☆学習発表会☆ 

February 18 [Mon], 2008, 6:19
中学校の学習発表会






昨日・今日と娘の中学校での学習発表会がありました。





要するに、文化祭ですよね。




今は、お祭りとして扱われないので、何でも勉強がらみなんですね・・・(;_A フキフキ




調べ学習をして、展示発表をするとか、




夏休みの宿題の、優秀作品を展示するとか・・・





でも、3年生はどのクラスも舞台発表で、劇をするので保護者もみんな見に行きます(^^)




娘は表に出るのは嫌いなので、舞台の大道具係になっていましたが、




ビデオに撮って欲しいと言うので、見に行きました。




そしてもう一つのイベントは、美術部の展示です。




この発表会での展示を最後に引退なので、カメラ持って美術室へ・・・




運動部は夏の試合で引退ですが、美術部と吹奏楽部は今日までなんです。





どんな顔して帰って来るかと思っていたのですが、




ちょっと寂しそうで、でも、充実した笑顔でした(^^)




後輩からもらった色紙を大事そうに抱えて、




私にも見せてくれました♪




それぞれが一言ずつ話す時に、泣き出す子がいて大変だったと言ってましたが、




まだまだ自分は会いに行くつもりだから、泣く事は無かったと笑っていました。





これからは受験一筋!




何とか公立高校に入って欲しいです(^_^

感動を撮るということ 

February 13 [Wed], 2008, 7:03
カワセミが、獲物を捕らえるために水中へダイブするように、コサギも首まで水中へすっぽり、それはダイブと殆ど同じ感覚だ。



そして、撮っている私も、水中へすっぽり。



昨日アユをくれた釣り人が、「この寒いのによく全身で水中に入れるねぇ」「好きなんだねぇ」と感心していたが、好き嫌いではなくコサギと同じで、「必要だからこうなった」のである。
でも、「いやぁ、写真bakaなんで」・・・としか言えないが(笑)。
水中へ首をすっぽり入れないと食べられないコサギ同様、私がイメージするアングルは水面すれすれのことが多く、水中に腹這いになるのは必然だった。



ただ、
最初からそうだったのではない。、最初は、服に砂が付くのも水が付くのもイヤでイヤで、防水シートを敷いていた。なりふり構わなくなったのは今年になってから。
人間として長く生きてきたから、守るべきもの=習慣やしがらみが多かったのだ。
こうした知らず知らずの内に身についたものは、撮影を自由にさせてくれない。
人として生きているうち、「心の垣根」ができているのだ。
汚れるから撮るのを止めよう、あそこは汚い・・・いろいろと精神的な歯止めがかかる。
アングルを自由に考えようと雑誌には簡単に書いてあるが、実は人は思ったほど自由ではないのだ。



2ヶ月ほど前、
よく公園へ写真を撮りに来るグループに私の写真をお見せした。
私のダイサギのアングルが低いのに気づいたカメラマンが、「これは水の中?ヒェー!」と言って驚いていた。
そこへ、
講師だという初老のカメラマンがやってきて、皆丁寧なアイサツをした。初老は私の写真を見るなり、まるで自分が撮ったかの様に解説をする。
測光がどうの露出がどうのと、写し方を伝授している。






それは光を背に浴びながら狩りをするダイサギで、鎌首を持ち上げながら私に向かって進んでくる様を撮ったもの。
非常に難しい撮影。



私はあきれた。
撮った私を尻目に技術を語る傲慢さ・・。
最後に私に一言「ブログの誰々さん、知ってる?」「あなたと似たような写真なんで、それを見たのかなと・・」
「それは失礼な話ですね」・・・途中からイヤになった私は、「技術論や、似ているか似ていないかを言う前に、作品としてきちんと評価すべきでしょう」と言った。。



人の作品を見て、マネして写せる写真だろうか。。。
少なくとも私は、例の「心の垣根」を打ち破ってようやく撮った写真なのだ。
被写体であるダイサギへの敬意と尊厳、それがこの写真のテーマなのだから、まずは作品に敬意をはらい、きちんと評価し、尊重すべきだろう。皆の前でどうすればこれが撮れるかなどと技術論を語る前に。。。




「表面的な撮り方や、似てる似てないを論じる前に、作品としてまず見るべきでしょう、出なければ単に失礼なだけだ」・・・・



初老はバツ悪そうに帰った。
そのあとで、集まっていた皆さんとお話しした。
一人は「私は初心者なんで、まずマネしろと言われた」「参考にさせて貰います」という。
写真はマネからはじめろと講師に教わったのだろうか。



私は、思う・・・「写し方をいくらマネても、習っても、何をほんとうに写したいのかが自分になければ」・・・と。



写真は感動を伝えるもの、と人は言う。
言うことは簡単。
しかし、伝える手段=技術ばかり論議していると、感動は置き去りだ。
私は、手段は二の次だと思っている。
感動ありき、まずはそこで、感動を逃さないことが第一だと。



しかもこの「感動」がやっかいだ。同じ場所にいても、見える人もいれば見えない人もいる。
感動を自分の側に呼び込む人もいれば、感動に気づかないまま通り過ぎる人も多い。
光はやっかいで、ほんの1m、いや数十センチ立ち位置が違うだけで、感動が見えたり見えなかったりする。
これは、例の「心の垣根」ともつながっている。
「垣根」を取り払えば、自分が見ている光景の中から感動を予測し、自分のものにすることも可能なのだ。



そして、感動を前にしたとき・・・・
測光がどうの露出がどうのはあとから付いてくるもの。
感動を撮ったのにそれを伝えられない写真を撮ってしまったとしたら、あの感動を撮れなかったのは何がどう悪かったのだろうと自問自答する。そうしてやっと技術論が出てくる。
そこで学ぶ技術論は身になる。



それに、人の撮った感動を見て、技術論だけマネても、同じ感動は撮れないのだ。
そもそもその感動に立ち会ってないのだから。



そこではまず、
写真から伝わってくる感動に静かに身を置くべきだ。
よく
「どう撮ったんですか?露出は・」とか聞いてくる人がいるが、感動の前に技術論を満足させる類は頭でっかちなだけ。私は、信用ならないと思っている。
あの講師は信用ならない(笑)。



「こういう撮り方もあるんだぁ」と初心者を名乗るカメラマンは言っていたが、逆にそういう新鮮さの方が大事だろう。
以前私の撮影スタイルを見ていたという人が「あれは、私には無理だなぁ」という。泥のハス沼に首まで浸かっていた私を見ていたらしい。
だとすれば、あの講師はやはり間違っている。
写真技術の解説をする前に、撮影を邪魔する「心の垣根」を語るべきだろう。
いや、被写体はもちろん、撮影者と作品への敬意を失っている我が心を反省すべきか。



でもその前に、
「感動を撮る」「感動を伝える」という根本をもう一度考え直した方がいいかも。
でも、感動と技術論のこのロジックは、やっぱり心の垣根に邪魔されて、わかりにくい・・



    ・・・・・




「しかし、人の撮った感動を見て、技術論だけマネても、同じ感動は撮れないのだ。」・・・について。



誤解がないように書くが、人の撮った感動を見、それに浸り、自分なりのイメージを膨らませ、そのシーンをしっかり思い描いて(もちろん背景や光の状態なども)、自分ならどう撮るかを考えるのはすごくよいイメージトレーニングになる。しかし、写真は、そのときの本物の情景そのものではなく、誇張して写ることを忘れずに。つまり、写真はそのままを伝えて居るわけではなく、作者の意図(あるいは、カメラメーカーの画像処理の意図)も加味されているということ。実際にはもっと明るいとかもっと暗いとか、情景は写真とは違う・・・。




・・・今日はなんだか重い文章になった・・・・でも、どうしてもこのことを伝えたくて・・・





2007年10月15日 夕暮れ、多摩川河川敷(川崎側)にて
撮影:Canon EOS 40D +シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM +2×テレコン



  35mm換算 980mmで撮影



   露出モード:マニュアル 1/800s f5.6 ISO 320 手持ち撮影

10月18日のランチ 

January 31 [Thu], 2008, 22:44
'''今週のパスタランチ(前菜・パン付) ¥1000'''
下記の3種類よりお選び下さい。
'''デザート・ドリンク付きは ¥1500  '''
パスタの大盛りはプラス¥100



A.鴨の燻製と焼きキノコのオリーヴオイルスパゲティ

サツマイモと豆乳の冷たいスープ



B.海老ドリア

ソーセージとキャベツのトマトクリームソースショートパスタ



C.今週の手打ちフェットチーネ
魚介の軽いトマト煮込みソース
(2種類盛り合わせではありません! 大盛りは不可! )



'''今日のランチ(前菜・パン付) ¥1200'''
内容が替わる事が多々ございます。その際はご了承下さい。
 
若鶏のトマト煮込み 小柱とキノコのグラタン付

えこひいき 

January 17 [Thu], 2008, 8:12
■あるブログで友人の話として、海陽学園は勉強ができる従順な生徒を作ろうとしていると不満を述べていました。フロアマスターやハウスマスターがえこひいきしているとも。いかにも小学生から卒業できない考え方ですね。家庭を中心に暮らしていれば、通る主張も、全寮制の学園では通らないということでしょう。

 また、どのような組織(家庭も含む)においても、必ずルールがあり、それに乗っていけない人は、外されてしまうのです。そのルールを決めるのは、家庭においては親であり、学園においては校長なり、ハウスマスターであり、フロアマスターでしょう。お坊ちゃま君にはルールを決める権限はないということです。入学に際して、誓約書を書いたでしょう、覚えていますか。

 戦略的には、海陽学園での生活は、生徒の長い一生においては、第1段目のステップに過ぎません、基礎的能力や学力を充実させるためにも、フロアマスターやハウスマスターにおもねる必要はありませんが、彼らを利用する戦術が必要となります。

■私の経験からすると、世の中で通用する人材は、特別な例外(天才など)を除いて、「如才ない」という形容詞がつく人物と思います。どう言う意味かというと、羊飼いに向かってワンワン吠え立てる牧羊犬は杖で叩かれ、従順な犬はえさをもえらえ、羊の毛皮をきて羊の群れに紛れ込む狼は、ご馳走にありつけると言うことでしょうか。

 

はじまったぁ〜♪ちりとてちん 

January 09 [Wed], 2008, 4:56
ついに・・・ついに、この日がやってきたぁ〜〜〜〜!!

「ちりとてちん」がはじまったぁ〜〜〜!!

朝から、ソワソワなあたし。。。←なんでだっ??

7:30に合わせて、25分くらいから朝ごはんを食べ始める!!

そーすると、あれやこれや言われないんだぁ〜(笑)ゆっくり見れる♪

いひひ!!これを朝っぱらから計算してる私←おバカです(笑)



んで〜〜〜!!はじまった第一話の感想は〜〜〜〜

おもしろい!!和久井さんのお母さん姿って〜って思ったのに

おもろ母ちゃん役が、はまってるったらありゃしない☆

主人公もなかなかのキャラだし〜それをとりまく周りの人物が

いい味だしてるんだもん。こりゃ半年楽しめそうです(^^)


そして、一番気になる正平ちゃん♪

かわいい〜〜子役の子で・・・あたしったら

この子が、あっちゃんになっていくんだと思ったら、ガン見して

ニヤついてた〜〜〜☆(はい!!危ない人になってたとおもいます)

や〜〜〜〜ん。。




NHKの連ドラは好きも嫌いもなく、ずーっとみてるけど

久々に、おもしろいかも〜〜〜「いもたこなんきん」も、おもしろかったけど

どーしても、キャスト陣が年輩の方たちのウケがよかった人達だったみたい・・・

でも今度は、若い世代にも馴染めるんじゃないかな〜〜^??って思いました。


わぉ〜〜〜♪早くしょうへいあっちゃんにあいたいなぁ〜〜〜

たのしみだぞぉ〜〜〜(^^)

第2話 花園の秘密 

December 24 [Mon], 2007, 20:57
私は、どんな天使の子供に会えるのだろうか、

少し期待している半分、これだけの花園を簡単に造ってしまうような怪力を持った
恐そうな大きな子供が、現れたらどうしようかと不安な気持ちでもあった。

どれくらい経ったのだろうか、私は、いつのまにか眠ってしまったようだ。
気が付くと天使の姿は、消えていた。

今までに見たこともない花たちに囲まれて何だかとても幸せな気持ちになっていた。

その時だった、2羽の白い小鳥が現れた。
どうやら私が眠っていると思ったようだ。
私が寝転んでいる近くまで来て、何やら話をしている。
不思議なことに、その話が聞こえて来る。

『この向こうにあるもう1つの花園にチロ様がいたわよ。いつみてもとても素敵な方ね』
誰だろう?そのチロ様と言う人は、よほど素敵な方のようだ。

私は、起き上がって花園の奥に進むことにした。
花園は、しばらく進むと私の背丈以上に咲いていてまるで花で造られた迷路を思わせた。
ここは一体、何のために作ったのだろうか、歩いても歩いても続いている花園になんだか気が遠くなりそうだった。ようやく背丈ほどあった花たちが低くなり、今までに見たこともない花で出来た大きな噴水が目の前に現れた。
なんだこれは?私は思わず目を疑った。そこには、花の誕生から成長までが流れるように出来ており、とても不思議な気持ちになった。そしてまた、私の頬を一筋の涙が流れた。
どうしたんだろう、涙が止まらない。
この不思議な噴水を過ぎるといつの間にか、私の涙は止まっていた。

そこに先ほどの天使が現れた。
「見つかりましたか?」と聞くと、天使は横に首を振って
「まだ、戻ってこないみたい。・・・・」
「心配しなくても大丈夫ですよ。こんな素敵な花園を造った子供であれば・・・。ところで、先ほどの噴水は見事なものでしたが、なぜか悲しい思いにさせられたように涙が止まらなくなったのですが、一体、あの噴水は?」
「そのことですか、あれは、私の大切な子があることでとても悲しい経験をしてしまい、その後、しばらくこの花園に入ったまま出てこなくなった時に、できた噴水です。」
「何があったのですか?」
「あの子は旅をした時のいろんな経験から、学んだ思いがこの花園に詰まっています。私にもどのような経験かは、全ては分かりません。・・・」
私は、あまり聞いてはいけないことだと思い、それ以上は、話さなかった。

少し進むと突然、広い草原に出た。

「ロビイスト」10話視聴率 

December 15 [Sat], 2007, 23:30
‘太社期’ 31.9% 自体最高更新 30%台復帰 ‘ロビイスト’ 苦戦
ベ・ヨンジュン主演 MBC ‘太王使臣期’が視聴率 30%台に再進入して人気ドラマの位相を高めた.



一方競争関係である宋一国ジャン・ジンヨン主演 SBS スモックグック ‘ロビイスト’は相変らず '太王使臣期'の半分以下視聴率で苦戦している.



視聴率調査会社 TNSメディアコリアによれば 1日放送された '太王使臣期' 15回は全国基準 31.9%で前日 14回 27.9%に比べて 4%ポイント上昇して東時間帯 1位を記録した.これは 13回 29.1%,12回 29.6%,11回 28.3%,10回 27.5%,9回 28.2%,8回 25.9%,7回 30.9%,6回 23.4%,5回 31.5%,4回 31.7%,3回 26.9%,2回 26.9%,9月11日 1回 20.4% など平均視聴率を飛び越える数値だ.



東時間帯放送された 'ロビイスト’ 10回は 14.7%で前日 9回 14.9%に似ている数値を見せた.'ロビイスト' 自体最高視聴率は去る 8回で記録した 21.3%だ.7回 14.4%,6回 15.6%,5回 14%,4回 14.1%,3回 15.7%,2回 12%,1回は 12.6% など視聴率に大きい変化なく ‘太王使臣期’との競争でちょっと押される様相だ.



一方この日終映された KBS 2TV '死六臣'は 2.2%で前日 2.1%に似ている数値を記録した.



‘ロビイスト’は 120億ウォンが投入されたブロックバスターで派手な生裏面に非情な勝負師の姿を持ったまま生きて行くロビイストたちを素材で国際政治,武器闇取引,権力暗闘に関するロビーが成功,挫折される過程を描いている.



‘ロビイスト’は宋一国ジャン・ジンヨンなどを立てて意慾的に出発したが相変らずベ・ヨンジュン主演 ‘太王使臣期’に立ち後れている状況だ.

愛と恋 

December 11 [Tue], 2007, 23:28
今日は「木村政雄」さんの講演会に行ってきました
あの有名な「横山きよし師匠」のマネージャーさんです・・
「西川やすし師匠」のマネージャーさんでもありますが・・
ぎゃはは _(_ _)ノ彡☆ばんばん!
いろいろためになるお話でした・・・・
なんせテンポが速い・・そしておもろいし、いいこと聞いた

物事にはすべて賞味期限といううものがあります
食べ物、仕事、会社、組織、人間・・すべてにおいて・・・

妻の賞味期限は4年らしいです
4年以上経つと、あるときところどころに妻という字が毒に見えるらしいです

ジミー・大西ちゃんは、「ほんまもんのあふぉ」らしいです
でも、絵という才能がありました・・
ボケと突っ込みも漫才は大事です
要するに、人生楽しくいかないかんといううことです・・
ってみんなわからんやろねー
わしもわからんもん・・

で本題
愛と恋はどうちがうか・・?


愛という字は真ん中に心があります
恋という字は下にあるよねー

これを下心というらしいです・・・

最近下心を逆手にとっていろんなメールとか勧誘のお話が来ると思いますが
みなさん気をつけてねー

で、なにが言いたかったか・・
わしはいま、ある人に「愛」をもって会いたいと思ってます

どのくらいの愛か?といううと
「こんのくらい大きい愛」です・・・

一番あほなのはわしかもしれません
     ぴよこちゃん、マタネッ〜!(*^-゜)/〜Bye〜♪

お米、当選結果です 

December 05 [Wed], 2007, 18:26
10日締め切りを過ぎて早々に。。。

抽選王というパソコンのソフトで、抽選してみました〜^^

あれだけ、かわいい〜とか言わせておきながら。。。
(普段言われてる人は、絶対言わせない事に気づきました?!)

自分に責任が来ない方法で、抽選してみちゃいました。

数字抽選で、1〜18までの数字を入れてスタート!

結果 1 16番の当選となりました〜

早々、ブログで確認してみると、

なんと、hana2006jp様

    ピク 様

当選、おめでとうございます〜

では、早々発送しますんで、ゲスブに内緒で住所をお送りくださいませ。

今回、いやずっと前から気づいてたのですが、

何故かしら。。。

何故かしら、男性には縁が無いってのが良く解りました(^^)/

又、来年やりますんで、外れてしまった皆様も、来年に乞うご期待!!


すみません〜。

hana2006jp様が、とても遠慮深く、遠慮してくださってんで、再抽選しました。。。

結果、4番!

 確認したところ、志維様、おめでとうございます〜。

明日まとめて発送しますんで、ゲストブック書き込みお願いします^^

昨日更新するつもりだったけど 

December 02 [Sun], 2007, 2:29
昨日更新するつもりだったけど、何かパソコンおかしかったから出来なかった…
 最近ちょこっと我慢してるから、PCつけるのがちょっとだけ少なくなった。

そういえば、関東は台風来てるんだったよね。
こっちは普通に晴れてる(笑)

今はちょこっと日が落ちたけど。


話は変わるけど、絶対九州って扱い悪いよね。
 九州だからってなめてる人いる。

まぁ田舎だったら扱い悪いのは、どこでも一緒だよね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ndeeti1956
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像真那斗
» ☆学習発表会☆ (2008年10月18日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» ☆学習発表会☆ (2008年10月13日)
アイコン画像猫男爵
» ☆学習発表会☆ (2008年10月09日)
アイコン画像RAOSU
» ☆学習発表会☆ (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» ☆学習発表会☆ (2008年09月24日)
アイコン画像ikumi
» ☆学習発表会☆ (2008年09月22日)
アイコン画像えびふりゃー
» ☆学習発表会☆ (2008年09月15日)
アイコン画像MASA
» ☆学習発表会☆ (2008年09月14日)
アイコン画像まーくん
» ☆学習発表会☆ (2008年04月17日)
アイコン画像閣下
» ☆学習発表会☆ (2008年02月20日)
Yapme!一覧
読者になる