熟睡できない・寝不足の人に効果のある対策

January 24 [Sat], 2015, 13:42
熟睡できなくて、寝不足だと感じている方、
昼間は体がだるくて、仕事をするのがつらいと感じていませんか?

熟睡できないのにはいくつか原因があります。



不規則な生活

熟睡するには規則正しい生活をしましょう
「早寝・早起き・朝ごはん」が基本です。

朝ごはんを食べないと血糖値が低いままで目覚めが悪いこともあるようです。

朝ごはんはコーヒーだけ、なんて方も多いかもしれませんが
目覚めにはカフェインは効果がありますので、できれば朝食後にとることをおすすめします。



寝る前の飲み物


カフェインは寝る前にはとらないことも大切です。

また、寝酒は、全くの逆効果ですので絶対に避けておいた方が賢明です。


運動不足

運動も定期的にすると効果があります。

ストレッチや軽いウォーキングなどがおすすめです。
寝る数時間前にしておくとよいでしょう。


入浴

シャワーだけで済ませていませんか?
湯船に浸かる入浴は体の温度を上げて、布団に入ったときに自然と体温が下がることによって自然と睡眠に入れるようになります。


寝る前

寝る時に考え事をしないようにしましょう。
心配事があると脳が休むことができなくなるので熟睡とはなりません。

寝る一時間前には部屋を暗くしてスマホやテレビを見ないことも大切です。
スマホやテレビ、PCから発せられるブルーライトは
人間の身体を覚醒させる効果があります。
眠る直前まで観ているとすぐに眠れない原因となります。




原因がわかれば、それらに気を付けるとして、
熟睡するためにさらにやっておいた方がいいことがあります。




毎日起きたら日光を浴びる

日光を浴びることで狂った体内時計がリセットされて
夜になると眠気が起きるようになっていきます。

就寝の1時間前には見ないように、できれば部屋も間接照明などにして
おだやかに睡眠に入る準備をしましょう。



寝具を心地よいものに変える

眠る際に重要なことはいかに気持ちよくリラックスした状態になれるということです。
気持ちが良い、心地良いと思える環境を整える必要があります。
布団など、気持ち良いものに変えてみるのもひとつの方法です。


サプリメントを試してみる

睡眠薬に頼るのはちょっと抵抗があるけど
サプリメントなら気軽に試してみることができます。

サプリメントなので即効性はないようですが、
2か月くらいで効果があらわれることが多いです。

自然と寝付いていたり、しっかり寝られたりできると評判です。




熟睡できないせいで寝不足を感じている方、
原因をとりのぞき、さらにプラスの対策をすることで体のだるさをふっとばしましょう!



熟睡できない・寝不足の人へおすすめのサプリメント↓