クジャの杉山洋介

April 05 [Tue], 2016, 13:28
ニキビケアに栄養管理が必要です。

脂質、糖質を多く含んでいる物を摂り入れ過ぎることはニキビの一因になります。

特にチョコは脂質も糖質も多いため、あまり摂り入れ過ぎないようにした方が賢明です。カカオ多分に含有し糖質の少ない物はお肌にも悪くないのでので、何としても食べたい時には成分表を目に入れましょう。なぜニキビが出来るのかは、にあるのではないかと言われています。なので、成長期に主にニキビが出来るのです。
ニキビを出来にくくするには人それぞれにあります。その一つが、規則正しい睡眠時間です。


ヨーグルトはニキビにとっては良くないとのように言われたり、逆に良いとされますが、こういった情報の真偽は明らかではございません。



特定の食品だけに頼っているのではなく、日々栄養バランスの取れた食生活を努めるようにすれば、ニキビの予防になると感じます。私自身、赤いプツプツが額に目立つくらい出てきた時に、自分でも可哀想になるくらいの状態だったので、皮膚科に行ってみることにしました。

医師から、薬を処方するので、塗布して下さいと言われ、ステロイド系の塗るタイプの薬を処方されました。

ステロイド系の薬はすぐに効果が現れますが、刺激があるので、患部が治ってきたら塗る回数を少なくしていかなければならないそうです。顔ではないところで、ニキビができやすいのはなんと実は、背中なんです。


背中は自分で見えないため、ニキビには、見つけられない場合が多いです。それでも、背中でもニキビケアを怠らずしなければ痕になってしまいますので、注意がいります。

ニキビの跡としてよくあるトラブルが、クレーターのような肌のくぼみや肌が黒っぽくなることです。クレーターを治すには皮膚治療を専門としている皮膚科で治療しないと取り除くことはできませんが、肌の黒ずみの問題は美白化粧品で時間をかけて薄くするという対策もあるのです。白く膨らんだ痛々しいニキビを見つけると中身を絞り出してしまいます。

白く膨らんだニキビから白い中身が飛び出してくるのが止められないんです。
ただ、五回に一回はニキビの中身がきれいに出せなくて、意地でも芯を出そうとしてしまい、ニキビのあったところが窪んで跡になってしまうのです。

ニキビ跡を見て、肌に悪い事をしてしまったと反省するのですが白いニキビができるとどうにもこうにもつぶしたくなって、また中身を出してしまうのです。
ニキビが出来てしまうととても気分が滅入ります。



ですが、実はお肌の調子ってお腹の中の調子と深く関係があるらしいので、お腹の中の環境を整えたら、結構きれいに消えてなくなります。

まずは、腸内すっきり快便生活から始めるためにバナナなどの食物繊維が豊富なものを食べて、いらないものを体から排出していったら、ニキビもさっぱりなくなります。ニキビというのは、若い子たちが使う言葉で、20歳を過ぎた人はニキビではなく吹き出物といわなければならないなんていう話をよく聞きます。



この前、珍しく鼻の頭に大きな吹き出物ができてしまったので、主人に、「ニキビができたの」と見せると、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、言われました。

私が成人になった時、背中がとても痒くなったので確かめてみると、数えきれない吹き出物ができていたんです。


早急に皮膚科に受信しました。

すると、先生から、「吹き出物はニキビです。原因は偏った食べ物なんですが、脂肪を多く摂りすぎているんじゃないですか?」と注意されてしまいました。
チョコがもっともニキビができやすいそうです。

ニキビは何度も繰り返しできやすい肌トラブルとなります。改善したからといって不摂生や暴飲暴食などを行っていると、すぐ再発をしてしまいます。ニキビができないよう予防するには、お肌をキレイに保つようにし、バランスの悪い食生活をせず、睡眠をたっぷりと取っていくことが重要なことだと思います。

ニキビは男女にかかわらず、困りものです。


ニキビができないようにケアしている人は大勢いると思います。
ニキビに効くお手入れ方法の一つに水洗顔が挙げられます。
ニキビができた途端に、洗顔をまめにやりすぎてしまったり、強力な洗浄力のある洗顔料で洗顔したくなってしまいますが、これは危険なのです。

肌荒れとニキビが結びついていることも可能性があります。
というのも、ニキビはホルモンバランスの悪化が主な原因なので、主に思春期にで発生しやすいです。


ただし、思春期をすぎてもできるケースがあり、大人ニキビとか吹き出物と呼称されています。


で、この大人のニキビの根源が肌荒れですから、肌の手入れや生活習慣には注意が必要です。

私のニキビに対する対応策は、どんなに寝たくてもメイクは必ず落としてベッドに入ることです。メイクを施すことにより、肌には結構なダメージがあると思うので、お肌に休む時間をあげたいのです。化粧落としにも気を使っています。



オイルがベースのタイプや拭き取るタイプなど多種多様なものを試してきましたが、ミルク系のメイク落としがお肌への刺激が少ないと思いました。
未成年の頃、チョコレートやスナック菓子を過食すると次の日にはニキビが見らえました。食べ物がこれほどまでにかかわるんだ、と認識したものです。

それ以降、年齢をかさねるとともに、食生活にも注意するようになり、あまり食べないようにしています。その効能かニキビもすっかりなくなりました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウタ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/neetqo9i5augb6/index1_0.rdf