November 12 [Wed], 2008, 17:49

目の前の紅

それはまだ生暖かくて

ぬるっとしていて

気持ちが悪い



なんで

なんで 人ってこんなにも簡単に死んでしまうのだろうか?

「死」なんて無くなってしまえばいい

そしたら

そしたらキミは今もボクの隣りに居てくれるのだろう?

 

でも

コレをやったのはボクだ


カッとして

頭が真っ白になって

気づいたらキミが紅に染まってた





悲しいよ

戻ってきて・・・

我が儘なのは分かっている

そんなボクと知っていながらキミは笑いかけてくれていた

だから帰ってくる

そんな気がしたんだ

優しいキミが大好きだよ



あぁ

神様

ごめんなさい







遅いけれど

キミの

笑った顔が

高めのアルトの声が

寝顔が



全てが

大好きだった

ごめんね・・・

plesent 

September 13 [Sat], 2008, 23:51
“悲しい”なんて無くなればいいのに・・・
僕はよく思うんだ。

でも

もし神様が本当にいて
僕等に“感情”をくれたなら

それには理由があるとも思う

喜怒哀楽をくれたのは・・・

“悲しい”や“喜び”半分半分くれたのは・・・

きっと“逆”がないとそれが当たり前になちゃって

それがなくなっちゃうから・・・なんじゃにかな?

だって“悲しい”がなくて“喜び”だけだったらそれはきっと
喜びじゃなくて普通、になってしまうでしょ?

だから半分なんだ

でも

悲しい・・・それに変わりはない。

でも変わりに『仲間』をくれた

一人ぼっちで悲しまないようにと・・・。

call 

March 13 [Thu], 2008, 13:16
電話の向こうから聞こえるあなたの声

低くて落ち着くその声を聞くために


今日もあなたに電話していいですか?

答えはいつも「いいよ」の一言

あなたが断れないのを知ってて私はあなたに質問するの

卑怯なのは分かってる

でもあなたも電話を待ってるって思いたいの

私だけがあなたの事好きってわけじゃないって教えてよ・・・

だっていつも不安なの

実はあなたは私のことが好きじゃないんじゃないかって

だからあなたから「好き」っていう一言を聞かせて

そのたった一言だけで私は安心できるから

そのために今夜もあなたに電話します



だって不安は消えてくれないのだから

また会いましょう 

March 11 [Tue], 2008, 16:48
皆との残された時間はあと

一週間だね

離れなきゃいけないって知った時すごく悲しかった

でもそれから1ヶ月が経った今

なんだか離れるっていうのが嘘みたいで全然悲しくないんだ

よく考えたらこも前までの皆と変わらないんだよね

「さよなら」なんてしないみたいに

だからなのかな?



でもね

家に帰って一人になって

改めて悲しくなってくるんだ――


馬鹿みたいでしょ・・・。



静かになると皆が騒いでいて煩いあの教室を一番に思い出すんだ

そしたら何故か悲しくなってくる

でも涙は出ないんだ

何でだろうね?

泣いてこの靄晴らしたい気分なのに

どうしても涙は出ないんだ



だからかいつも人が少なくなるまで教室に残ってるんだ

私の知らない内にそれは習慣になってたんだよ



本当 居心地が良過ぎて手放したくない場所だから

私の大好きな場所だから

「さよなら」だけは言わないよ?

最後に皆に言うのは

「またね」

の一言だけだよ




だって絶対に帰ってくるんだから

Thanks For My Best Furiends 

March 10 [Mon], 2008, 21:31
もうすぐお別れだ

でもそれは俺だけの秘密

今は兎に角

たくさんいい思い出作って

さよならの時

思いっきり泣きてぇ気分だ

男が泣くってやっぱ変か?

でも

それだけお前等は俺にとって大切な存在なんだ

それも秘密 

ぜってぇ一生言ってやんねぇからな

何故って?

恥ずかしいだろ?

俺は男だ

女では無いな

だから・・・じゃ理由になんねぇか?

まぁ最後まで格好良い俺でいさせてくれや

さよならだけは言ってってやっから

でも見送りはいらねぇわ

理由?

俺が皆の前で泣いちまうからだ

泣きてぇっつてたって?

それは皆に背中向けてからだ

泣き顔なんて拝ましてやるきはねぇよ

まぁ一回だけなら『ありがとよ』って言ってやる

ぶっきら棒な俺からの精一杯の感謝の言葉

聞きそびれたなんて言わせねぇ


まぁどうしてもってつうんだったら一回だけな・・・


つか

今更だけど

お前等は世界一最高だ!

今までホント

ありがとよ

好きだから・・・ 

March 06 [Thu], 2008, 0:36

やっと待ちに待った春が来ました

肌に触れる風は温かくて心地よ良い

でも

なんでかな?

涙止まらないや・・・

さっき・・・1時間前に電話越しだけどあなたの声聞いた

ただそれだけで心が温かい

でも何故か頬を伝うのは涙なんだ

笑顔になんてなれない

だって

日本の端と端にいる私達は会えないし電話もなかなかできないんだから

でも私の愛した人があなたで良かった

だから今日こそ言うね

『出会ったその時からあなたが大好きです』って

恥ずかしくてなかなか言えないけど

本当のことだから
一番知ってほしい気持ちだから

本当に私ってあなたにベタ惚れだね

好きだよ?


だから一生離す気はないから

覚悟してね?

いとおしいぬくもり 

March 01 [Sat], 2008, 17:08
寒い時はみんなでギュ−ってしたね
すっごく温かかったよ

本当に温かかった
寒いのを忘れちゃうくらい

でも
そんないとしい温かさとの別れの時間は止まってくれない

どんなに泣いても
どんなに祈っても
決して止まってはくれない

僕ね
皆に泣いてほしくないから
僕は絶対泣かないんだって決めたんだよ

それは自分との約束なんだ

でも
夜一人になるとその約束忘れちゃってどうしても泣いちゃうんだ
暗いから怖いし 一人だから寂しくて
でも電話を掛けるには遅い時間で
だからいつも一人でそれと戦ってるんだよ


行くって決めたのは僕なのに
すっごく悲しいよ

だっていつかは皆僕を忘れちゃうんでしょ?
夢で皆は笑っているであろう未来で泣いている僕を見た・・・


1つだけ
1つだけお願いを聞いてくれるなら
どうか僕を1日・・・いや1秒でも良いから
ほんの少しでも長く覚えてて

ずっとなんて我が儘は言わないから

大切なあなた達への 届くことの無いメッセージ


2−4 

March 01 [Sat], 2008, 16:43
どうか僕を忘れないで下さい

 
忘れられるのがすごく怖い
 でも 忘れないでって無理言って嫌われるのも
たまらなく怖いんだ

 
どうか僕を忘れないでください
でも
もし忘れてしまうのなら
期待なんてさせないで僕なんか不要だって 最初からそう言って
じゃないと期待してしまうから・・・
僕がいつか遠い日に帰ってきた時
もしかしたら笑顔で
忘れるわけ無い って言ってくれるかもしれないと
期待してしまうから



本当は

すごく怖い
でも
もう 後戻りは出来ないんだ

離れたくない
でも
もう 行くしかないんだ



すごくすごく
辛いよ 悲しいよ 苦しいよ

でもそれは誰にも言わない・・・

言っちゃいけないんだ


それにきっと
僕はすごく単純だから
向こうで また新しい仲間ができて
いつの日か
皆を忘れてしまうのが
本当は一番怖い


忘れたくない
行きたくない
泣きたくない

でも

忘れてしまうのは
行ってしまうのは
泣いてしまうのは

僕が弱くて駄目な人間だからですか?

強い人間ってどんな人ですか?

約束=束縛 

February 21 [Thu], 2008, 17:54
「今度海に行こう」・・・すごく些細な約束だけど・・・
 
約束を作ればその約束を果たすまではあなたのこと縛ることできますか?

あなたを縛ることが出来るならいっぱいいっぱい約束作りましょう

だって

私はあなたを放したくないのだから


そんな私の愛しい愛しいあなたに今日も明日も明後日も会いに行くよ

それじゃないとその一日が無いように感じてしまうの

そんな私は重症なのかな?

親友≦恋人 

February 20 [Wed], 2008, 23:29
あなたはこの前私のことを親友だって言ってくれたね

すごくすごく嬉しかった

すごくすごく悲しかった

だって

私はあなたのことが好きなのだから
親友っていう信頼できる存在になれたのは嬉しかったよ

でも

恋人にはなれないのかな?って思ったら悲しくなったんだよ

私を親友から恋人に変えてくれる日はいつくるの?

すごくすごく愛してる
言葉に出したくても勇気が無くていえない言葉

悲しいよ 苦しいよ 痛いよ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tyuros
  • アイコン画像 誕生日:8月20日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像康之
» いとおしいぬくもり (2008年03月04日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

カテゴリアーカイブ