中丸だけどFlores

March 13 [Sun], 2016, 21:01
一口に看護師と言っても、配属先の科によって、看護技術や処置もまた違います。ローテーション研修は、看護師にとってひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。また、多くの意見を参考にしながら多くの事を学べる機会です。将来を考えるキッカケになりますから、新人看護師の前向きな気持ちも湧いてきます。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、総合病院から地域の診療所まで、規模が随分違います。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。会社によって給料が変わるもので、看護師も同様でしょう。町医者と総合病院とでは、どうしても収入に差が出てしまいます。こういった事を考えても、看護師だからといって平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。看護師は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、強いストレスを感じることはよくあります。ところで看護師であるからには、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分の心身の健康についても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、看護師が把握しておくべきことについての諸々をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて報告説明する決まりです患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に行うようにしましょう。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量もとても大事なことです。収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろとその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。とは言え、メインで働いている職場の規定でWワークを禁じていることがあったり、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。学校を卒業したばかりの新人ですとか、他の病院から転職してきた看護師の場合、病院によりますが、残業代がきちんともらえないケースがあります。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せずはっきりと労基法に違反しているのです。行なった残業は、労働には違いありません。なので、働いたらその分はちゃんと、働いた人に支給されるべきでしょう。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておくことが大切です。中でも、女性の看護師は色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのがおススメです。ノーメイクという訳でもありませんから、周囲の人が感じる印象も変わりますよ。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、経験を積む上でもシフト勤務は避けて通れないと思います。妻の話ですが、まだ子供が小さかった時に看護師としてシフトに入っていたために、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって苦労した覚えがあります。病棟勤務の看護師は病院によりますが、2交代制か3交代制で夜勤をこなしていくことになります。夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、夜中の少人数体制の中で腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおおむね日勤よりも多くなるのが普通です。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例として「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仲間うちだけに伝わるようにしたもので日常的に使用されています。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、現在までその習慣が微かに残っていてよく使われ、親しまれている用語です。職場において、仕事のできる看護師を目指すには、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で転職を考え始める人もいるようです。規模の大きい病院に移って技術を吸収したいと希望する、ポジティブな考え方の転職ですね。近年、日本においてはインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人看護師候補生という方々を受け入れています。けれども、看護師国家試験の勉強をしてもし、3年以内に受からなかった場合、帰国する必要があります。就労中に日本語を学び、また、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。ちょっと前までは疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、ここ数年の間に徐々に男性看護師も増加しています。日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、より高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。病院勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、得意なことを最も活かすことができる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、まず間違いなく、病棟で働くことになります。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されており借り入れをしようとしている場合にも往々にして、簡単に審査に通りがちです。ただ、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の看護師だと注意する必要も出てくるでしょう。ローンを組むことが容易なのは派遣などではなく、正社員として勤めている看護師の場合には当てはまることなのですが、非常勤で勤務している人の場合、看護師であってもローンが難しいことがあります。あなたは「看護師」と聞くとどのような印象を受けますか?別名「白衣の天使」ということからも大体の場合には、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。ですが、看護師の勤務の実情に着目してみれば、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている看護師というのも少なからず存在しているのです。肯定的側面を見るだけではなく、本質的に看護師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。看護師という職業は勤務する時間が不規則な上にキツい仕事だということも原因となり、他職種に転職する人も少なくないという話ですが、実をいうと、看護師の資格を持っていると看護師以外の職業でも役立てられることがよくあるといいます。例として、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。看護師になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって私は介護施設へ訪問しました。その時、そこに勤務している看護師さんを見て、感銘を受けたのがきっかけとなりました。大人になったら、こういった職業で働いていきたいと考えたことが端緒となり高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。確かにつらいこともあります。しかし、それなりに充実していると思います。病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。また、病棟勤務と違い、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、例えば人気のある診療科だったりしますと大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。どんなスキルが必要になるか、ということもどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。看護師として働いて、もう数年になります。それで、気がついたことと言えば、看護師は喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。初めて看護師として働こうと思っても、就職先が見つからず、上手くいかない場合は、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。求人サイトなどには年齢についての制限を載せていない場合も、実際には病院側が何歳以下だけを採用すると決めている場合があります。特に未経験で30歳以上の方が条件の良い働き口を見付けるには、厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、そのほとんどはやはり、病院で勤務しています。看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、多くの場所で、看護師資格を持つ人材は求められています。例を挙げると、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。こうした職場で看護師として腕を振るう人も大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。つまり看護師であれば、病院ではなくても働ける場所は色々あり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに働きやすい職場へと、転職することもできるのです。子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、事情があって就職を選んで会社勤めをしていました。ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。転職して、無資格で医療関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、実際に看護助手の立場で働きながら資格も取れるそうなのです。看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、とにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、細心の注意を払ってほしいところです。薬品についても病院で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、気をつけないといけません。また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。少々昔の話ですが、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できるということを知る人は多くなってきています。何しろ看護師の給料といえば、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。こうしてみるとよくわかりますね。看護師はかなりの高給を期待できる仕事なのです。多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると地位が高くなっていきます。婦長といえばその役職も想像がつきやすいですが、これ以外にも、階級ごとに主任や総看護師長といった役職があります。いまは、学生やパートの看護師が多くなっていますので、正看護師であれば役職的には上の立場に立っているという訳です。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。一般的に、看護師として勤務する人は女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、その結果、離職率が高い割合を示しています。さらに、勤務時間がばらばらであることや、過酷な労働環境だということも相まって、結果的に離婚してしまう方も多いようです。お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。看護師の収入については、労働者全般と比べると、少なくとも平均年収においてはなんなく看護師が上回りました。医療に関わる職場においていつでも人手を求めている、という事情により、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という点も、人気職である所以かもしれません。ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる看護師の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは回復した患者さんが退院していき、その上、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。それに、やはり患者さんの家族の方から何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、大変に感動したりします。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、仕事からやりがいを得られない場合は、辞めてしまおうと考えてしまうはずです。どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、他と比べると、女性の仕事としては、随分と高給です。病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当も確実に支給されるからです。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり急な残業を断らず行なうというような看護師ですと、給料はもちろん、そうでない人たちより高めになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瞬
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ncnrtregdagoyu/index1_0.rdf