知っていると役立つメンズアパレルのハナシ

December 28 [Mon], 2015, 9:36
若干気配を変えて麻で作られたシャツを着てみては?ソフトな気配が一般的なシャツとは異なる感じで一歩先を行くことができます。見た目が物腰柔らかなテイストのため大人らしさを与えることが可能。
チェスターフィールドコートの根底にあるのは良質な羊毛で裁ち縫われた単調な商品。少し硬い印象のあるチェスターフィールドコートにわざと遊び心を加えるなら柔らかい素材が使われている物を試してみるのもオススメ。
体型を気にせず身に付けられるロング丈のジャケットやスーツは見逃せないアイテムの一つ。チェスターコートはポピュラーです。少し硬いイメージが強いチェスターコートは丈がロングなのとオーソドックスさに惹かれます。
スーツの上にアウターを着るならそれに適したコートを羽織るのが一番です。しかし、少し前からならM51(モッズコート)のようにスーツにミリタリー系のコートを合わせるのも素敵。
ハンドグリップウォッシュとは洗いをかけることでソフトになったレザーを揉んだ後、時間を掛けて乾かすことでクセを付ける加工方法のことで、自分で使い込まなくても程よい使用感の感じられるムードが出るのが特長です。
ここ数年で急速に普及したようで、昨今は麻製のシャツも購入しやすくなりました。手っ取り早くスタンダードなトップスとは異なった印象をミックスできるので、ちょっと気分を変えたい時にも重宝しますよ。
綿は繊維と繊維の間にエアを取り込んでいるので保温性が高いです。また、気温が高い時には汗などが蒸発する際の気化熱で温度が低下するという特長もあるようです。
ブロックチェックはリラックスした服の組み合わせができるので、日本でも人気の柄です。一般的なチェック柄は若干かための印象を与える物となります。対してブロックチェックはそれとは異なりアクティブな印象を与えることができます。
紺の上着はユニホームとしても着用されることが多いです。なので、シンボルがデザインされた光沢のある釦の印象を持たれがちです。制服を思わせる雰囲気が好きでない人には貝釦の物など色々試してみましょう。
ファッションアイテムを通販から買う際に、届いた物が思っていたのとは違ったとなることも多いと言われています。目で見て選べない服を買って大丈夫なのかという感覚も理解できます。実際に試してみると早さにやみつきになる可能性も。
ジャガード織のカットソーはそれだけを着用しても素敵ですし、シャツなどと合わせても真っ白なデザインの製品とは毛色の違うムードを手軽に演出できるので活躍してくれます。
式などのフォーマルな場では、スーツの他に防寒着にも注力したい。折角高級なスーツでコーディネートしても外套が普段着ている物だと無駄になることも。
ボトムスの鉄板といえばまずはデニム!深い色のデニムはワイルドさを付け足せます。シンプルな服はその分こだわりを持って穿いている人はスタイリッシュに決まります。
知的な男性のイメージを足したい。そう思ったら、キレイめスタイルの基本的な衣料品として知られるホワイトのシャツとグレーのカーディガンが便利です。涼し気なカラー使いのスタイルです。
ガンクラブチェック(二重弁慶格子)とは地色に多色のチェックを使った柄模様。千鳥格子(ハウンドトゥース・チェック)と区別がつかない人もいるかもしれません。しかし、個々のパターンを比較すれば違うことが分かるのではないでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaito
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nehp2rbc5eeala/index1_0.rdf