兄(けい)が向田

November 18 [Fri], 2016, 14:22
転職したい理由は採用の選考過程においてたいへん大切です。説得力のある志望動機でなければ評価は悪くなります。ところが、転職理由を質問されても戸惑って答えられない方も多くいると思います。一般的には履歴書に書く際や面接時にどんな転職理由なのかということに大変時間をかけます。
転職の理由として良いものは、はじめに、転職をしようとした本当の理由を自問自答してください。直接告げるという訳でもないため、ノートに自分の考えを正直に書いてください。否定的な印象とならないよう、次にそれを方法を変えて表現してください。その理由が長い転職だと相手に言い訳のように聞こえてしまうため、簡潔にするようにしましょう。
労働時間が長いからと辞めたときは「生産性をきちんと考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいがなく辞めた場合は「新しい環境でステップアップさせたい」と変えておくとよい印象を与えます。転職理由がネガティブだったとしても表現を変えれば、ポジティブなものになるのです。履歴書に書く場合は、150文字から200文字程度が理想とされています。
書類選考や面接において転職理由はとても重要視されます。相手が認めることができないと低い評価となります。けれども、転職した事情をきかれても上手く答えることができない人も多いことでしょう。ほとんどの人が履歴書を書いたり面接を受ける時に、この転職理由を説明するのに苦労します。
良い転職理由とは、最初に、実際に転職を考えた理由を言葉にしてみてくださいそのままの言葉で表現するのではないので、素直にノートに書き出してみましょう。そして、それを悪い印象にならないように表現を書き直してください。なぜ転職したのかを長く語ると言い訳と受け取られてしまうので、簡潔に要点をまとめましょう。
労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性を重視する仕事をやりたい」、仕事にやりがいがなくて辞めたときは「新環境でさらに成長したい」と置き換えたら印象的に悪くないです。ネガティブな転職の理由も言い方を変えればポジティブな印象になります。履歴書に書き入れる場合は、150文字から200文字くらいが理想です。
職を変える理由は履歴書選考や面接での評価において大変重要なポイントとなります。相手に理解してもらえる理由でない限り良いという印象は与えられません。ですが、職を変わった理由を聞かれても相手に伝わるように話せない人も決して少数派ではないはずです。ほぼみんなが履歴書の記入時や面接時になぜ転職することになったのかの説明で躓きます。
転職理由はどういったものが望ましいかというと、最初に、転職を決意した本音の部分をよく考えてみてください。そのままを伝える必要はないので、考えたことをそのまま、ノートに書き出しましょう。そして、それを前向きな印象になるように表現を変えてみてください。転職の理由が長々と続くと言い訳と取られてしまうので、長さには注意しましょう。
会社に拘束される時間が長くて辞めた場合は「生産性を意識した仕事をしたい」、仕事そのものにやりがいを感じず辞めた場合は「新しい仕事場でさらなる成長を心がけていきたい」と表現を変えると良くない印象を与えません。ネガティブな転職理由も表現を変えることにより、印象の良いものとなります。履歴書に文章を添える際は、150字から200字ほどの文章が理想です。
転職の活動は現在の仕事をしている間から行い、転職する先が決定してから辞めるようにしたいものです。仕事を辞めてからの方が自由な時間が増えますし、すぐに仕事をし始められますが、転職先がすぐには決まらないということも考えられます。無職である期間が半年以上になると就職する先が見つけにくくなりますから勢いで今現在の仕事を退職することのないようにしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠真
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる