あなたがさて一戸建てを売却しようとする

August 12 [Fri], 2016, 1:09
あなたがさて、一戸建てを売却しようとする時、仲介してもらう不動産屋を選ぶと思っていますが、そこの不動産屋の得意分野は何だと言えますか。
戸建ての売買に多数の実績のある不動産屋やあるいは、うちはマンションの売買なら実績が多いですという不動産屋もいるだと言えますから、用途に合わせて、不動産屋を吟味してください。それから、戸建てを売ろうとする際に、一括査定ホームページが便利です。たくさんの不動産屋へ同時に依頼できて、査定額を比較することで、相場がわかるはずです。土地や家屋を売却する際も、すぐ購入希望者が現れれば別ですが、売却までに時間がかかることもありえます。

ある程度のめどとして、3ヶ月の間に買い手が見つからないなら、値段を改定するか、ほかの不動産業者に仲介してもらうといった対応も必要かも知れません。法律上、仲介契約は最長3ヶ月でしゅうりょうすると決められていますが、売値を変えて再契約しても良いですし、別会社にしても構いません。住んだままにしろ引っ越してからにしろ、家を売るなら売主は清潔さの維持に努めなくてはなりません。

掃除が至らなかったり、時節用品や不用品が放置してあるような状況では見に来た人は良い印象をもちませんし、住宅の価値も下がるのではないだと言えますか。リサイクルや粗大ごみに出すなどして、不用品を処理することから始めましょう。

自力で無理そうなものは、お金はかかるものの、片付けや清掃を専門とする代行業者におねがいするのも良いだと言えます。

不動産業者の中には悪徳業者が存在していることも事実です。

騙されないよう、自衛に徹することが大事です。


たとえば、一斉査定をうけた場合に、高すぎる査定額を提示するような業者があれば注意しましょう。このように、悪徳業者が見分けやすいのも一括査定を使う利点だと言えます。

なお、提示された査定額の根拠について詳しい説明を求めても、回答してくれなかったり、曖昧に誤魔化そうとするところもまず悪徳業者とみてエラーありません。

買い手側が物件を購入後、一般では気付けないような欠陥を見付けた場合、その修繕を売り手側に要求できるという瑕疵担保責任があります。この適用期間は、売り手側が不動産会社の場合、短くとも2年間(2年間以上)という規定があります。
しかし、売り手と買い手が個人の場合の取り引きでは期間についての規定が特別ありません。むしろその期間が全くないことも頻繁に見られます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/nebahtsntioetl/index1_0.rdf