夏希のワンちゃん

February 12 [Mon], 2018, 6:24
知っているとは思いますが、株へ投資する方法には、現物取引と信用取引があります。やっぱり初心者には大きく資金を失う可能性がある信用取引は推奨できません。



今手持ちの資金内で投資できる現物取引をぜひおすすめします。



入金した以上に損するリスクがありません。

他に、優待狙いで長期的に株を保有するのも良いと思います。これから株を始めてみようと思って今のところはバーチャルの取引で挑戦しています。今のところ順調で、大きく勝ち越してきているのですが、いざ実際の株の取引をすると簡単にいかないかもしれません。



それでも、この株のバーチャルで得た感覚を忘れずに、今年中には株の取引をしようと考えています。株の初心者の弱点は、ずばり損切りというものです。
ついつい上がると信じたくて、手放さないパターンが多いです。または、損をしたくないと思い、さらに損失を大きくするケースがあります。絶対とか100%ということなどないので、損失を最小限で済ませるという事も株投資においては、とても大事な事です。



株売買には現物株といった方法以外にもいろんな投資方法があります。

そのうちの一つがオプションです。

これにはコールという買う権利とプットという売る権利とがあって、このそれぞれを売買でき、この四つのパターンを組み合わせることによって、自由自在に投資の戦法が組めるデリバディブ投資なのです。ものすごく魅力のある投資法ですが、豊かな知識が必要となります。

株取引に慣れていないのなら確定申告対策として、源泉徴収ありの特定口座を取引口座として開設することをお勧めします。面倒くさい確定申告の申告作業やわからないことを調べる時間をなるべく減らして、その分を、株取引のための情報を調べることに時間をかけることができるからです。



株の収益というのは、株価の変動による利益と、配当で会社から支払われる金銭という利益の二種類あります。



株価の変動を読むというのは難しいと思っているような初心者の人は、安定した株価の一定の配当を毎回支払う会社の株を買うことで、配当で定期的な収入を獲得するのも良い投資の一つと考えられます。

株式投資をやる際には一定数量必要な株式ではなく、ミニ株式を買う方法もあるのです。
単元株では、購入する金額が高すぎて購入できない株式を入手したい時には、ミニ株でぽつぽつと買い取ることによって、一度に大きなお金を用意することなく手に入れたい銘柄を購入できます。株式投資の分野ではテクニカル指標を使って株の投資を行っている方々が大勢います。

このため、株式投資の初心者もテクニカル指標については一通り専門書などで学んでから株式の売買などを始めた方が、勝つ割合が高くなると思われます株式投資は非常に魅力的な投資の手段の一つです。



ただし、株の売り買いにはいろいろなリスクも伴います。株の大きな危うさとしては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。

株式投資には定期預金などとは異なって、元本の保証がありません。株の初心者は、その危うさを十分に認識して注意深く投資を行う必要があります。


円安とは、自国通貨単位の円の価値が他国の通貨に対して相対的に下落していることを言うのです。

一般的には円安の状態になると株の価格が上がりやすくなる傾向にあります。輸入産業では、輸入にかかるコストが高くつくようになり収益が減ってしまう結果になってしまいますが、逆にいえば、輸出企業の業績は好転します。

自動車や機械など、日本製品の販売が好調に転じやすくなり、その結果、業績が向上して、株価の上昇につながるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タクミ
読者になる
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる