義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了

June 24 [Fri], 2016, 0:35
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。
そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。
ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。
様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくことも考えるべきです。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。
まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたので私の場合は、インプラントが最適でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuudai
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ndoaifptnrauha/index1_0.rdf