愛より恋という字がすき
2007.02.25 [Sun] 21:10

軽い
なにがって、体が。
こんなに辛さも悲しさも虚しさもない別れなんて初めてのことかもしれない。ありがとうございました。

でもきっとこれからも守り庇い続けるのだろうな…と自分のお人好しさに苦笑。
こんなだからなめられるんだぜ!!笑
まあ、自分大好きなんですが。

これまであたしを支えてくれた人、一瞬でもほんとうに一瞬でもあたしを愛してくれた人へ。ありがとうございました。あたしは今笑って、生きています。ありがとう。
いつかあんなことがあったね、と笑い合える日が来るといい。
(そのときあたしの隣には君がいますようにと願うことは)
(もうそろそろやめにしたい)
(そんなことできるはずもないのだけれど!)


愛という字の真ん中に心があるから愛は真心
だから
恋は、下心。

むじゅんしてる
2007.02.20 [Tue] 21:26

しいていうなれば何も不満なことなんてないんだけれど何もかもが不満。矛盾してるなー・・
幸せなのに、何だか一人で歩いている気分になる。
むしろ一人のほうが楽だったのかもしれない。憎めるから。
今はこの苛立ちの矛先を何処にも向けられない。
向けてしまったら、きっと、崩れてしまうから。
なんだろうね、苦しくて、この関係を崩したいのに、でも崩れる事を恐れてる。臆病?これを臆病っていうのかな。

あのひとがわらっていると
わたしはなんだかいらいらして
そして
その笑みのさきにじぶんがいないことをしってむねがつぶれそうになる。


businessのごとき告白ききながら林檎の幹に背をこすりおり
(寺山修司「血と麦」)

なにもかもがちがう
2007.02.18 [Sun] 18:02

愛は時を忘れさせ、時は愛を忘れさせる。
(ドイツの詩)

あたしはどうすればいいんだ?
その一言しか頭に無い。
こんなときなにをすればいいかなんて、あたしはとうに忘れてしまったのかもしれない。他の人相手にだったら、どうでもできるのにな。どうにもできないのが、それこそが愛なんだろうか。
あたしは愛するあまり愛し方をわすれてしまったんだろうか。
時は愛を増やすものなの?減らすものなの?
なんだかもうよくわからない。

計算してないぞ
2007.02.14 [Wed] 21:56

幸せな事が舞い込んでくるなり書くことがなくなるなんて!計算してないぞという感じです。笑
人間うまくできてるなあ。

「美しい女とは、美しい女になろうとする女のことである」

すき、きらい、
2007.02.12 [Mon] 15:16

好きな人が多すぎて、見放されてしまいそうだ

こんな歌がありましたねー椎名林檎。すき。
ここのブログを誰かに読まれると病んでると勘違いされるんじゃないでしょうか、大丈夫だよ元気だよーげんきだよー

好きな人は、多かないです、むしろ嫌いなひとがおおすぎる。嫌いな人がいるってことは、あたし的にはいいことだと思ってます。みんななかよしがいちばん、だなんて奇麗事だもの。
この一年で、大切に守るべき人と中指おったててもいい人がだいぶ別れてきたようにおもいます。人を見る目が養えて来てるのかな?でも、どちらにしろ両方が自分の糧になるんだよね・・日々精進。がんばって、素直に、生きたいと、おもいます。たぶん。
守るべき人は大事にして、中指おったててもいい人はとことん踏み台にしてやる。(これ以上失うのは、もうたくさん)

はじまり
2007.02.09 [Fri] 17:33

あまりこういうことを自分でするとは思ってませんでしたが、寝言集です。ブログなんていういいもんじゃあ、ありません。よろしくおねがいします。

おばけがこわい、という人がいます。ホラー映画とかおばけ屋敷とか、こわいっていう人がいます。
そんな人間は弱ぶっているだけだ!なんて手厳しい事、あたしは言いはしませんが、(思う事はしばしばありますが)あたしは人間のほうがよっぽどこわくてしかたありません。
地雷は300円でできるそうです。たった300円で人間は他人の足や手や命をもぎとってゆくのですね。それどころか人間は0円で人の気持ちを死においやることだってできるのです。究極のプライスレス。

にんげんは、とてもおそろしい(そしてよわくてみにくい)、それでもあたしの一番好きなすてきな生き物でもあります。
P R
2007年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28