寝不足からの疲労回復は食べ物よりサプリ!

March 24 [Thu], 2016, 11:32
寝不足が解消できなくてとにかくつらい。。。

以前の私も昼間は強烈な眠気に襲われるけれど夜はぐっすり眠れないという悩みを抱えていました。
今でこそ、朝はすっきり起きて夜まで元気に過ごせるようになったもの、当時はどれだけ寝ても疲れが取れないし、吐き気や頭痛を感じることはしょっちゅうでした

肌荒れだってひどくなってしまい、貧血気味になって立ちくらみすることもありました。実際、信号待ちしているときにめまいがして危うく車にぶつかりそうになった時はヒヤッとしました。
頭の中も常にボーっとするような状態が続き、仕事でミスを連発するようになっていよいよ、まずいな、病院で診てもらうことを決心



忙しい合間を縫って何とか病院に行ってみてもらったところ、案の定、睡眠障害いわゆる不眠症が起きているという診断。
セロトニンの量を調べる検査模してもらったんですが明らかにセロトニンが不足していることもわかりました。日常生活の注意点を受けるとともに睡眠薬も処方してもらいこれで一安心。

睡眠薬を飲めば、夜中に目が覚めることもなく朝までぐっすり眠ることができました。あんまり深く寝るものだから、夢を見ることすら少なくなりました。
睡眠に関しては非常に快適な毎日を過ごせるようになったもの、不安がすべてなくなったわけではありません。私が感じていた不安というのは副作用です


睡眠薬には副作用があることは事前に聞かされていたので、容量をきちんと守るようにしていたものの、だんだんと量を増やさないと効き目が落ちていました。
かといって安易に量を増やしてしまうと頭痛がひどくなったり幻覚症状?も起こすらしいので、どっちに転んでもまた悩まされる事態になってきました。

睡眠薬の効き目がさらに落ちてしまったらどうなってしまうの?想像しただけで恐怖と不安が募り、イライラするようになっていました。
そこで今度は睡眠薬には頼らずに自力で睡眠障害を改善する方法を模索してみることに。おそらくネットで調べられることはやりつくしたように思います。


セロトニン不足が原因なのはわかっていたので、ほんのちょびっとしかないのに2万円もするような漢方薬を試してみたし、日中は日を浴びるようにしました。
他にもセロトニンの材料となるトリプトファンが多く含まれる食べ物を食べるようにしたものの、効果のほうさっぱりでした。

10万円近く投資したお金はすべてパー

ちなみにトリプトファンを多く含む食品ってアーモンドやチーズなんかが該当するんですが、どれも高カロリー食品なんですよね。
食べ続けていたら効果があったのかもしれませんが、体重が明らかに増加傾向にあったため、やむを得ず断念することになりました



そんな私を救ってくれたのは、なんと薬でした。薬といっても栄養分を補給するだけのサプリメントです。睡眠用に開発された専用のサプリがあったんです。
それがネムリスです。薬には抵抗があったのでサプリメントも控えていたんですが、結果的にサプリメントの効果は絶大でした。

服用し始めてすぐに効果が表れ始めたわけじゃないものの、飲み始めてから1週間ほどで熟睡できるようになりました。睡眠薬を飲んでいたときのような頭痛や寝覚めの悪さもありませんでした
何よりもうれしいのは副作用がないところですね。食べ物から摂取しなければいけない栄養分のうち眠りに必要な成分だけを効率よく摂取できるからです。

私を睡眠不足の悪夢から救ってくれたサプリメントがこちら。今なら紹介限定価格でお試しできますよ。



寝不足解消に睡眠薬は有効か?

March 24 [Thu], 2016, 11:32
寝不足があまりにも深刻で日常生活に支障が出ている場合。目の前のことに集中できなくて仕事でもミスが目立つようになったり、立ちくらみがするようになったり。
あまりにも起きているのがつらいし、うつっぽくなっているのであれば、さっさと病院に行って診察してもらったほうが良いです。

単純に睡眠不足が原因なのかもしれないし、もしかしたらうつ病や自律神経失調症なども発症している可能性があります。場合によってはパニック障害を併発することもあり得ます。
ただいずれにしても寝不足を解消すべく、何らかの睡眠薬を処方してもらえるとは思います。寝つきが悪ければハルシオンなど睡眠導入剤と呼ばれるものがもらえます。

睡眠薬の効果は非常に高く、神経に直接作用します。体を半強制的に休ませるように神経の働きに影響を与えるので、ほぼ確実に眠れるようになるといってよいでしょう。
ただ気を付けたいのはやはり副作用です。神経に影響を与えるくらいですから、体に負担があるのは間違いありません。

睡眠薬の種類によっては、他の病気が疑われる場合(うつ病や統合失調症など)には使用を控えるような注意書きがされているものも多いです。

寝不足なのは睡眠時間より睡眠の質が悪い

March 24 [Thu], 2016, 11:31
寝不足で昼間はいつも眠い。逆に週末は寝だめをしようとして昼間で寝ていたりするけれど、月曜日のさっそく朝起きれない有様。
こんな睡眠障害に頭を悩ませている人がたくさんいるのですが、その原因はというと単純に睡眠の質が悪いからです。

睡眠の質とはどれくらい深く眠れているかどうか?です。人間の眠りは浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を交互に繰り返しています。
だいたい90分おきに繰り返すといわれているものの、自律神経が乱れるような要因があった場合、レム睡眠の時間が長くなることがあります。

レム睡眠は頭が起きていて体が寝ているような状態。一般的に夢を見るのはレム睡眠のときですが、寝不足になるのはノンレム睡眠が少なくなるからです。
寝つきが悪い場合にお酒を飲んで寝る人もいますが、それだとノンレム睡眠が得られません。あくまでもリラックスして自然に眠りに入るのが理想的です。

寝つきを良くなればノンレム睡眠の時間を長くしやすいので、日中は日航に浴びたりできる限り体をうごかして身体的疲労を経験するようにしましょう。