代替わりして一匹になり、
子猫の頃は寒さがかわいそう、と母が電気マットを出そうとしましたが
低温やけどが怖かったので使いませんでした。


その代わり、ベッドを日の当たる場所に置いてやると
十分暖かくなるので、
今年の冬はそれで乗り切ることができました。


汚れても手洗いできるので、清潔に保てます。
寒さに弱い猫ちゃんにはぜひ使っていただきたいです。