3学会合同呼吸療法認定士は看護師のスキルアップ資格の一つです

September 30 [Mon], 2013, 19:06
3学会合同呼吸療法認定士は、日本麻酔学会、日本呼吸器学会、日本胸部外科学会の3学会から選出された3学会合同呼吸療法認定委員会が認定する資格です。この資格は国家資格ではなく、看護師、准看護師、臨床工学技士、理学療法士がそれぞれ所定の実務経験を経て、認定講習会を受講し、認定試験に合格することにより取得できるスキルアップ資格です。
医療の現場では、高齢化社会に伴い、スキルアップした看護師のニーズが高まっています。ぜんそくや肺炎等の呼吸器の病気の患者さん、人工呼吸器を着けた患者さんのケアには、3学会合同呼吸療法認定士の資格が役立ちます。
3学会合同呼吸療法認定士は、吸入療法や酸素療法、人工呼吸などの呼吸療法の実施や機器の管理などを行います。
呼吸療法についての専門的な知識や技術を学びスキルアップすることができるので、3学会合同呼吸療法認定士の資格を取得する人は看護師が最も多くなっていて、看護師のスキルアップに役立つ資格です。
また、3学会合同呼吸療法認定士の資格を取得してスキルアップしておくと、様々な場面で有利になる場面が多くなり、スキルアップを目指す看護師にはおすすめの資格と言えます。また、看護師求人ランキング 高待遇にも応募する際に有利ですので、ぜひ取得に挑戦してみてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たっとさんぽ
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nboewra/index1_0.rdf