トロールのバイタリティ

September 12 [Wed], 2012, 12:36
昔々のことでしたある夏の昼下がりそれはたいそう暑い日でした停留所でバスを待っていたらあとから派手なかっこうをした太ったオバハンがやってきました太ったオバハンはバスを待つ私の前をッシッシと横切って時刻表をシゲシゲと眺めましたミニのワンピースにミュールを吐き赤い色のポシェットを肩に斜めがけをしくさった香水を撒き散らす太ったオバハン僕はボストロールと名付けました時刻表をシゲシゲしていたボストロールが短い首を懸命に回して僕の方をシゲシゲしてきます仲間になりたそうにこちらをみていますモンスター爺さんのところに送ろうかなと、一瞬迷っていたところボストロールがつぶやきましたイマ、イツ何の呪文かはわかりませんでしたが恐れることはありませんなぜならボストロールにはMPがないからです優雅に構えてボストロールの呪文をさばいていたらまたつぶやきましたカラ、ジカン、イツなるほど、時間が知りたかったらしいと判断した私おそらく前脚が立派過ぎて腕時計がはまらないのだろうと不憫に思って携帯を見て時間を教えてあげましたスマフォ、イイネ時間を知ったボストロールmadeinチャイナは僕のスマフォを褒めるとッシッシと道路沿いに歩いて行きました道路沿いで車に向かって親指をあげるボストロールバスが来るまであと五分程なのにタクシーを捕まえるなんてなんてセレブなボストロールだと感心しましたすぐにタクシーは止まりましたしかし、ボストロールは乗り込みませんそれどころかタクシーが開けた後ろのドアを勢いよく前脚で閉めてバイバイをしています自ら止めたタクシーを自ら解き放つキャッチANDリリースタクシー相手にこのマナーを見たのは初めてでしたそしてボストロールはおもむろにまた親指をあげだしますもはや意味不明ですそーこーしているうちにMYコミュ 田中みなみバスがやってきましたボストロールともお別れかと惜別の思いでいるとッシッシとやってくるではないですか奴が私の後ろに並んだボストロールは私につぶやきましたヒッチハイク、メ。
東京ツメタイバスを待つ五分の間にヒッチハイクをかますとは文化の違いは凄まじい図々しいと呼ぶか賢いと呼ぶべきかいずれにせよ物凄いバイタリティボストロールに幸あれ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nb4t5wc7bm
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nb4t5wc7bm/index1_0.rdf