朝食を食べる! 

September 19 [Thu], 2013, 10:05
朝食を食べない方、かなりいますよね。
朝食はやはり食べた方が良いそうです。
理由としては、身体と脳を目覚めさせる効果があるからです。
忙しいのなら、バナナ1本とかヨーグルト一個とかでもよいそうなので、とにかく何か口に入れる。といった事が大事なのだとか。

ですが、とくにお勧めなのは、炭水化物系です。
炭水化物を摂取すると、糖度が脳に行きわたり、目も身体もしゃきっとするのです。
朝食を食べる。という事は、昼のどか食いを避ける意味でも大事です。
朝食べなかったから、昼を沢山食べよう!という人は多くいると思いますが、それではダイエットの敵です。
朝食を食べないで活動したぶん、身体はエネルギーの元を欲しがります。
そこで、昼食を沢山食べると、身体はエネルギーをため込もうとして、余分に身体に吸収されてしまうのです。

朝、疲れやすい。起きられない。という人ほど朝食は食べた方が良いそうです。
朝の疲れの原因は、脳に糖分が十分いきわたっていなく、身体の活動が活発になれない状態なので、疲れたり、おきられなかったりするそうです。
この状態で、むりやり仕事などをしても、あまり効果的な仕事はできません。
少しでもよいので、炭水化物を取るようにしましょう。

一番良い朝食というのは、たまごかけご飯や、ご飯と納豆。といった炭水化物とタンパク質だと言われています。
これは、日本人が知らずと好んで食べていた朝食ですよね。
忙しい現代人だからこそ、昔の知恵を見直すと良いのかもしれません。
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30