昔ながらのゲームセンター

June 18 [Tue], 2013, 11:44
最近、仕事帰りにぶらぶら家の近所を歩いていたら、

外見がまだ昭和のにおいをかもし出す古びたゲームセンターがあった。

つい興味をそそのかされ、入ってみることに。

すると自分が小学生のころよく遊んでいたゲーム機がたくさん並んでいた。

ぼくは興奮冷め切らずに一人でゲームに夢中になった。

それで少しずつそんなゲームにも疲れてきたとき、

僕は競馬のゲームをみつけた。

なんてなつかしいのだろう。昔おばあちゃんとこれで遊んだことを思い出し、

溜まったメダルをかけて競馬ゲームに夢中になってしまった。

簡単だが、本物の競馬同様、予想がうりものだ。

マシーンで動いているのでおそらく、機械の中の設定で勝ち負けがきまるのだが、

なぜか僕はプラスチックの馬の人形の馬主になったような気分で、

様々な現実で起こりそうなことを頭の中でめぐらせて、

競馬ゲームに打ち込んだ。頭の中で作った架空の世界で作られたその競馬予想は、

すばらしく幻想的で回顧的に幼少時代を投影させてくれるものだった。

気が付くとゲームセンターも閉店の時間。

そのまままた現実の世界に戻り、一人家でビールを飲みながら、

ネットサーフィン。 今度あのゲームセンターにもう一度、友達でも連れて行こうかなと思いながら、インターネットで検索してみると、口コミ情報みたいなものが現れてきた。

すると、機械が古すぎてつまんない。画質が汚いなど、プレイステーション3からプレイステーションを始めたような子供たちの意見ばっかり。

そんな口コミサイトに独り言でぼそっとつぶやきながら、

ぼくはその口コミサイトにメッセージを投稿して、

僕は就寝した。

朝起きると、

なんとなくだがいつもより元気な気がした。

最近は大人になって始めた本物の競馬予想ばかりだったので本当に楽しかった。

競馬予想の口コミサイトだって見ている。

競馬予想ランキングの口コミなら馬ログ

最近はこればっかりだったけど、またあのゲームセンターに行こう。

こーゆうのは大切なことだと思う。

うん。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:根垣
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ヤプミー!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/negakiiiiiiiii/index1_0.rdf