ニワトリの卵を

May 14 [Tue], 2013, 14:05
キリスト教圏ではキリストの復活を祝う祭日である復活祭(イースター)の際、ニワトリの卵を色とりどりに着色した「イースター・エッグ」をどこかに隠して探させるという遊戯が行われる(近年では卵を象った菓子を代用とすることも多い)。また、中国では新生児誕生の際、食紅で赤く染めたゆでたまごを近所に配って共に食べる風習があり、「紅蛋(ホンタン)」と呼ばれる。

転じて、将来的に活躍が期待できる新人を指して「○○のたまご」と表現することが多い。単独の細胞としては生物中最大であることが多く、特に一般的にこの名前で呼ばれる卵生生物のものは肉眼でも容易に視認可能なサイズであることが多い。

生命誕生のシンボルである。有性生殖をする動物の雌性生殖細胞のうち、特に鳥類や魚類等の卵生生物のものを指す。

ほとんどのものは表面に強靭な膜、または炭酸カルシウム等由来の「殻」を持つ。
リプロスキン
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ssa
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nayamiraku/index1_0.rdf