一ノ瀬とショウジョウトンボ

July 26 [Tue], 2016, 16:43
少し前に、インフルエンザになってしまって病院を受診しました。

どのくらいの潜伏期間なのかはっきりしませんが、インフルエンザの人とどこかで一緒になってうつってしまったのだと思います。

高い熱が3日続いていて大変苦しい思いをしました。

インフルエンザは高い熱が出続けるので、いつもの風邪より大変ですね。

主に一歳から五歳くらいの子どもがインフルエンザといった病気に感染し、発熱してしまった後、急激に意識障害やけいれん、異常行動等の症状を起こしてしまうのがインフルエンザ脳症といったものです。

インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残ってしまう場合もありえます。

いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃近くまで上がって健康を害したので、翌日受受診しました。

先生はインフルエンザの検査が可能ですよとすすめられました。

私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、それにあったお薬を頂けるので、確認したいと希望しました。

便秘にいい食べ物は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食品といわれています。

頑固な便秘の人は、とにかく便が固く腸内に 滞った状態になってしまいがちです。

少しでも早く、この状態を解放して、便を出やすく柔らかくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、乳酸菌で整えるといいでしょう。

毎日続けて摂っている乳酸菌のおかげで私はきわめて健康的になってきました。

毎朝の朝食には欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。

ヨーグルトは様々に味を工夫して楽しめますし、便秘になることなく過ごせます。

乳酸菌を摂取するようになってから、肌の調子も良くなってきて、体重も落ちました。

娘のインフルエンザ対策の接種に通院しました。

注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射をしています。

予防接種の後は怖かったーとつぶやしていました。

見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と睨みましたが、何も伝えれませんでした。

何日も大きい方が出なくなると、体の中にあってはいけないものが体外に出ないため、口が臭います。

どのように毎食後歯ブラシをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、お口の臭いは腸から胃をたどって不要なものを排出しようとし、口臭の原因になるのです。

この時、便通が改善されると、口臭もしらずしらずのうちに無くなると言われています。

ツボで聞くことが多いのは、へそから左右に指2本分くらい離れたところに存在する天枢(てんすう)です。

へその下5cmくらいの腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。

手首にはしこうとがいかん、いうツボもあります。

便秘の種類それぞれで効果的なツボは違うので、自分に合ったツボを押すことで改善できやすいでしょう。

赤ちゃんがインフルエンザに侵されたら、最も大変なことに至ります。

まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、そうなると命を失うことも可能性が有るでしょう。

そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、赤ちゃんを連れださない方が確実かもしれません。

私が便秘になった理由は、運動不足にあるのだと思います。

毎日の通勤は車なので、あまり歩く事もありません。

犬を飼っているわけでもないので、散歩に行くようなこともないのです。

そういった理由で、私は便秘なのだと考えています。

便秘の改善や予防のためにも、ウォーキングをすることにしました。

乳酸菌が身体に良いものだということは事実でよく知られていますが、実は有効ではない説もあります。

これも本当かもしれません。

そのわけは、当然、体質は個人差というものがありますし、あくまでも乳酸菌は菌であって、すぐに効く薬ではないからです。

とりあえず、自分に合うかどうか試した後で判断するべきです。

便通で悩む事って生きていれば必ず一度は誰もが体験したことがあるものだと思います。

特に辛い時は一週間便秘のまま過ごすなんてこともあります。

便秘に効く薬もありますが、私はアレが身体に合わないみたいなので、出来るだけ自然に便が出るオリゴ糖で改善しています。

効き目が優しいのが安心ですね。

花粉症となってしまって以来、乳酸菌サプリなどを取り入れるようになりました。

二年前より花粉症となってしまって、鼻水とくしゃみが止まらない状態になりました。

薬を服用するのは避けたかったので、テレビ番組でやっていた乳酸菌ドリンクを試用しました。

今のところは、これにより花粉症の症状が軽くなっています。

運動不足は筋肉が弱くなるだけでなく、体調にも影響を及ぼします。

女性に多く見られる症状の一つは便秘症状です。

他お手場、通勤時にエレベーターをやめて階段を使用したり、ランチの際に食物繊維が多い食べ物を選んだりするのが一番です。

可能ならば、便秘にならないためにも、週に1、2回はウォーキングにでかけたり、好きな運動をして体を動かすのがお勧めです。

実は乳酸菌を摂ると様々な効果があります。

まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、いい方向へと働きかけます。

その結果として、免疫の力がアップし、多くの健康効果を実感することが出来ます。

例えば、アトピーに対しても改善効果があったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。

乳酸菌は身体の健康をより良くする働きかけが高いんです。

アトピーに大変よい化粧水を毎日使っています。

友だちから良いよと教えてもらった化粧水は、ひどかった私のアトピーを見違えるほどきれいに治してくれたのです。

毎日鏡を覗くのが、楽しみで仕方なくなりました。

顔を触る度にスベスベ素肌になったことを感じています。

アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、症状の改善に役立つ可能性があるのです。

アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEと呼ばれる抗体が生まれてきます。

そしてこのIgEという抗体があまりに多く作られてしまうと、過剰反応となり、アレルギーを起こす結果になるのです。

ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、乳酸菌は、IgEの大量の発生を抑えるといわれています。

乳酸菌をどう選べばよいかというと、まずは、気になった乳酸菌を含んだ商品を試すことがオススメです。

最近は、乳製品の味ではない乳酸菌飲料も存在するし、サプリメントも出回っています。

内臓まで届く乳酸菌飲料を初めて口にした時、翌日、トイレから出られない状態になったので、休日前に試すといいでしょう。

インフルエンザは風邪とは違うもの知られています。

その症状は1日から5日ばかりの潜伏期間を経て、急に高熱にまで達し、3日から7日程度それが続きます。

型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状に小さな相違が見られます。

しかし、肺炎を伴ったり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、怖くもある感染症です。

アトピーの角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも少なくて、お肌のみずみずしさやバリア機能が低くくなっています。

ここを補って健康な状態に戻すには、保湿がかなり大事です。

それ故に、お肌を守って、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を使う事が必要とされるのです。

乳酸菌と言って思い浮かぶのはカルピスです。

昔から、毎日楽しんでいました。

なぜなら、乳酸菌が入っているからです。

母親が毎朝、私に飲ませてくれました。

そのために、私は便秘を経験したことがありません。

カルピスを飲んでいたのが理由で大変健康になりました。

ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として高く興味を持たれています。

オリゴ糖を投与された乳酸菌は活発になり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、お腹、環境を良好にしてくれます。

そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方とも腸の機能改善や健康増進には非常に重要な成分です。

アトピーの改善方法には食事も大事になります。

アトピー、に対して有効的な食事をこころがけることで美しい肌になることができるのではないでしょうか。

胃腸などの消化器官を調整して免疫力に影響がある成分としてヨーグルトならびに大豆食品などを毎日バランスよく摂取していくとアトピーへ効果があります。

結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が試してみると、かなりたくさん食べないと、大して、効果が感じられない気がします。

毎日1パック位食べて、ようやく便通があるという感じです。

ヨーグルトが大好きな人はいいですが、抵抗がある人も、ジャムを入れて味を変えてできるだけ摂取するとよいでしょう。

乳酸菌シロタ株イコール、何といってもヤクルトです。

昔、白血病になり、病気を克服した経験のある渡辺謙さんのCMでもよく知られています。

あざやかに白血病との闘病生活から帰還し、ハリウッドでまぶしい活躍をしているCMでの渡辺謙さんのお薦めをみていると、とても効果が期待できそうな予感がします。

腸内の環境を整えておくと美肌になると聞いて、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、実を言うと、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む食品のようです。

「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は摂取できるのは乳製品だけだと思っていました。

ちょっと恥ずかしい思いです。

アトピー性皮膚炎は非常にキツイ症状になります。

季節関係なしに1年中痒みとの我慢比べになります。

夏場は汗をかくのでかゆみが増し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。

その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、かゆみだけで終わらず腫れたり、呼吸が困難になってしまう可能性があります。

もし便秘になっても、薬に頼れば簡単に、なんとかできると思いますが、薬頼りになってしまうのはよくないので、まず、最初に食事を見直してみてください。

例えば食物繊維が多く含まれた食品を摂るのは効果的で、不溶性、水溶性の2つの食物繊維をバランスよく摂るのが重要です。

他にも野菜、海草類をすすんで食べましょう。

いつ乳酸菌を摂れば良いのかですが、決まったものがありません。

商品のパッケージには適量と回数が、書かれていますから、それを基準にして下さい。

まとまった量を一度で何回かに分けた方が身体に行き渡るということから効果があるやり方です。

元々、乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作り出すという部分では同じなのですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、酢酸などといった強い殺菌力のある成分も作る能力があるのだそうです。

だから、ノロ対策に効果があると言われているのでしょう。

このごろでは、いろんな感染症の話を耳にするので、意識しながら摂るといいかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haru
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/neiepci7e0txgk/index1_0.rdf