家を売ったら所得税を払わなければいけ

August 12 [Fri], 2016, 3:49
家を売ったら所得税を払わなければいけないのでしょうか。



簡単にいうと「課税される」が正解です。

しかし非課税になる場合も多いです。購入時の価額より高い値で売れた際は所得税の課税対象となり、逆に足が出た場合は所得税はかからず、住民税もかかりません。もし高く売れてすさまじくの売却益を得たとしても、控除後の譲渡所得が3000万円以下の場合は、面倒でも確定申告をしっかりとしておくと、所得税はゼロで済みますし、超えても超過分に対する納税だけでいいのです。

仲介不動産屋の選別は一戸建てを売却しようと思い立った時、一番大事なポイントです。


そこの不動産屋の得意分野は何でしょうか。特に一戸建ての売買に定評のある不動産屋、あるいは、うちはマンションの売買なら実績が多いのですという不動産屋もあるため、自分の必要にあった不動産屋を選びましょうそれに、一戸建てを売却する場合、便利なものといえば一括査定ホームページでしょう。
一度の手間でまとめて不動産屋に依頼可能で、目安となる査定額がわかるでしょう。住宅ローンを返済している最中に住宅を売る時は、当然ながら住宅ローンを全額返済してから初めて売却という手つづきができるのです。仮に残債務を完済できずに家を売却したいときは、金融機関用語でいう任意売買となります。



住宅の売却益を得たらローンの残債を最優先で返すという条件で、例外的に完済前の売却を認めて貰う仕組みです。もし家を売った額で完済できなかったら、債務が残り、逆に残債を上回る価格で売れたら現金が残ります。隣地との境を明らかにするために、土地境界確定図を作っておくということは、一戸建てや土地そのものを売却する際にはよくあることです。

法的に強制されたものではありませんが、都市圏のように宅地価格が高いところでは、わずかな差もけして安いものではありませんから、業者を頼んで測量して貰うことが多いのです。費用は一般的な住宅地であれば40万弱ですが、接道や土地面積によるちがいはあります。売る側にとっては少なからぬ出費ですが、買う側からすれば要らぬトラブルを避けられるのですから安心です。所有者が一人ではなく数人の人が名義人となっている不動産物件は、販売するにあたっては、その前提として名義人となっている共有者全ての同意を取り付ける必要があります。


共有者は揃って実印の押印と署名をするものと規定されているので、共有名義者全員が共同せずに売りに出すことは認められていません。当該不動産を全部というのでなくもち分だけというのなら売却が認められるという事例もありますが、普通は共有者全員の承諾の持とに売り渡す手はずになっています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Soichi
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる