べーさんのぼっきん

December 02 [Fri], 2016, 16:25
株式投資の新米にどうしても覚えてほしい言葉にキャピタルゲインとインカムゲインがという言葉が存在します。株式で利益を上げるにはこの二つの単語を覚えておいてください。



キャピタルゲインは株式売買で生まれる利鞘のことです。



例えば、1万円で購入した株式を2万円で売却すれば、1万円の利潤がキャピタルゲインになるのです。賃金はなかなかアップしないのに政府は物価を引き上げようと熱心になっています。
物価が上がるならば企業の収益もアップすることになって、株価上昇にもなります。
余剰資金が銀行に眠っているといったことがあれば、株投資を行うと良いです。株のやり方は簡単です。


証券会社に口座を持てばよいのです。



現在はネット証券なんかもありますから、取引もスムーズに行えるようになっています。
株の空売りを実際に行っている株式投資初心者は少ないと考えられています。

しかしながら、株式投資をこれから長年にわたって続けていこうと思っているのでしたら、身につけておきたい技術だと思います。その理由は、空売りを知るということは買うほうの気持ちを理解するとともに、売る側の気持ちも意識するようになるので、行える取引の幅が広がるからです。初めて株をやる人は売るタイミングを逸してしまうことがあります。人は誰でも欲というものがありますので、「もう少し高値になったら」と期待しているうちに、株価が下がってしまいます。利益をきちんと確定しなければ利益にはならないことを忘れずにおいて自分で売り方を検討しておくと上手い方法が見つかるかもしれません。株式の取引をしたことがない人にとっては理解が難しいことだらけに思えるのではないでしょうか。どこの証券会社を利用して資金を投資すればいいのかなど、躊躇してしまうことが多いです。


誰しもが利益を得られると思って株投資をスタートするわけですが、通算で利益を出せる人はあまりいないでしょう。自分が持っている株が最近、特に上がったり下がったりとしているので、下がりそうな株、儲かりそうな株を自分でしっかりと判断をし、売買を行っています。時折失敗して、損になることもありますが、今のところ収支はプラスとなっています。今のまま、プラスで売り抜けられたらありがたいです。どのくらい上下するのかを時間ごとに確認するものとしてチャートを参考にするという投資家は多数派と言えるでしょう。例を挙げると、大幅に上髭が出現した株のローソク足はその後、下がっていくのではないかと見込まれますし、ローソク足の分析は、売買するのに良い時期を判断するのに参考になります。
株の知識が乏しい者が初歩的な知識を学ぶためにすべきことは、まず株式投資についての本を読むことで、基本と呼ぶべき本を5冊以上読まなければならないと思われます。


五冊くらい株式投資関連の本を読めば、読んだ本の共通項目は重要だということが理解できるからです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miyu
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる