肥満のメカニズム

March 24 [Mon], 2014, 18:03
そもそも肥満て何?

って思ったので調べてみましたよ。

肥満とは、体脂肪率で言えば、男性が25%以上女性が30%以上の状態、更にBMI値で言えば男性が22〜24、女性が21〜23が適正と言われそれ以上の状態を肥満状態と言われてます。

肥満にもタイプがあって、脂肪細胞が肥大化した脂肪太り、脂肪細胞の中に余分な水分や老廃物が、溜まった水太りがあります。

日本人は、この水太りタイプが多いと言われています。

脂肪がついた場所によってもタイプが分かれます。

内臓脂肪型肥満と呼ばれるりんご型肥満。

それと皮下脂肪型肥満と呼ばれる洋ナシ型肥満があります。

りんご型肥満は、内臓中心に脂肪が付き中年太りのおなかが出っ張ったような状態で生活習慣病と深く関わりがあるとされます。

洋なし型肥満は、皮下脂肪が中心で下腹部が、ぽっちゃりした様な状態です若い女性に多いタイプです。

なぜ脂肪が溜まるのでしょうか?

一般的に一番多い理由としては、消費するカロリーより摂取したカロリーが、上回ると余ったカロリーが、脂肪として蓄えられると言うことです。

7000kcalのカロリーが余れば、1キログラムの体重が増えると言われています。

余計なカロリーを取らないように気を付けストレスを貯めないよう気を付けて適度な運動を心がける事で、健康な方は極端な肥満になると言う事は、無いでしょう。