これまでの話 

November 26 [Thu], 2009, 23:52
でた。これ。

私は三日坊主にならないように絶対がんばるぞ!と決めて、
勝手に誰にも言わずに始めた日記のブログですが、
あっちゅー間に11月末ですね!

この数ヶ月、お前は何してたんだ。と罵ってやりたい。(実際罵りました。)

義務感がないからか、書くことが(目的とか)ないからか、続かなかった。
非常に反省いたしました。

書くことがないので、自分の引き出しの貧困さに唖然としますが、
私は、昔からなりたい職業ってのがあります。
最初の日記にも書いたんですが、簡潔に言うと、漫画家でした。
でした、っていうか今も充分になりたいんですけど。

昔からまぁ、べたな話ですが、絵を描く事が大好きで、
妄想とかも大好物だったので、
小学生から落書き程度にスケッチブックに絵を描いてしました。
それは、花の絵とか人物の顔のデッサンで、「漫画」ではなかったんですね。

しかしながら、その時に「漫画家になりたい!!」とか思わず、
ふわふわした女の子だったので、実際漫画家になるべく、
いずれかの出版社に投稿なんて、夢にも思っていませんでした。
まぁ、本気ではなかったんでしょうね。

高校時代は、漫画家になりたい、と思うだけで、一切努力せず、
ねちねちとノートに自己満足・ワンマンストーリーを鉛筆で作成しては、
一人で見て、それで終了でした。

ここまでで、私がだいぶと暗い人間ってのがわかりますね!

その後、大学に入って、なんと、初めて、原稿用紙に漫画を描き、
完成させるという行為を致しました。
それも、時間が比較的あった1回生とかではなく、就職活動しはじめたと同時にです。
だから、21歳くらいですね。
私は少女マンガを主に描いていまして、初回は確か王道「り○ん」に送ってみました。

その時点で、自分が漫画を描き始めるには、だいぶと遅いなんて気付きもせずで、
しかも、本当に無謀というか浅はかというか、新人大賞とかに投稿したわけです。
もちろん、ベタとか、ページの左右のコマのバランスとか、一切考えてなかったので、
選外で、自分の何が悪いかも判らず仕舞い。

しかも、私は一人で漫画を描いて誰にも見せて居なかった(友人にも)ので、
プライドが結構高かったわけです。だから、選外がものすごくショックで・・・・
ま今から思えば、凡人には至極当たり前な事なんですけどね。

その後、ショックを引きずりつつ、就職活動にどっぷり突入し、
とても厳しい時代だったのと、そんな中途半端な気持で挑んだわけなので、
就職先もなかなか見付からずで、結構病んでました。

そして、大学4回生の冬に、バイトから入り、
4月から正社員に採用というシステムの就職先が見付かりました。

が!とにかく、その職場が全く私に合わず・・・。
もう毎日辛くて辛くて、帰り道毎日泣いて帰る、
家帰ってもずっと涙が止まらず、
というわけのわからない状態でしたので、
早くこの職場を辞めたいという一心で、確か、
2回目の投稿作品を完成させました。
私的に自分はもう成人しているから、
「り○ん」の読者さんの気持をひきつける能力がないな、
と実感し、少し年齢層が高めの「別○」さんに投稿しました。

それが、まさかの「期待賞」を頂いたんですね。ほんとにまさかの。
でも、そこでまた私のプライドが邪魔したわけです。
その時(今は存じ上げません)「期待賞」は、10名くらいいらっしゃいました。
戻ってきた作品と一緒にプロットやネームが出来上がっておいででしたら、
担当○○までご連絡ください、と書かれたお手紙を頂いたのですが、
あ。私は本当に数十人の候補の内の一人なんだ。とショックを受け、
標記の通り、ネガティブな私は、「私まんが家、無理なんだ・・・」と落ち込み、
辛かった仕事も、もう無理だ!と観念して、辞めました。

それが、実際大学を卒業した3月の出来事でした。

その後、職探しをしていたわけですが、
6月から運よく採用してくださった職場があったので、
なんと現在もそちらで働かせてもらっています。

その時も、正直、私は普通に結婚して、ただの絵が上手い人、になるんだなぁ、きっと。
とぼんやり考えていました。

大学の頃から親とは離れて暮らしていたので、
ネガティブループにはとことんはまりやすかったんです。

実は、そこから数年過ぎて、今に至ってしまっています。

その間、何度も投稿していました。
結局、「期待賞」を頂いた「別○」さんには連絡していませんでした。
あの時、確か、え、どうしようどうしよう、っていう気持も綯い交ぜになっていて、
恐くて、連絡してなかったんだと思います。
それなら、他の所に投稿して、もっと上の賞でデビューできたら!!なんて思っていました。

今思うと、何甘ったれたことを・・・と思います。
まず、デビューしないことには、と今になったらふと思います。
しかし、それから、色々な所に投稿し、期待賞のような賞も頂いてません。

そんな体たらくなのにも関わらず、結局、夢が捨て切れていないんです。
たぶん、ただの絵やイラストが上手い人では終わりたくないんです。
時間がかかりましたが、今はそう思います。
私、案外あきらめ、すっごく悪いんだな、と。

正直、本当に年齢を食ってしまって、ここ最近投稿すると、
キャラの考え方が大人です。と批評に書かれてしまいます。
ほんと、私、いい加減、無理だって気づけよ、こんだけ拒否されて、
てまたネガティブになったりして、気持しんどい時もありますが、
どうもそう考える事が無理らしいと、
最近はあきらめました。そこをあきらめました。
とことん、やれよ!と今は自分に思います!!

少女マンガばかり描いてたんですけど、最近は色々な漫画を読むようになりました。
情報が少なすぎるから、選択肢がせばまってくるんですね。
世の中には色んな漫画が本当に山ほどあります。
漫画大国にっぽん。さすが。
私は抵抗があまりなかったので、BLの出版社さんにもチャレンジした事がありました。
たった一度。

というわけで、周りの同級生たちが出世して、結婚してと、
自分がとても生産性がなく、情けない人間という負い目はもちろんありますが、
それに呑まれると、もっと自分を情けなく思ってしまうので、
なんとか信念貫きます!!

なんだか超駄文、超長文になってしまいました。これ読んでる人いるんかな。
しかも、なんかオチが自己納得みたいな残念な結果・・・。
わたし、これでもまんが家志望かい、というブログで申し訳ないです。あくまで読んでる人いたら。

これから、少しずつですが、自分のペースでブログ頑張ることにします。
小さなことからコツコツと。きよし師匠もおっしゃってますよね!!

私にはこの年齢でまんが家になるため奮闘するのが合っているんだと思います。

きっと、ただ、それだけの話なんです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぎょう子
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
    ・ゲーム
読者になる
2009年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる