三田村の倉島

January 05 [Thu], 2017, 15:10
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険がきかない理由ははっきりしています。
この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。
治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。
定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。
数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。
でも、気にしなくて良いです。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウダイ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる