ショウジョウトンボで三原

September 07 [Wed], 2016, 7:07
肌がデリケートな人は、W洗顔不要の化粧落としなどで洗うと、肌に余計なオイルが残らずに済みますし、爽やかになります。どうしても、二重洗顔をしたい場合には、ぬるいお湯で少し洗い流す程度にしておきましょう。敏感肌は、肌の状況が変化しやすいので、その変わり方に柔軟に対応していくことが重要なことです。
テカテカしがちは肌の場合、水分が足りているような肌に見えますが、実は水分が十分ではない状態、というケースが多いです。肌の乾燥が表面化していないのは、オイリー肌の皮脂は次から次へと分泌が実行されていますので、外からの乾燥だけは防げる傾向にあるためです。でも、この皮脂が原因で肌の状態が悪くなるのですから、顔を洗うことで、適度に除去する必要があります。
ちょくちょく洗顔をして肌の脂分が足りていないと、足りていない皮脂を補おうとよりたくさん分泌しようとするのです。洗顔をやりすぎると肌が乾燥気味にもなり、さらにたくさん皮脂の分泌を促してしまいますから、洗顔は適度を守るようにしてください。顔を洗ったその後は、化粧水を使って十分な水分補給を忘れないように行うことが大事です。
敏感肌である場合には乾燥肌であることもよくあることから敏感肌と乾燥肌は要因が同じである可能性があるといえます。乾燥肌に変わってしまうと、ほんのちょっとの刺激を受けたとしても、過剰な反応を起こし、肌に湿疹ができたり腫れたりといった肌トラブルが起こってしまうようになります。これは、乾燥のために肌表面の角質が薄くなって、外部から、刺激を肌が内側まで通しやすくなっているのがその原因なのです。
敏感肌対策のお手入れを行う際には、なるべく、乾燥を防ぐため、十分に湿らせる事が望まれます。保湿の方法にはいろいろあります。保湿に特化した化粧水やクリーム等が豊富に揃っていますし、コスメ、メイク用品にも保湿効果の高いものが存在します。保水能力が高いセラミドが配合されているスキンケア商品を使ってみるのもいいのではないでしょうか。
敏感肌なのだからといって、スキンケア商品の敏感肌用を使用すれば良いというわけでもありません。肌の状態には個人差がありますので、肌が過敏な状態の時には、必ず使用する以前にパッチテストをしてください。それから、肌の潤いを損なわないためにも正しい方法で洗顔をしていくことが大事なことです。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠希
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる