妻くんと高良

September 11 [Sun], 2016, 11:05
看護師の夜勤は、16時間などの長い時間の勤務となっていて、勤務中の仮眠が取れます。国の指針により月に8回までと定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、体調を崩しやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一つかもしれません。世の中の高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は増加傾向にあるのです。それだけでなく、大きな会社になると医務室等にも看護師がいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを行っております。こういったケースは、この会社の正社員として入社することもありうるでしょう。看護師の資格を得るためには、何通りかの方法が挙げられます。看護師免許を手にするためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、いきなりは受験できません。試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護について学習することが必要なのです。看護師になるための国家試験は、年に1度あります。看護師不足が問題となっている日本にとっては良いことに、直近数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を示し続けています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格できる国家試験です。産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師です。看護師と聞くと病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所に勤務している人もいます。具体的な仕事内容やその役目は勤務先ごとに違いますが、社員達の健康を維持し、管理することは必ず行う仕事になるでしょう。修学旅行やツアーなどについていって、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。結婚して子持ちの人は土日に休めたり、夜勤がないという職場を希望しています。病院以外を職場とするのであれば、そこで求められる専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。看護士の求人はいくらでもありますが、希望に沿う条件での求人が存在するとは限りません。看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと大抵の方が思っているでしょう。希望に合う勤め先に転職するためには、情報収集が重要です。看護士になりたい動機は何がきっかけで実際に看護師を志望するようになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職の場合の志望動機はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。これまでの職場に対するマイナスのことは言わないようにしてください。看護師の働き先といえば、病院と想像するのがオーソドックスでしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にもいっぱいあります。保健所で保健師と協力し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の役目です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。看護師国家試験に受かるよりも、看護学校卒業の方が難しいと感じる人も多いのです。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年だそうです。そういう厳格な学校を卒業して、国家試験もパスした方には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:乃愛
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ncath9iscceme8/index1_0.rdf