整形のリスク 

April 29 [Wed], 2009, 16:18
整形というのは誰もがコンプレックスを解消できて悩みから解放されるというものではありません。整形にはリスクがつきもので、整形のリスクによってその後の人生が整形前に悩んでいたコンプレックスや悩みとは比べ物にならないということもあります。整形を受けようと思っているのであれば、整形のリスクについてもきちんと確認しておく必要があります。
まず整形のリスクとして一番多いのが、自分が理想としていたものと違ったとか、思っていた整形後とは違っていたということです。整形した自分をイメージしていた人は、実際に整形してみると全く違うということはよくあることです。整形手術では必ずしも自分がなりたかったようにならないこともあるということをしっかりと理解したうえで受けた方がいいでしょう。
そして整形のリスクを少しでも減らすためには、医師とのカウンセリングでの整形後の自分についての希望などをしっかりと説明して、医師からもどのようになるのかはっきりと聞いておいた方がいいでしょう。そうすることで整形後の思っていたのと違ったというリスクは避けられると思います。
整形のリスクはほかにも、全身麻酔を行なって整形手術を行う場合には、体に負担をかけたりすることもありますから十分手術内容を理解しておきましょう。

プチ整形のリスク 

April 29 [Wed], 2009, 16:17
プチ整形で起こりうるリスクを紹介します。プチ整形だから必ずしも成功するとは限りませんし、プチ整形だから絶対に失敗しないという保障はありません。プチ整形でよくあるまぶたを二重にするための埋没法ですが、埋没法にもリスクがあります。糸で留めるという埋没法は糸を抜けば元の一重まぶたに戻るとされていますが、もしも瞼の癒着が始まってしまえば、糸を抜いたところで前の一重まぶたに戻ることがなくなってしまうリスクがあります。
そしてヒアルロン酸を注射するプチ整形がいま人気ですが、メスも使わず注射だけで傷も残らないといわれていますが、色素沈着になったり、潰瘍ができる可能性があります。
同じくプチ整形でヒアルロン酸注入とともに人気があるボトックス注射ですが、ボトックス注射のリスクとしては、眼瞼下垂の症状や無表情、顔面まひなどのリスクが高いといわれています。
プチ整形は誰でも手軽に受けることが出来て、リスクや失敗はないと思っている人が多いと思いますが、必ずしも安全なプチ整形ではないということです。カウンセリングを受ける前に、プチ整形で起こるであろうリスクやデメリットなどについてもしっかりと確認したうえでプチ整形を受けるようにしましょう。

プチ整形 

April 29 [Wed], 2009, 16:17
今プチ整形という言葉をよく耳にすることが多いのですが、プチ整形というのは普通の整形とはどう違っているのか紹介したいと思います。美容整形に比べて簡単にできる整形をプチ整形と呼んでいるのですが、一般的に整形手術を受けてしまうと、もう元に戻すということはできないのが普通ですが、プチ整形を行った場合には、元に戻すことができる、いいかえると時間がたつと元に戻ってしまうタイプの美容整形のことをいいます。
美容整形に抵抗があるという人がプチ整形を受けることが多いのですが、プチ整形だから安心というわけではありませんし、プチ整形でも普通の整形と同じようにリスクやトラブルがありますから十分に注意したうえでプチ整形を受けることをおすすめします。
どんな医療行為にもリスクや失敗などはつきものですから、プチ整形も医療行為の一環として必ずしも、大丈夫とか成功ということだけではないということを理解したうえでプチ整形を受けるようにしましょう。
プチ整形でできることとしては二重瞼にする埋没法や、鼻を高くするならヒアルロン酸を注射しますし、顎の形を整えるのにもヒアルロン酸、顔の輪郭を小さくしたい人にはボトックス注射のプチ整形を行うことができます。

整形と刺青 

April 29 [Wed], 2009, 16:16
整形手術で刺青を除去することができます。刺青といっても色々な種類の刺青があるのですが、たとえば和彫りの刺青、洋彫りの刺青、アートメイクといった方法がありますが、とれにくいといわれているのが和彫りの刺青です。
整形手術で刺青を取る人の多くは、若いころに刺青を入れたけど、何らかの環境の変化などで刺青を消したいと思っている人が多いようです。美容整形で刺青を取る方法としては、レーザー除去が一般的です。この美容整形のレーザー除去というのはレーザーを刺青に充てることで色素を取ってしまったり削ってしまうという方法です。入院する必要もありませんし、手軽に刺青を除去することができる整形手術です。
刺青の入っている範囲や色などによっては回数や金額が変わってくると思いますがこの方法ならほとんどの刺青が消えるといわれています。刺青を除去する整形手術としては、もしもレーザーでの治療が不可能な場合には、刺青が入っている皮膚を切って縫い合わせるという方法があります。もしも刺青の範囲が大きければ植皮して皮膚を自分の体から取るという手術になります。
整形手術の刺青除去の手術の場合には、範囲によっては入院しなければいけないこともあります。

整形とシミ 

April 29 [Wed], 2009, 16:16
美容整形でシミを消したいと思っている人は今とても増えています。美容整形でシミを消すための方法としては二つの方法があります。まず一つ目の方法としては、レーザーでシミを取るという整形の方法があります。美容整形で行われているレーザー治療は、シミの部分にレーザーをあてるというものですが、どれくらいの痛みを感じるのかというと、ゴムがはじいたような感じの痛さといわれています。
美容整形でシミをレーザー取る場合の費用は一回につきではなくて、1平方センチメートルにつき1−2万円ということになっていますが、シミの状態によって美容整形で当てるレーザーの回数というのは変わってきます。
そして美容整形でシミを取る方法としてもうひとつ、ピーリングを行うという方法があります。ピーリングというのは、酸性の薬液を顔に塗って、皮膚の角質をはがすという方法です。できてしまったシミをはがしてしまうという美容整形の方法の一つです。
美容整形のピーリングでシミを取る場合にはだいたい1回につき1−2万円必要で、ある程度期間をあけて最低でも5,6回は行わなければ効果がありません。
どちらも美容整形のシミ取りの方法として人気で、痛みもどちらもそれほど感じないのが特徴です。
P R
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる