妊娠が分かった後に葉酸を積極的に

March 07 [Tue], 2017, 18:12
妊娠が分かった後に葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。
それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。



胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん大丈夫です。でも、葉酸には身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、出産後も、葉酸の摂取によって日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。
葉酸の摂取によって胎児の先天性神経管異常といった障害を発症指せにくくするという効果が科学的な研究によって、明らかになっています。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が推奨しているんです。今では葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだといえるでしょうね。



また、こうした食品の中には特定保健用食品として、妊婦が利用する場合もあるようです。みなさんご存知のように、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を25種類ほど配合したサプリを選べば、必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるというりゆうです。このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思うんですが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体が創られますから、妊娠を計画している女性はサプリの摂取を御勧めします。

近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している栄養素です。ですが、体調が悪い時には、ご飯をするのも辛い時がありますよね。
そうすると食べ物からの摂取が辛い時もありますよね。そうした場合、無理なご飯は厳禁です。

葉酸の摂取は葉酸サプリ等を利用すれば不足しがちな葉酸もちゃんと補給できますので、積極的に利用すると良いですね。


葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、皆様ご存知かと思います。しかし、大切な栄養素とは言っても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。なぜならサプリは食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が入っているため、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてちょうだい。


葉酸を摂りすぎると、食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。

また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。

不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。居住地の公的な助成金制度も活用できますが、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつくケースが多いのです。
私は40歳以上の人こそ給付回数は減らすべきでないと思うんです。
私だって来年には四十になるので、見捨てられたような寂しい気持ちで、ストレスも限界です。妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、厚生労働省が妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。

それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿などに混じって排出されています。ですから、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。
しかし、葉酸の過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、指示された分量と用法を守ってちょうだい。

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。
母子一緒に健康な体でいるためにも、例えばサプリメントなどを活用しながら日々の生活に葉酸を取り入れることを御勧めします。厚生労働省の推奨では1日あたり葉酸0.4mgです。さらにこれを毎日摂取する必要がありますね。

これを野菜だけで摂取するのは大変だと思います。葉酸サプリを利用することを御勧めします。私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。長男を出産した後でしたので、女の子がほしいと主人と話していたからです。

本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスがけい載されていたので、それを見ながら産み分けに挑戦してみました。
その後、無事に妊娠し、性別が判明するまで期待と不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)でドキドキしていました。結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。

妊娠を望む方や妊活中の女性にとって意識してほしい事と言えば、やはりご飯の内容です。妊活を行っているということは、大げさかもしれませんが、本日にでも妊娠の可能性があるというりゆうです。



ですから、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的なご飯を心がけましょう。
特に摂取を意識してほしい栄養素は葉酸で、妊娠初期の胎児の成長には必要不可欠のものです。

妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から赤ちゃんを授かっているのです。

妊娠は授かり物です。

実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を始めている方は、なるべく早期に十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離せない関係の二つです。なぜかと言うと、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。この話は当然、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素である事は変わりありません。

実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。

ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を注意してちょうだい。


妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居るのではないでしょうか。しかし、実は葉酸は熱に弱いため熱を加えてしまいますと大切な葉酸が失われてしまうこともあるんです。総合的な摂取量としては不十分かもしれませんので、気を付けてちょうだい。一度目の妊娠の時、流産してしまいました。とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、1年くらい経ってまた妊娠について前むきに考えられるようになり、妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。
妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性を改善するためにまず運動で、体を変えてみようと思いました。
その結果、新陳代謝が良くなっ立ためか、基礎体温が高くなったので、冷え性が改善したんです。葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって重要な働きをする栄養素なのですが、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、どのようなリスクがあるのでしょうか。葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。
胎児に葉酸が不足した場合、先天性の障害を発症する要因になると報告されています。それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、是非、葉酸の摂取を心がけてちょうだい。


なかなか妊娠できないという人は、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。


基礎体温表をつけていくとその変化で、女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠に繋がる対策を講じることもできるのです。
基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという注意点もあるので、それを守ってつけていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユナ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる