欧米型の食事はニキビを悪化させる

August 02 [Sat], 2014, 22:44
欧米型の食事は脂肪分や糖質が多くニキビを作りやすい食事です。

体は食べたものでできています。
ニキビを治すためには、化粧品でのケアだけでなく内側からのケアも必要です。
脂肪の過剰摂取は皮脂の分泌量を増やします。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴がつまってニキビを作ります。
皮脂はアクネ菌の大好物です。
たまった皮脂をエサにしてアクネ菌が繁殖し炎症を起こすと赤ニキビになります。
赤ニキビは跡になりやすいです。
糖質を過剰に摂取すると、糖質の代謝のためにビタミンB群が消費されます。
ビタミンB群には皮脂をコントロールする働きがあり、不足すると皮脂分泌が過剰になります。
パスタ、ラーメン、パンなど単品メニューは栄養バランスが悪いだけでなく、糖質過剰でニキビをできやすくします。
ニキビによいのは和食です。
魚、納豆、味噌汁などでタンパク質がとれ、漬物や煮物などで野菜からビタミンやミネラルを摂取できます。
脂肪分や糖質が少なく、ニキビを悪化させる要因が少ないです。
乾燥肌ニキビケアなんて記事もあったので、参考になれば・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:neiru294
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/neiru294/index1_0.rdf