今妊娠の可能性がある方や妊娠初期の方にご一読して

February 08 [Mon], 2016, 21:31
今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、食事で摂取できる葉酸の値を意識してみて下さい。



通常の食事での摂取とは別に、十分な葉酸の摂取が厚生労働省によって勧告されています。

葉酸はイロイロな食材にふくまれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。

その場合には赤ちゃんに悪影響が無いように、天然素材の葉酸サプリメントにすることが心掛けたいですね。


葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。

葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを食べるようになったという妊婦さんも少なくないですよね。しかし、実は葉酸は熱に弱いため加熱調理してしまうと、葉酸が溶け出てしまっていることもあります。結果的に、摂取量が不足している、という場合もあります。妊娠に大事な葉酸は厚生労働省が妊娠を要望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。

体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿などに混じって排出されています。ですから、体内に蓄積するということはありません。


それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、沿うでもありません。葉酸を過剰に摂取すると、副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性がある沿うです。サプリ等で葉酸を摂取するときには、規定量を必ず確認しましょう。
妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において最も大事な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?母子伴に健康な体でいるためにも、たとえばサプリメントなどを活用しながら日々の生活に葉酸を取り入れることを御勧めします。ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。
厚生労働省の発表によりますと一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。野菜だけで補おうとするとあまり現実的ではありません。


ですから葉酸サプリを利用することを御勧めします。胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も少なくありません。


妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのが良いでしょう。

妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、母体の健康維持を考える上でも欠かせない栄養素なんですよね。こうした点から、妊娠を要望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳しゅうりょうまで普段の食事とサプリによる葉酸摂取をつづけるのが良いでしょう。

実は、妊娠を計画している女性にむけて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取をもとめています。



妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸の補給が不十分になると、細胞分裂が正常におこなわれず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが高くなるという話があります。受胎時から始まる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活中から妊娠3か月の期間、普段の食事にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけて下さい。

サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。



妊娠を要望する人は、妊活中に葉酸を摂取するように、と雑誌に掲載されていました。その記事によると、葉酸は、胎児がげんきに成長するための必要不可欠な栄養素だと書いてありました。野菜にもふくまれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、葉酸サプリにサポートしてもらうのも良い沿うですから、ちょっとたすかりました。


葉酸サプリは色々な会社が出しているのですが、赤ちゃんと身体のことを考えて、安全性が高く、安心して飲めるものを探して充実した妊活ライフにしたいと思っています。葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特長を持っています。



ですので、葉酸摂取を目的とした調理において、注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読下さい。



それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、その通りで食べられる食材を選ぶのもポイントです。


とはいえ、加熱調理が避けられない場合には出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、熱は通す程度にした方が良いと思います。


こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリを活用すれば一番簡単だと言えますね。

妊活中には、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーがいいみたいです。あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にすごく、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。

中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという事ですので、無事に妊娠した後も、ぜひ飲みつづけてみましょう。

私がしる限り、妊活の際に一番、特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。
妊活をしている方ならば、いつ赤ちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から妊娠はすでに始まっているのですから、出来るだけ早く胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみて下さい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuto
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ndeyer1a5d9tyc/index1_0.rdf