【 更新情報 】

スポンサード リンク

政府の就職支援対策

ニートやフリーターに対して行われているサポートとは何でしょうか。
会社で再チャレンジで求職をしている人を採用した時に行う税の優遇や、表彰制度が内閣官房の再チャレンジ担当室のプロジェクトとして進んでいます。
また、公務員のフリーター枠確保もされているようです。
安倍総理大臣が現職だった頃に主張していたものが再チャレンジというものです。
例えば大卒後の進路や大学での就学にくじけた人であっても、何度でも新たにチャレンジができるというものです。
若者自立塾は、厚生労働省による就職対策のトップに位置するものとされる施設です。
3ヶ月から6ヶ月の間、自立を目指す若者達が一つの施設で一緒に暮らしながら仕事の心構えを身につけたりワークショップを行うものです。
自己負担金が10〜40万円かかり、費用料金を支払わなければ利用はできません。
約70%の修了生が、6ヶ月以内に就職に成功することが厚生労働省の目指すところです。
ですが、実際の半年以内の就業率は半分を切っています。
しかし、仕事を見つけるまでにすべき事柄としてはまだ十分とはいえず、運営するNPOはもっと改良の余地があると主張しているようです。
働き手側の職業への認識や就職意欲が落ちていることが原因だと、文部科学省は見解を出しています。
文部科学省では、キャリア教育に重点を置き、生徒が学校を離れ1〜5日の期間、地元のスーパーや保育所等で就労体験をする職場体験や、総合的な学習の時間を利用した予防学習等の就職支援対策を推進しているようです。

フリーターとニートの就職支援

政府の就職サポートは、フリーターやニートに対しては何かあるのでしょう。
正規雇用の職に就かず、アルバイトやフリーターでいる15歳〜34歳の労働者を調べたところ、減少傾向にあることが総務省の労働力調査で明らかにされています。
近年は景気が回復したことによって各企業の事業は徐々に拡大傾向にあり、それに伴って新規採用人数も毎年増加傾向にあるようです。
ニートやフリーターなどの正規の職業についていない人に対しても、国のサポートが強化されています。
バブル景気崩壊前の、80年代後半の水準迄改善しているようです。
就職率の改善と同時にフリーターの人数も徐々に減り、正社員の総数は増えています。
これは、国の進めるニートやフリーターの対策支援などがうまくいっているという証拠であるともいえるのではないでしょうか。
就職活動が思うようにいかず、フリーターやニートの道を歩む人は減少傾向にあります。
しかし、この先フリーターやニートの総数は減りほとんどいなくなるという将来展望は難しいでしょう。
企業の業績もアップし国の支援策もますます充実しても、一定以上は減らないのかもしれません。
いくら企業や政府が就職支援をしても、若者の考え方が変わってきている事もあります。
正規雇用につかなかった理由で最も主流なものは、仕事の他にしたいことがあったから、というものです。
少し前と異なり、正社員としての働き口が見つからなかったためにフリーターとなったという人はごく一部で、フリーターというスタイルを自分で選択したという人が多数です。
企業側による事情は、1番少ない回答なので就職支援の方法も必然と変わってくるかも知れません。

ニートの就職成功への道

長いニート期間がある人ほど、就職までの道のりは険しくなるようです。
採用試験の面接の場では、ほぼ確実に質問が飛んできます。
仕事に就いていなかった期間があると、たいていその事情を尋ねられます。
ニートが実際に働くことになったとしても、すぐに辞めてしまうのではないかというレッテルを貼られていることも事実です。
会社側としては、結果的に会社に貢献してくれる人が欲しいので、新卒のほうが欲しいはずだなどと思い込まずに、一生懸命働く意欲をアピールすれば、きっと働くチャンスをもらえるはずです。
また、正規雇用か非正規雇用かにこだわらず、とにかく興味を持った仕事には進んで応募することが、ニートが仕事を見つけるためには重要なことといえるでしょう。
考え方によっては、会社の求める条件さえ満たしていれば元ニートでも関係ないのです。
変に気を病まず、胸を張って申込みをしてみてはどうでしょう。
仕事を探すという権利は誰でも平等です。
ニートであることに不利な点はありますが、過度に気に病むことはありません。
面接にはちゃんと準備を整えて赴きましょう。
面接は、事前に模擬体験をして心構えを持つことが大事です。
採用通知を受け取り、この機会を生かして労働に励もうと思えたなら、その人はもうニートではありません。
就職成功への道は、前向きな気持ちが重要なポイントです。

ニートの就職活動のポイント

働きたいというモチベーションをかき立てるきっかけの有無は、求人にどんなものがあるかにかかっています。
実績もないニートの採用は新卒者重視の現在の企業が多い中では難しいかもしれません。
しかし、始めないことにはどうしようもありません。
自分自身の美点や欠点を認識することは面接でも有利です。
採用試験に面接は必ずありますので、見逃せないポイントです。
求人広告が載っているところはあちこちにあります。
新聞や求人雑誌、インターネットの情報サイトなど。
自分の望む会社に出会えるかもしれませんし、就職活動をしているのだという自覚が生まれ、少しずつやる気が出てくるはずです。
就職活動を通して実社会との関わりを持つことができれば刺激になり、ひきこもりのニートでも自然と隔絶感も消えていくのではないでしょうか。
そしてきっと、労働の価値がわかるようになれるでしょう。
自分がどんな仕事をしたいのか、少しでもその方向性が分かっていれば、ニートの就職活動もしやすいでしょう。
しかしどんな仕事があるのか、どんな仕事をしたいのか、またどんな仕事が自分に合っているのか分からない人は、就職支援サイトなどで、職業適性診断を受けてみることをおすすめします。
自分自身の持つ能力を冷静に判断していいところや悪いところをきちんと知ることが、ニートが採用される時は必要です。
就職をうまくやり遂げるということは、適正に合う職業につくことかもしれません。
ニートの就職活動では、面接も重要なので、長所や短所を知っておくことは、自分にとってもプラスになります。

ニートと就職活動

ニートという言葉が頻繁に使われるようになりましたが、10年以上前から使われているフリーターとはどのように違うのでしょう。
ニートは、就職や職業訓練などをしていない人を指し、イギリスで名づけられました。
フリーターと混同されがちなニートですが、両者は異なります。アルバイトやパートタイムの職業など、非正規雇用の職業に留まっている者がフリーターで、彼らは就業はしています。
一方、ニートは何の仕事もしていません。
そして、手に職をつけるための勉強や就職に向けての努力もしていないのです。
ニュアンスとしては、よくないものとして国内でのニートは扱われています。
ニートというと就労意欲のない人や引きこもりを連想するため、印象があまりよくないのでしょう。
近年、働きたがらずに就職活動もしない人達が多いようです。
日本国内では社会問題になるほど増えています。
その理由は様々ですが、労働意欲が奪われているという側面も存在しているようです。
ニートという言葉の発祥地イギリスでは、就職していない人という基本的な意味は一緒です。
しかし離職中、休職中、育児又は家事手伝い、病気や障害、ボランティア活動などもニートとして考えられています。日本のニートのような印象は、イギリスのニートにはありません。
P R
カテゴリアーカイブ