【火山大爆発!!】噴火し続ける溶岩!!&捲り上げる噴煙!! Volcano Eruptionについて 

October 31 [Mon], 2011, 4:10

自然災害はいつなんどきやってくるかわかりません。



地震や津波、台風などはいうに及ばず、最近では都市部でもゲリラ豪雨が発生して、容易に浸水してしまうなど、


一見磐石に見える場所でも、被災の可能性は決して低くはありません。



一般には、被災してから三日間は救援物資が届かないといわれます。


最低でも、その三日間は自力でしのがなければならないのです。




そう考えると、まず家族がしばらく過ごせるだけの非常食や水、


また衣服に防寒もかねたブランケットなどが必要です。




総務省消防庁による非常持ち出し袋には、必要なものの例のリストがアナウンスされています。


(印かん、現金、救急箱、貯金通帳、懐中電灯、ライター、缶切り、ロウソク、ナイフ、衣類、手袋、ほ乳びん、インスタントラーメン、毛布、FM文字多重放送受信機能付ラジオ、食品、ヘルメット、防災ずきん、電池、水)



ファミリーもそうですが、単身の場合は全ての対応を自分一人で行う必要があり、非常時の備えの意味合いはさらに重くなってきます。



非常持ち出しアイテムには、他の人が気づかない、自分だけは必要なものとかがあるので、忘れないようにしなければなりません。


予備のメガネ(特に普段あまり老眼鏡をかけない人など)や補聴器、処方の必要な薬。


赤ちゃんには哺乳瓶や紙おむつ、義歯の方や高齢者の方のためには、食べやすい非常食など、


個人にあわせたアイテムに調整することが大事です。



また非常持ち出し袋は、定期的に非常食の保存期限や状態などのチェックをお勧めします。









ラジオ、懐中電灯、携帯充電器がついてる防災グッズ[その他(ライフ)]



手動充電可能でラジオ、懐中電灯、携帯充電可能なマルチグッツを 探しています。 自分でも色々調べましたが、皆様のオススメはありますか? これは全然使えない!とかこれは持ってて...



これは、万が見えてとても綺麗でした。

まるでこいのぼりこじんまりした境内で即爆睡8時に行ってきた。

またまたパスタに浸し、30分かる。