消防設備工事・消防設備点検−大阪南部・和歌山の消防テクノス株式会社について

October 31 [Mon], 2011, 12:40

自然災害はいつなんどきやってくるかわかりません。



地震や津波、台風などはいうに及ばず、最近では都市部でもゲリラ豪雨が発生して、容易に浸水してしまうなど、


一見磐石に見える場所でも、被災の可能性は決して低くはありません。



一般には、被災してから三日間は救援物資が届かないといわれます。


最低でも、その三日間は自力でしのがなければならないのです。




そう考えると、まず家族がしばらく過ごせるだけの非常食や水、


また衣服に防寒もかねたブランケットなどが必要です。




総務省消防庁による非常持ち出し袋には、必要なものの例のリストがアナウンスされています。


(印かん、現金、救急箱、貯金通帳、懐中電灯、ライター、缶切り、ロウソク、ナイフ、衣類、手袋、ほ乳びん、インスタントラーメン、毛布、FM文字多重放送受信機能付ラジオ、食品、ヘルメット、防災ずきん、電池、水)



ファミリーもそうですが、単身の場合は全ての対応を自分一人で行う必要があり、非常時の備えの意味合いはさらに重くなってきます。



非常持ち出しアイテムには、他の人が気づかない、自分だけは必要なものとかがあるので、忘れないようにしなければなりません。


予備のメガネ(特に普段あまり老眼鏡をかけない人など)や補聴器、処方の必要な薬。


赤ちゃんには哺乳瓶や紙おむつ、義歯の方や高齢者の方のためには、食べやすい非常食など、


個人にあわせたアイテムに調整することが大事です。



また非常持ち出し袋は、定期的に非常食の保存期限や状態などのチェックをお勧めします。









東日本大地震の質問です![アンケート]



東日本大地震の発生で、日本にどのような影響があると思いますか? 僕が考えるのは、気仙沼が大きな被害にあっているので、魚の値段が上がるだろうと思います。



その他の新聞で売れてるでしょう。

株価が見てみる!そんなわけで、この週末われらはおばけきのこで大騒ぎ。

卒園生の本番ってほとんど緊張しないんですよ。


P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/nbosai0034/index1_0.rdf