新設!ハワイ島へ行こう! 

2008年07月07日(月) 12時46分
このところmixiでの日記のみになり、大変ごぶさたしていたこのnaturalfreekですが、
ハワイ島関連の旅行情報を新たに

「ちーまま。のハワイ島へ行こう!」
http://chimamahawaii.blog116.fc2.com/

に再編集しました。
また2008年のハワイ島旅行記も掲載予定!

ハワイ島関連の情報も随時アップの予定です。

ぜひ、ごらんくださいませ!

ミニナンタケットバスケット 

2007年01月25日(木) 17時11分
今日は月に一度のナンタケットバスケットのクラス。
仕上げだけがすんでいなかったミニナンタケットバスケットがやっとできあがり。ここのところなんだかばたばたしていて落ち着いてweaverできなかったので、このほかに編んでいる本題の8インチラウンドの手付きバスケットはリムをつけたところで終了。家で釘を打ちました。

このミニナンタケットバスケットは最も小さいサイズなのですが、ちゃんと本物ばりのディテールを持っている。小さいからすぐ編みあがるけど、小さい分細工も細かくて丁寧さが要求されるのです。
ほんとは年末のクラスで8インチのチェリーステーブの切り落としがあまったのでなんかに使えないかと探していたところ、「ミニなら作れるかも」とA先生の個人のモールドを貸していただいた。
しかもなんとなくやることがなく、乾き待ちかなんかで手持ちぶさただったクラスの時間でつくってしまったもの。
クリスマスリースに間に合わせようかと思ったのだが、年末の身体不調でなかなか進まず。ちびのくせにちゃんとチェリーのステーブ、チェリーのハンドル。裏からみると松ぼっくりみたいでかわいいのです。

ミニをそんなに頻繁につくるガッツはないので、2006年のペニーを貼って『イヤーバスケット』にすることにしました。
一年に一個だけ、11月くらいにつくるアイテムです。
年々、クリスマスツリーに飾る数が増えていくのも、なんだか楽しみです。
いつかツリー全面ミニナンタケットという日は、くるのでしょうか!?

長くはない人・・・ 

2007年01月23日(火) 17時10分
日曜日、旦那の叔父さまが亡くなった。
このご夫婦はうちにもよく遊びにいらしていた。義母がなくなったあともよくいらしていて、うちでご飯など召し上がっていっていた。なので嫁に来た身としては一番身近な親戚だ。
2年前に肝臓がんになり、抗がん治療をして一時はよくなり、つい二ヶ月前にもうちにいらしていた。ただ、その時叔父さまは二年ぶりにいらしたのだけど、とてもやせていて、よくは見えないけどオーラがよわいっていうか。「あー今回でいらっしゃるのも最後なのかな・・・」と実は思っていた。
先々週、カラダが痛いというので病院にいくと、もう癌が血液やリンパに散ってしまい、いわゆる末期の状態に。痛みを抑えるためにモルヒネが投与され、時間の問題とされていた。

叔父さまは社会党の組織に深く関わっていたらしたらしく、中国やいろんなところに党の視察団としていっていたらしい。だからお家にはいろんな国の帽子や土産ものがたくさんあって、こどもなどは最後にいらしたとき、家までクルマで送っていき叔父様のお家で「くるみ割り人形」をもらっていた。
お孫さんがいらっしゃらないので、本当の孫のようにうちの子どもをかわいがってくださっていたのだ。

もう長くはないな・・という人はどうして光がよわいのだろう。以前、ある霊能者に除霊してもらった友人は除霊された瞬間、顔のワット数が20w上がっていた。
普段はきがつかないけど、人というのは中から光をはなっている存在なのかも・・と思う。うちの子供はおなかの中から外が見えていたというし。手のひらを太陽にむけると赤くすけているのが誰にでもわかる。
魂と肉体との結びつきがよわくなっているから、光も弱くなるのか。本当にこの人は長くないという人は、嫌だけどわかってしまう。

そして亡くなった後の亡骸はいつも光どころか、完璧な抜け殻にみえる。それがまた、悲しい。

うちの義父は「よかったなー早く逝けて」という。なんで?と聞くと「治る見込みがなくて長く生きちゃったら、周りだって大変だし、本人つらいでしょ。」とあっけらかんと言う。
そう、少しでも長く、どんな状態でも生きていてほしいと思うのは、家族。家族の情で長くつらい状態でいるのなら、思い切って早く逝かせてあげたい、とも思う。
死は永遠にその人と会えなくなるわけではない、のなら。

余談だが、うちは夫婦ともに葬式エキスパートだ。
「うちはどっちが先に死んでも葬式の段取りとか心配しなくていいから、いいね」と言ったら「おれ、葬式は親族でやって、あとはお別れ会とかで食事とかみんなでしてよ」という夫。
「そんなー今までのノウハウが無駄になるじゃないの(怒)」
生き方も自由なら、死に方も自由。
世の中選択肢が多ければ多いほど、複雑になるもんですね。

ランドセルが来た! 

2007年01月17日(水) 17時09分
やっとやっと土屋鞄製作所から、牛革ボルサパステル限定のランドセルが到着。
箱を開ける私のほうが、どきどきする。
朝一番に佐川急便さんが届けてくれたので、来たのは登園の10分前。どうしよーかな。でも見たい。あけちゃえ!
きれいに不織布の袋に包まれ、革が傷つかないように、頑丈に厚紙で保護されている。あ、おまけの絵本もはいってる。
そーっと紙をとると、きれいな革!そしてとてもシックでくらすぎない茶色。すごくきれい!
子どもはよろこんで「しょってみるー!」そして下のじじのところへ見せに行った。
うちのは体格がよいほうなので、全然ランドセルにしょわれているようには見えない。すでに二つ目の穴で十分。
しかも!今の革って中材が軽くなっている分、とっても軽い。防水加工もされているので、昔の私たちの革鞄のように割れたりは6年間絶対にしないらしい。
安いランドセルは鞄の中が黄色の革がはられているが、これは限定なのでパステルベージュが背中と中に貼られているのでとてもきれい。いいなーーー。ママもほしくなっちゃったよ。
パーツも革とあたる部分は保護の革が二重になっていたり、パーツのつくりもとてもきれいな部品をつかっている。変にメッキっぽくなくておちついた明るいブロンズ色で、そんなとこにも造作のよさを感じたり。こわれても代替をすぐにおくってくれて6年間無償修理だしね。大事につかって、ミニチュアランドセルにリメイクしよう。

帰ってきたパパと「もっと大きくなかったっけ?ランドセルって」
そう、今みるととても小さいのです。しかも昔はB版が教科書の定型だったけど今はA4が標準なので、高さとかは大きくなっているはず。
それって昔とおった道が、今とおると驚くほどせまく感じるのと同じなんですかね。

ランドセルや机、ベッドなど意外とモノで小学生になるという自覚がうまれるらしく、ランドセルが来た日、急に実感がわいたらしい子どもは、朝「まーまぁーー(すりすり)」ともせず
「じゃぁね、バイバイ!オシゴトガンバッテネ」だって。はじめて言われたよ。こんなことでも成長するんですかねぇ。
親もモノがそろってくると、あーもうすぐ保育園じゃなくなるんだぁと実感がひしひしと・・・かなしい!ママも一生保育園にいたいよ!

しかし、ランドセルをはじめ、親の財力の続くかぎり、よい本物なモノで目を肥やしてあげようと思うのですが、どこまで続くことやら・・・どうでもよい成長とともに変えていくものはIKEAなど廉価品で調達してますが(汗)働かねば!

今年最初のカルトナージュ 

2007年01月15日(月) 17時07分
今日は今年最初のカルトナージュのお教室。

1月はレターラックをつくりました。
外側はスキバルテックスという革のようなカルトナージュ独特の紙。内側はちょっとシックな気球モチーフのイラストのペーパーで。
はじめて中板をいれる作品なんで、ちょっと緊張。しかし、見えないところはきれいにあがらずとも、外側や角がしっかりできていればきれいに見えるので、ちょっと手ぬいてしまいました。っていうか、時間がなくてあせったーーー(汗)
10時からはじめて二時すぎに終了と時間がかかってしまいましたが、なんとか一回で完成。

郵便物の多い我家では必需品のレターラックです。満足、満足、自己満足。

がすてな〜に? 

2007年01月14日(日) 17時05分
うちは日曜日、博物館、水族館などにいくことがとても、多い。でないと一日ちびがテレビに釘づけになってしまい、それを怒るのも親が疲れるから、なのです。

今日はパパの会社のそばにできた東京ガスのガスの博物館「がすてな〜に?」(イタリア語風に読む)へ。
なかなかよくできていますが、お鼻の敏感な私はそこはかとなく漂うガスのにおいに酔い気味でした。
気持ちよいのは屋上!緑地化された芝生が地球の丸みの1/20で表現されているらしく、こどもなぞころがりまくっていた。
晴海、豊洲のビル群が一望でき、雲ひとつない天気で気持ちがよい!

その後、早くも客足が遠のいてきた豊洲ららぽーとへいこうとすると、なんと「観覧車のりたい!」ビーナスフォートのとなりの大観覧車に初乗り。ちょうど日暮れで空と夜景がとてもきれいでした。そういや、デートでも乗ったことなかったなぁ。
その後トヨタのMEGA WEBでE-comライドにのり(電気自動車で会場内外を一周するもの、一人200円)、本物のレーシングカーの座席にのったり。無料でもかなり楽しめました。身長120cm以下だとちょっときついのが難点。小学生はものすごくたのしめるかな。

こういう企業のパビリオン系ってこどもがいないと中々いかないのですが、無料のものが多いのが魅力。しかも中々よく作っています。

そして、「どっかでなんか食べてかえりたいーーー!」と泣き叫ぶわが子。母も猛烈に賛成!だが外食嫌いの父のおかげで家にかえって夕食をつくる。作るの手伝ってくれるからまだいいのですけどね。外出して、夕飯つくるってのはなしだろう〜(怒)平日の夕飯つくりで精一杯の私にはかなりきついです。お宅ではどうですか?

高尾山で修行!? 

2007年01月09日(火) 17時00分
連休最終日は高尾山に・・・・
私は山登りが嫌い。ほんとに小学生の遠足でも高尾山登山は大・大・大嫌いだったのだ。
でも今回はケーブルカーで山頂へいき、薬王院へお参り。あの江原さん由来のところなので、ちょっとスピリチャルツアー気分。

年末年始体調悪く、おみくじもひけなかった私はここでやっと引いてみる。やった「大吉!」。子どもも「大吉」っていうか子どもは今年ずーっと大吉しか引いてない。もしかして大吉しかない?とためしにだんなもひいてみると、「吉」。だんなは高校受験の1月にここで「凶」をひいたのだとか。だから西高に受かったのだと。どういうこっちゃ。凶をひいて悪いものだしきったと自分に言い聞かせたとか・・・。

が、しかし徒歩で下るというだんなと子ども。私はケーブルカーで降りるつもりが「ママもー!」と子どもの一言で降りるはめに・・・降りるのは6号路という沢くだりのコース。
下までは1時間半、3.3kmとある。
あろうことか子どもが6号路の入口で大声で
ち「ママは運動不足なんだから、いかなきゃだめー!」
パパ「そうだそうだー」
私「ち・が・う!病み上がりなの!!!(怒)」
ばりばりの登山ルックの初老のご老人ご婦人方の嘲笑が目にはいる・・・(恥)ちくしょーそういう戦略できたか(怒)
いったことのある方はご存知だと思うが、薬王院自体、ケーブルカーを降りて徒歩20分ののぼりをのぼりきった人しか参拝できない。まさに修行のためにあるような場所。
この日は天気もよく、暖かく風もない。薬王院からさらに15分ほど登った山頂から眺める東京は絶景だった。
しかし、くだりはかなり本格的なトレッキングコース。
初詣気分の私はグッチの靴などはいている。よ、よごれるじゃん(泣)しかし、このグッチの靴、『ビブラムソール』という本格的登山靴のソールがなぜかついている。昨年グッチにソール交換にだしたときに知ったのだが。(片足15000円もするソールだぜ)山のぼりではかなりグリップ力の高いソールなのだ。それで、ちょっと気を取り直し、いざ沢くだりへ。

はっきりいって子どもを気使う余裕はない。沢、ほんとの小さな沢を下るのよ!岩をさがしつつ、時々しょうがないので沢に足をふみいれつつ。いきなりその難所をぬけ、やっと山道・・とおもいきや20cmくらいしかない山道とか。ひたすら下る。下る。
「もうほとんど降りきったからあと少しだよ」といわれ、気をとりなすが、見上げると看板『12』あと11枚看板みないとつかないじゃーん(怒)(全部で15枚の看板をみながら降りるコースなのです)
ひたすら歩く、歩く。「高尾山の天狗さん、どうか私に力をおかしください!」そう念じながら、ひたすら歩くとなぜか無我の境地に。あれ?ちょっと気持ちいい。コースは変化に富み、自然の満喫できるいいコースじゃない。天然のテーマパークを降りていってるっぽい。

途中たぶん江原さんが修行した「滝行」の滝なぞは本格的な滝行の施設。すこしだけお参りして、さぁ、下へ。
岩戸神社なるものもあり、要所要所お参りしながら降りるコースになっている。真剣にトレッキングマラソンしている人や本格的な登山装備で登っている人にすれ違うと、まじでびびる。時々私たちのように軽装の夫婦に追い抜かされ、ちょっとほっとする。

看板も5番をすぎるとちょっとまわりをみる余裕さえ。
でもあいかわらず子どもはだんなにまかせて、自分のペースでひたすら降りる。一人で山にはいっている気分にさえ、なる。ひたすら足を動かしながら、とてもよい「内観」の時間をもてたよう。

やっと降りきって高尾山口の「高橋屋」というおそばやさんで昼抜きだった私たちは「おそば」を頂く。おいしーい!高尾っておそば美味しかったんだ。中々本格的なおそばでした。
京王線にのり、一路うちまで帰りますが、帰りはもう六時近くなり寒風吹きすさむなか帰ってきたら、顔中、耳まで腫れる寒冷じんましんになってました(泣)

はー。やっぱり山のぼり、いや山くだりだったけど、はあまり好きではありません。心の中にちょこっとたまにはいいかなぁーと思ったりもするのですが、どうしてくれようこの筋肉痛!
運動不足ですね・・・・反省!

この時期になると見る夢 

2007年01月05日(金) 16時59分
この時期になると必ず夢をみる友人がいる。
それは4年前に白血病で逝ってしまった友人だ。

三日前、微熱とはいえ、寒気のある熱と戦いながら、ベッドに早めにはいっていたら、その夢はやってきた。
大学生から社会人になったばかりくらいの彼女の姿。
二人でスパへ行っていた(笑)
旅行好きで、別府温泉の泥湯にもいっしょにいったよね。香港いって私一人北京ダック食べ過ぎて夜中のた打ち回ってたっけ。神戸では光物ざくざくお買い物したよね。あなたと行く旅行はほんとにお互いしばりがなく、でも気がつくと同じ店でとなりで見ているような、居心地のよい旅行でした。
でも私たちの旅行のテーマはいつもやっぱり温泉だった気がする。
温泉でカラダ癒して元気になって!というメッセージだったのかな。向こうからも心配してくれて、どうもありがとう!

私はよく見る夢にスパとトイレと学校がある。
スパはいろんな部屋に分かれた階段状の風呂場みたいなものがあって、入口をはいるとロッカーがある。洗い場も沢山わかれていて、浴槽もいろんな種類のが、小さい大きさで一杯ある。
その夢をみるたびに「あぁ私はまたここにきてしまった」と思うのだ。
そういえばガラス張りの高層ビルのトイレってのもある。ものすごい数の個室があって、それが登るくらい高いやつとか、いろんな形があって、学校のトイレの掃除したての濡れた嫌な感じ。あれなんだなぁ。あーきれいなとこないの!?とあちこち探し回る夢なのだ。
学校は教室というより専門の教室にいつも行く。渡り廊下をわたった第二校舎の迷路のような隠し階段のようなところをのぼっていくと、ひな段状になった音楽室に行く。壁にはおきまりのベートーベンなどの肖像画。
光の通り道が見えるようなほこりっぽい空気。小学校のような中学校のような高校のような。何度いってもわからない。

この間ホメオパスの先生に15歳くらいの頃のトラウマってでてるよ、といわれた。(相談の時には驚くほどいろいろ当たるエネルギー測定器をつけるのです)
学校というものにトラウマがあるのかな。あるとしたらもっと自由に自分を表現したい!という気持ちだったのかもしれない。なぜなら自分の子どもの中学校にはそういう自由なところに行かせたい!と強く想う自分がいるから。
子育てというのは意外と自分のトラウマの解消なのかもしれませんね。

IKEAへ! 

2006年12月04日(月) 11時24分
昨日はもうすぐ小学生になる子どもの「お部屋つくり」大作戦!ということで、先日港北にオープンした『IKEA』へ。
大混雑らしく、うちは10時には家をでて、30分ほど。
駐車場渋滞はないが、すでに一Fのパーキングは満車。どんどんクルマがはいってくる。

店内にはいると無料のシッターサービスエリアがあり、そこで子どもをプレイヤードで遊ばせて預かってくれる。そこが一番長蛇の列。「行きたい!」という子どもをひきずって「あなたのものを選ぶのよ!」と店内へ。

まずコーディネートエリアがあり(売っているものもあるけど)そこでほしい商品の売っている場所を専用の用紙にチェック。実際に座ったり寝たり動かしたりして確かめる専用エリアなのだ。そこでチェックしたあとマーケットプレイスへいって籠にいれたりカートに乗せたりするのだが、その前にカフェ&レストランでちょっとおなかを満たしながら熟考できる。カフェもすごく広くて混んでいるのに混んでない。システムがとてもよくできているのだ。子どもが遊ぶエリアももちろんあって、どこにいっても子どもが飽きずに買い物ができる。
ファミりー層に対して、徹底的に『優しい』売り場つくりなのだ。ほんとにすごい!
カフェでは名物SWEDEN式ミートボールを頂く。美味しかったー。クリーム系のソースになんとベリージャムが添えてある。それがSWEDENの味つけなのね。

そしていよいよマーケットプレイスへ。巨大な売り場は分野ごとにわかれているので以外と探しやすい。コーディネートエリアでしっかり売り場をチェックしていれば見逃すことはない。
大物家具は最後のセルフカートエリアでピックアップ。このエリアはまさにCOSTCO家具版。配送をたのむものも一度、ここから自力でレジまで運ばなくてはいけない。でもね昨日かった子どものベッド、フラットパックになっているけど長さ2M、重さ45KGよ。一人で間違えて買いにきちゃった人はどうするんだろう。うちはなんとか二人掛りでうちのRangrRoverに乗せてお持ち帰り。
そういう徹底的なセルフなところがコストダウンの秘訣らしいです。なんとこの時期のギフトラッピングもレジからでたところにセルフコーナーがあります。サービス人件費ってとっても商品価格にのっているということなのね。
(photo:セルフエリアの山積みされた子ども用ラタンチェアで、買ってもらったゴールデンのぬいぐるみとくつろぐちーくん)

ここ数十年、インテリアの関わってきた私ですが、『目から鱗』ってこういうこと。なんていっても『桁』が一つ少ない!
そして品質も悪くありません。いや十分。DIYがめちゃくちゃ下手な人はしょうがないので●塚さんや●ッシーナで高いものを買いましょうって感じ。

店舗でも十分使える品揃え。おすすめです!

購入品:KURAリバーシブルベッド24,900円、下部分は秘密基地化予定!
カーテン、掛け布団カバー&枕、ヘッドデコレーションはすべて『スピネーカー』柄。テルテールもついてんの!

体育家庭教師 

2006年12月03日(日) 10時55分
家庭教師を頼む年ではまだまだないのだが、同じ保育園のママ友がサイドビジネスではじめた事業に『体育家庭教師』というのがある。
うちのは2歳10ヶ月で近所のN●Fというところのスイミングにぶち込んだのだが、集団系があわないらしく一年間泣き続け、3歳10ヶ月で退会。その直後『そのかわりにピアノがやりたい』という本人たっての希望でピアノを習わせることになった。

ところが最近『プールやりたい!』なぞというように。もう一回同じところにはいって入会金をWで払うのはいかがなものか・・・と考えていたら、ママ友に『体育家庭教師』の存在を聞いた。なんでも一回のクラス代プラス往復一回600円で平日、園にお迎え→プールまたは公園など体育施設→自宅へつれてくるというベビーシッター系の動きもしてくださる。WMにはなんとも頼りになるではないですか!
折角の土曜日、午前中ピアノ→午後プールという強行軍をしなくても済む!

これ幸いと早速アクセスして、先日担当の現役日体大の女子大生とママ友がうちでこどもと面談。ママ友とのおしゃべりの方が楽しかったけど・・・ま、子どもと一度なじむ時間もしっかりとってくれます。

そして先日の土曜日はじめての体育家庭教師がスタート。
初回なので、私がプールまで送り様子をみる。

臆病ものなので最初「ママもきてぇ・・・」んーこれはやばいか?と思いきや、着替えがおわれば先生と二人であっさりプールへ。大きくなったねぇ。

そして写真のように40分ほど楽しくプールの個人指導をうけてきたのでした。
「あの先生優しくて、よかったぁ〜。オトコの先生だと思いっきりばしゃとかするから。」だって。大丈夫か、君は。

園でも最近お姉さんが変な時間に迎えにきてくれて、憧れの早帰りをする同じ家庭教師の子が何人かいる。子どもたちは興味深々。憧れの眼差しでみているらしい。
まぁそんな動機でもしっかり泳げるようになってくれさえすればOKさ!

体育家庭教師のRISCO
http://members3.jcom.home.ne.jp/risco
入会金10000円、一回4000円(60分〜90分)
交通費、プール入場料などは別途精算。
公園や河川敷、ご自宅など無料施設や公共施設を利用。
水泳コース、鉄棒コース、ボールコースなどお好みでクラスをしてもらえます。

おすすめですよん。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naturafreek
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:3月10日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・グルメ-イタリアンをココロから愛してます
    ・旅行-ハワイ島大好き!そして近所の温泉からNZの温泉までこよなく温泉を愛してます
    ・アート-ナンタケットバスケットやカルトナージュなどte-sukuriが大好き
読者になる
■ちーまま■ジャガーの日/太陽の月 [黄色い銀河の種]の年 KIN31:青い倍音の猿 生まれ 魚座 A型 七赤金星 土星人+
■趣味■・ホメオパシーなどの代替医療やヒーリングなどの不思議系はまる暦20年・子供産んで以来ちょっとごぶさたなヨット(葉山マリーナに仲間といっしょに艇を置いています)
■お仕事■成城大学経済学部卒/町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー卒。女性誌、男性誌、家庭誌などさまざまな雑誌及び広告の分野で長年stylistとして参加。雑誌ESSEでは『おないさちこのここにも小さなインテリア』を1年間連載。同時に広告制作のdirectionやイベントの企画運営・webの企画編集・パッケージデザインから印刷物など紙もののデザインまでと、さまざまな「物」のstylingに関わる。今は「ゆるキャリペース」「バリキャリペース」をいったりきたりしながら、様々なdirectionやデザインワーク、編集ライター、そしてインテリアスタイリングのお仕事を、母時間を大切に六才児の母業とともにやっております。あ〜妻業も・・・ちょっとだけ、ということにしておこっと。『いのち』の大切さを伝える、日本誕生学協会の常務理事もしています。
■好きなmusician■KOHARA、Monday満ちるさん、MondeGrosso、DeepForest
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる