原発事故から初めてMOX燃料が到着

June 27 [Thu], 2013, 13:01
東日本大震災に伴う原発事故以来初めてMOX燃料が搬入されましたが、今回到着した燃料は3号機に使用されるそうです。フランスの工場で、関電の使用済み核燃料から抽出したプルトニウムなどを原料に製造されたものなのだとか。20体の燃料集合体が製造されましたが、何体運び込んだかは搬入作業が終わってから発表されるとのこと。

話題となっているのはMOX燃料を載せた輸送船がフランスから関西電力高浜原発に到着したこと。MOX燃料とは原子力発電所の使用済み核燃料を再処理して作られたプルトニウム・ウラン混合酸化物燃料のことです。東京電力福島第一原発事故が起きてから国内にMOX燃料が輸送されたのは初めて。

27日午前7時ごろに原発敷地内にある専用港に件の輸送船は接岸したそうです。MOX燃料は長さ約6・2メートル、重さ約100トンの金属製の容器に入っていて、クレーンで陸揚げされた後にトレーラーで燃料を貯蔵する建屋に搬入されるそうです。

関電は原子力規制委員会から再稼働が認められ次第、MOX燃料を使用したプルサーマル発電を再開する見通し。

http://vivian-eye.biz/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:尾堂
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ndadjclvc9/index1_0.rdf