山ちゃんとレーシック 

April 29 [Wed], 2009, 17:35
"南海キャンディーズの山ちゃんがレーシックの手術を受けたのをご存知でしょうか。これはテレビの番組でマリーアントワネットの女の噂という番組があるのですがこの番組の中で南海キャンディーズの山ちゃんがレーシックの手術を受けたのです。それまではどれくらいの視力だったかというと、右が0.04で左が0.03という視力だったそうですが、たった10分のレーシックの手術を受けた後にどれくらい回復したのかというと、両目ともに1.5と1.5になったといいますからやはりレーシックのすごさはすごいですよね。テレビの番組の中でも、遠くに置いてある時計も読むことができるようになったとレーシックのすごさを実感していたそうです。

レーシックを受けた人が一番に実感するのは目が覚めた時なんだそうですね。やはりメガネを普段している人などは朝起きた時の目の見え具合が悪いのはとてもわかっていると思いますがレーシックの手術を受けてからは、すぐに目が見えるので驚いたそうです。今、レーシックを受ける人は増えていてお笑いの陣内さんやアンタッチャブルの柴田さん、森三中の大島さんもレーシックを受けたそうですから芸能界でもレーシックの普及率は高くなっていることがわかります。
"

レーシック後の注意 

April 29 [Wed], 2009, 17:35
"レーシックを受けた後の注意点についてですが、まず、レーシックの手術は点眼薬を使って麻酔をしてから行いますから痛みは感じないので安心してください。手術をしてすぐはレーシックで削ったフラップが安定するまで少し休む必要があるとおもいますから、医師の指示に従ってリラックスして待っていましょう。そして医師がチェックをして問題がなかった場合にはレーシックを受けてしばらくすれば帰ることができます。ほとんどのレーシックの病院では翌日に検診があるところが一般的です。レーシックの手術から1週間以内に気をつけなければいけないこととしては、まずは、レーシックの手術を受けてからは、目がとてもデリケートになっていますから目をこすったりまぶたを触ってはいけません。また埃などが入らないように気をつけましょう。眠っている間に無意識に目をこする人がいますがそちらにも注意しましょう。

また目に水を入れることもしてはいけませんし、メイクをする際のアイラインなどもレーシック後の1週間は避けましょう。激しい運動をする人は医師に相談してからにしてください。また感染症を起こす危険があるので最近が入らないように目を清潔にすることも大切なことです。

"

レーシックの安全な病院選び 

April 29 [Wed], 2009, 17:34
"レーシックを行っている病院は最近とても増えてきましたがどの病院でレーシックを受ければいいのか迷っている人も老いのではないでしょうか。レーシックを安心して受けられるような病院はどこにあるのか、レーシックを受けるときにはどんな病院を選ぶのがいいのかそれについて紹介していきたいと思います。まずレーシックを受ける際には必ず日本眼科学会が認定している日本眼科学会認定専門医がレーシックの手術を行っている病院で受けるようにしましょう。チラシやホームページなどだけで確認するのではなくて、きちんと専門医であることを確認しましょう。そしてレーシックといっても、向いている向いていないがありますからいろいろな目の病気になったときにすぐに判断してもらえる医師のいる病院を選ぶようにしましょう。

レーシックの病院を選ぶ際にはいろいろなインターネットのサイトの実際にレーシックを受けた人の体験や口コミ、評判なども掲載されていますからそちらを確認してみてから選ぶという方法もいいと思いますし、書籍などでもレーシックに関わる本はたくさん出版されていますからそれらを参考にしてレーシックの病院選びの参考にしていくといいかもしれませんね。
"

レーシックの合併症 

April 29 [Wed], 2009, 17:34
"レーシックの合併症についての紹介ですが、レーシックを受けた後には、いくつか合併症がでる人もいるといわれていますから確認しておくといいかもしれませんね。レーシックの合併症というのはだいたい時間がすぐれば良くなることが多いので、それほど心配することではありません。レーシックの合併症の一つとしてはドラアイの症状があります。こちらは目の角膜を切りますから角膜の表の面がどうしても乾いてし合ってドライアイになる確率が高いのです。レーシックの手術後に、病院で目薬が処方されると思いますからケアする必要があります。そしてレーシックの合併症としてはハロ現象、グレア現象という現象が起きることがあるそうです。

これはどのような現象なのかというと暗いところで光を見たら眩しかったりぼやけて見えるという合併症でこれも数か月経てば落ち着いてくるといわれていますからレーシックの後しばらくは我慢しなければいけないと思います。他にも、レーシックの後にはレーザーが均一に当たらなかったときに不正乱視になることもあるといわれていますがこちらも当たった部分が、感知すれば治ります。また稀にですが感染症を合併症として発症する人もいますからすぐに医師に相談しましょう。
"

レーシックの前にすること 

April 29 [Wed], 2009, 17:33
"
レーシックの手術を受ける前に行うことの紹介です。レーシックの前にすることとしては術前検査を行いますが、病院によっては検査のないようなどは多少違っていると思いますが、まず一つ目としてはレーシックの前の検査として機会を使って、レーシックができる目なのか分析をしますがこれには1時間ほど時間がかかると思います。そしてその1時間の中には視力検査も行われます。他にも、眼圧検査といって目に風を当ててどれくらい目が固いのか検査をしますし、角膜の形や屈折の力なども検査が行われます。この角膜の検査というのがレーシックの判断基準になりますから大切な検査といってもいいでしょう。

そして他にも、角膜内皮の検査や、黒眼の検査、コントラストの視力や眼底検査などが行われることになっています。これだけの検査をだいたい1時間でやってしまうのですが、その後1時間から2時間ほどかけて問診が行われることになります。こちらは先ほどの検査の結果を見ながら医師がレーシックの手術ができるのかどうかを話をしれくれると思いますから、ここでレーシックの不安な点などがあるときは相談するといいと思います。ここまででだいたい2時間ほどレーシックの手術の術前検査が行われます。

"
P R
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像今野@(近視で目つきが悪くなってきた)
» レーシック後の注意 (2009年05月15日)
Yapme!一覧
読者になる