ゆみっちで東海林

November 10 [Fri], 2017, 21:37
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。これらのどこかに当てはまる方は治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
日々のケアが欠かせません。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。



人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。


これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。まずは歯科医に全て話しておきましょう。



歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。
別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。
インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすのが無難です。日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。インプラントはメリットの大きい治療法です。



けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。



それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。

本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。



様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。



でも、気にしなくて良いです。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。



インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。


せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。


また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。


治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rika
読者になる
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる