生活がちょっと、 楽しくなる本、お気に入りのもの、お店をご紹介!

2005年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naturalcolors
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
あなたは絶対!運がいい / 2005年07月07日(木)
自分の心の持ち方ひとつで、思い通りに人生はかえられる、変わっていく。
そんな言葉にひかれて手にとった1冊。




あなたは絶対!運がいい。 
浅見帆帆子著

自分の周りにおこることそれは、すべて自分で決められる。
なるほど〜と、そう考えると朝起きて、寝るまでの行動、
誰が決めるわけでもなく、自分できめている。
ちょっと疲れたときや自分の状態を確認したい時、
ココロの持ち方のバイブルかな?
プラスのパワーを十分に取り入れて、
幸運体質になりましょう。
きっといいことありますよ・・・
 
   
Posted at 21:29 / おすすめの本 / この記事のURL
コメント(0)
ココロがきれいになる / 2005年07月04日(月)


美人の日本語

1年365日分の言葉が書いてある本。
ぱっと開いてみると何故か?ほっとする。
あらためてながめてみると、漢字って面白いし、
意味を読んでいるとなるほど〜と関心する。
本によると7月は愛逢月
七夕にちなんだ7月の異称のようです。
どんな愛にあえるのでしょうね。。。
今日、7月4日をみると・・

黄昏

昔はあかりも今のようにはなく、
薄暗い夕闇で人の顔もよく見えなかったのでしょう。
「誰?彼?」(あの人は誰?)という言葉をかわす時刻だったことから
黄昏という言葉が生まれたそうだ。。
顔もわからないまま、会話をして、誰??とは??
声やぼんやりと写りだすシルエットでどこどこの誰ね!と
判断していたのでしょうか?
う〜よくわからない状況だな。
本文中にこんなことが書いてある。
人生の中で、通り過ぎた人々を
「あれは誰だったのかな?」と振り返る時期・・・
そんな意味もあるのかもしれません。。。
☆美人の日本語☆ 竹下景子 より

一期一会の気持ちでいたいものです。
あれは誰?と振り返ることはしたくないな〜
と今は思う。



 
   
Posted at 22:28 / おすすめの本 / この記事のURL
コメント(0)
カプチーノ! / 2005年07月02日(土)
最近、お気に入りのお店。
デル・ソーレ
なんといってもコーヒーが美味しい。
カプチーノを頼んだら、
こんなキュートな絵柄で出てきて、
飲んでしまうのがもったいない!!



前にパスタランチをいただいたのですが、
これもまた、美味しく、お値段もリーズナブル!!
ジェラート。たしかレモンだったと思うけれど、
さっぱりと甘さ控えめで、レモンの風味、味が口の中で広がって
美味しかったな〜。
でも、やっぱり一押しはエスプレッソかな!!


デル・ソーレ
http://www.delsole.st/index.html
 
   
Posted at 13:49 / 気になるお店 / この記事のURL
コメント(0)
アイスティ〜 / 2005年07月01日(金)
マリアージュ フレールのカタログの中に
こんな美味しそうなアイスティがいっぱいありました。
すべて味見したくなる感じですね〜。
ちょっと蒸し暑いこんな日にいかがでしょうか?
氷の音が聞こえてきそうですね。。。
ちょっと涼しい気分になったかな〜


 
   
Posted at 10:26/ この記事のURL
コメント(0)
美味しい紅茶 / 2005年06月30日(木)
フランス・パリにある紅茶専門店マリアージュ フレール
素敵なカタログが届きました。



暑い日をちょっと涼しげにさせてくれそうな色使いのカタログ。
フレンチサマーティ。夏にあう、お茶と素敵なティポットのご紹介でした。
こちらの銀座ティルーム。
お茶はもちろん、内装、スタッフ、などすべてパリを感じさせ、
パリにいる気分にさせてくれる。。
お茶の種類にびっくりし、選ぶのに一苦労するかもしれませんが、
これもまた、楽しいです。(種類がホント多い)
優雅な気分になりたいとき、お勧めです。
美味しいアイスティー飲みたくなってきた〜。







 
   
Posted at 12:14 / その他 / この記事のURL
コメント(0)
パリのフローリスト / 2005年06月28日(火)
パリの花屋さんを紹介したかわいい本。
ちょっとパリに旅した気分になれる、
独特の花色使い、花や器、雑貨のディスプレイの仕方など
フローリストのセンスをちょっと参考に、
毎日の生活のなかにとりいれてみると
パリっぽい生活になるかも??
そして、夏はフランスに旅を計画したくなる?!
この本を片手にパリの街を歩きたくなる1冊。



 
   
Posted at 10:37 / flower / この記事のURL
コメント(0)
P R
最新コメント
 
 
Powered by yaplog!