試行錯誤? 

May 12 [Sat], 2007, 7:06
色々考えが自分の中で決まっているようでまだふらふらしています。
仕方がないねっ♪

主人がやめたほうがいいんではないか?と私にあることについて
言ってくれた。でも私はあえて自分の一番過呼吸の原因になっていたと思っていたものに
飛び込んでみたかった。それは自分を確信するため
きっと医学的には絶対に止めろといわれるでしょうが・・・
大切なものを信じることができた今自分の中で何かが変わった今
確信したかった
実際本当に数分ではあったが飛び込んでみた
でなかった!過呼吸がでない
自分の中ですごい自信があった
常に私には見守っていてくれる人がいる
一人ではないそう思えたことによってこれだけ強くなれるんだ
一つまた前に進めた
もしかしたら勘違いかもしれない
でも過呼吸がでなく、涙もでなく心が不安定にならなかった
大きなことです!

これから試行錯誤の中自分と大切な人達と一緒に頑張っていこう

確信した日 

May 11 [Fri], 2007, 11:39
涙・息苦しさ・めまい何もかも改善されていくのかな
そんな中夕べの事を家の用事を済ませた後もう一度
考えてみた。今朝は主人に昨日はありがとう安心できたよと
伝えることができました。
そして習い事のメールの内容をもう一度見つめなおしてみた
確かに何度読み返しても、・・・・・と思うんだけど
私の中でこんなふうにしか言葉をあらわすことができないなんて
かわいそう・・・そうふと思ったんですね
言葉というものはすごく大切だと実感しました。
何気ない言葉でも人は傷つきます。それをいちいち考えていたら
何もできないって実際自分もそう思っていました。
でも違いますね!少しでも相手・人の思う気持ちがあれば
言葉というものはかわってくるもんです。
自分のことばかり考えていてはやはり気がつかないものでしょう
私の中でかわいそうだなと思われた人は迷惑だろうけど
かわいそうと思えることでその人の言動・行動が許せる気がします。

家族の習っている所はアットホームというのが売りなようです。
だからやたら保護者の親睦などとてもうるさいです。
それが私の中で嫌気がさしてきたんでしょうね
やることはします!一応役員ですから(笑)
しかしアットホームみんなファミリー!
その売りには私は反感を覚えてます
すごく理想的なことのように聞こえますねアットホーム・ファミリー
いい言葉だと思います。
でも実際は違うんです
アットホームなファミリーなという言葉を連呼して親睦をなかば強要してくるのは
実はそこはそうではないからでしょう
本当にそこが居心地がよくファミリーであるならば自然に集まってくるものでしょう
これから先どうなっていくのか今までの私は
不安の一言でしたが今は見ものにかわっていってます

みんなで集まって仲良くして・・・もう学生じゃないんだから
みなさんご家庭をもっています 私もそうです
何を言われようとも習い事の子供達もかわいいですが
家族が一番ですよ
家族があるからこそ自分もいるんだから
それをないがしろにさせてファミリーを強要するのは
考え方おかしいんじゃないかな
きっと寂しい一人じゃいられない人間が集まってるんだろうね
一人でも私は強いと私に言っていた方
あなたが一番弱いんじゃないでしょうか
私のことを弱い人間と言った方本当はあなたが弱いんじゃない?

私は今自分の事が好きです
何ヶ月も苦しんで自分の弱さを見て情けなくて
苦しくてそれを全部自分だと今認めています
弱さは自分で自覚がないと強さにかえられないのではないでしょうか
私の中で本当に自分というものがかわっていくのがわかります

もしかして? 

May 11 [Fri], 2007, 6:13
昨日は何か私の中で大きな壁がくずれたのに
心地よく眠りにつけると思ったのに夜中に習い事からの
一斉メールが来てブログの紹介とやらだった。
みなきゃいいのに見てしまい。
なんともいいようのない感覚が押し寄せてきた。
習い事に追加してヨガやエアロビを保護者向けにはじめたようだ
とてもいいことだと思う
しかしそこのブログには流行のDVDのことも書いてあった
別に気にもとめることはないんだろうが
私は実際その流行のDVDをしていたのでひっかかるものがあった。
否定された気持ちになった。確かにプロの人に教えてもらったほうが
数倍いいでしょう。しかし主婦はなかなか時間がとれないんですよ
だから自分なりに体を動かし好きなバイクのために筋力をつけているんです
これは私の受け取り方に問題ありなんですがね

やはりちょっと涙がでてしまいました
でもこの前とは全然違う私が布団の中で涙を必死でこらえて耐えていたとき
主人がそっと手を握ってくれた
すごくあったかく嬉しかった。
それでもまだこみあげてくるものを抑えることができなかった
ずっと一緒にいてくれた・・・ありがとう何よりも救いだった
昼間話したことを思い出し主人に
メールの内容を話しいいようのない苛立ちを説明した。
こうやって一つずつ聞いてもらい
うなずいてもらてそれだけで楽になり朝まで知らない間に眠ることができました。
もしかして、本当に私はここから主人の力を借りて引っ張り出してもらえるような
そんな気がしてまた少し前進することができました。

もうひとりの自分 

May 10 [Thu], 2007, 12:48
今日主人と心療内科へいってきました。
脳外科・精神科・やはり私は心療内科なのか・・・

とっても期待はずれでした。
でも私にとってよかったのかもしれません
はじめに症状などきかれてあとは色々聞いてくれるもんだと私も
勘違いしてたのかもしれませんが
医師は私の症状をきいて
「うつですね」
その一言だけでした。
「・・・うつなんですか」
過呼吸になりうつになったのか・・・
確かにこの所よくふさぎこんでしまう
これは確かにうつの症状なのかもしれない
私も少し自覚はありました自分がもしかしてうつ????
でもうつでも何でもいいんです
こうなった原因が何なのかそれを知りたい
薬の治療を進められました
薬の副作用が結構個人差があるけれどきついみたいです
これを飲むと勝手にやめることができません
やめると反動がくるそうです
私は自分の中でなんとなく解決策がわかっている

一番自分にとって大切なもの大切な人その人の一言
それとその人が傍らにいるという実感
それさえあれば私は何も怖くない
そういう自分の中で確信がありました
私には守るべき人がいるその人のために
私がいるんだ

そのとき主人は薬に反対しました。医師に他に解決策があるでしょ
とかけあってくれました。
結局薬しかないですと言う答え・・・
では薬を使わなければなおらない?
時間がかかります
そんな話でした。
主人も私も時間はかかっても薬をのまずに治すほうを選択しました。
なぜなら私の唯一の趣味がバイクです
ロングツーリングそれは楽しく開放されるものです
その薬を飲んでる間は車もバイクも乗ってはいけない
何ヶ月飲み続けるのか?早くて半年
それを聞いて主人は今私からバイクをとったらもっと病気が進行するんではないかと
確かに先週のゴールデンウィークに主人とツーリング家族でツーリングへ行ったとき
私は一度も過呼吸もでずとても楽しいひと時をすごせたんです
開放された休みでした。それは主人が一番しっている
今それがなくなったらきっと薬よりも私のバイクに乗れないその悔しい気持ちのほうが
勝ってしまうそんなきがしました。

病院から帰宅後旦那と色々話し合いました。
旦那が夫婦なんだから大切な家族なんだから
一人で抱え込まずに自分に全部ぶちまけてくれたらいいと
すごくその言葉は私の待っていた言葉でした
素直な涙が流れました。
今までと違う涙というのが私自身すごくわかりました。
これはやはり解決できる
この人となら乗り越えられるって
主人とは色々なことを今まで乗り越えてきたんです
2回の手術と入院これは主人ですがその時は
必死で私は支えてきたんです。主人がくじけそうになったとき
私の前で弱音をはいたとき思い出すととってもいい思い出になってます
その頃下の子供が産まれたばかりで私も産後の調子がわるかったんです
それでも毎日子供二人と主人の待つ病院へ行き子供達が主人にアンパンマンの歌を唄って
いました。そのとき私はこの家族でよかった。この人でよかった
そう思っていたのに忘れていたのかもしれませんね

次は主人が私を支えてくれています。
私はきっと乗り越えます光も見えてます
読んでる人はどう思われるかわかりません
やはり薬をのまないとと思うかもしれません
でも私は薬よりも大切な人達の力をかりることにしました。
かりるからには自分も前をむいて走ります
頑張ると言う言葉はだめらしいのですが
私は昔から頑張る!という言葉が大好きなので
その言葉どおり頑張ってみます
やっともうひとりの前向きな自分が帰ってきました
おかえりなさい・・・そして後ろ向きな自分にさよならを言いたいです。

今の私2 

May 10 [Thu], 2007, 6:13
何が原因でこうなってしまったんだろう
考えても色々ありすぎてわからない。
理由をみんな聞き出そうとしてくるけど
言葉に表すことができない。ひとつ話せばその一つで片付けられてしまう
でも理由なんて一つではないからその一つで片付けてはい終わりでは
私の中の重圧はひたすら重くなるばっかり

自分の弱さを知って本当に傍らにいてくれてるだけでいい
ただうなづいていてくれるだけでいいのにそれさえ相手に伝えることができない

家族を巻き込んで自分だけが被害者になってそんな自分が本当憎たらしい
私の弱さのせいで家族に迷惑をかけているのに被害者はきっと家族なのに
早く抜け出したいのに できない自分

主人が習い事を決めてきた日・・・その日が私にとってこの苦痛の日々のスタートだったんです
今思えば・・・・
まだ足も動かず歩くのにも人の手をかりなくては不安な時に
何故習い事を決めたのか
今しかできないっていわれてしまえばどうすることもできない
そのときの気持ちはすごく阻害されたような孤独感がありました。

何も今じゃなくても、習ったらだめな理由はと問い立たされたとき
私はこんな状況でお金も動かしたくないしすごく不安なのにどうして一人にさせるのか
色々説明もしましたが大丈夫!その一言で片付けられて
私にとってその習い事は子供たちもいっているもので
そこはどうだろう私にとって開放される場所でもありとてもいやな場所でありました。
でもいやな場所でもいい所もある。家に帰ったら主人がいて気持ちもやわらぐ
そんな場所だったのかも・・・わからない
そこに主人がはいることによって私は開放する場所をなくし家に帰って和らぐ場所も同時に
なくしてしまい。気持ちのコントロールができなくなりました。
本当の所は・・・主人が習いたいなと行っていた時正直私は家族で習えたらいいなって
思っていた。そのとき私も一緒にいけたらなってそれなら足が治ってからでも
どうして勝手に勢いだけで一人で先に走って行くの何もできない私をおいてって
習い事に私は何もかもとられてしまったそんな気持ちをもってしまい
その習い事が私の中ではとっても好きだったのに憎いものになってしまいました
それからは必死で好きになろう主人も子供たちも応援してあげなくちゃって
気持ちを切り替えて頑張ってきました
ホワイトデーの日私はまた疎外感を味わいました
チョコレートをくれた子供におかえしをする。それは普通
でもそれにお手紙を書くと言い出して
「いつも子供の面倒みてくれてありがとう・・・」
そんな言葉を何度も書き直して書いてるんです。
どうして私にそんなことしてくれないのにって被害妄想かもしれないけど
すごくショックでした。一生懸命子供をみてるのに、頑張ってるのに
他人にはそういう言葉をあげれるのに私にはくれないの
あたりまえだからなんだろうか・・・・

それから二つ目に練習生の方の名前を毎回行くたびに家に帰っては
連呼されて負けたくないといって練習してる主人を見て
その人がとても疎ましく思えた。これは本当なら一緒に習いたいねって言って
一緒に習えていたら私だったかもしれない・・・そう思ったら悔しくてつらかった

足が動くようになってから子供たちの送り迎えを開始しだしたころ
習い事の師範に同じ習い事をしてる者同士が結婚するのが理想
と言われとてつもなくショックだった同じ事をしていないと理解できないと
でも今の私はできない・・・でももう既にこの習い事に対して憎しみがあるのに
今更治ってから習いたくない
主人が習いにいって現実がわかり所詮主婦は好きなことができないんだ
一緒に習おうって言ってくれたけど子供がいる時間的にも無理じゃない
やっぱり私が我慢しないといけないんだ
好きなことやりたいでもできない
疲れた

今の私 

May 10 [Thu], 2007, 5:00
年末にバイクで事故をした。
全治1,2ヶ月だったはずなのに、いまだに完治しない。
これはボチボチ治すしかないのかも・・・・。気が遠くなりそうだけど(笑)

怪我した場所が足だったせいもあり約3ヶ月近く家から自分一人ではなかなか
思うように出かけることもできなくなった。
これは相当な私にとってストレスになったんでしょう
もしかしたらもともとあったストレスの引き金になったのかもしれない

今まで生きてきた中で初めてこんなに不安・憎しみ・悲しみを体験した。
多分これからきっと私はこの今の状態を乗り越えれたら少々のことでは
へこたれないでしょう・・・多分

このストレスから過呼吸というものを知り
過呼吸がどれだけ体に負担がかかるか心に負担がかかるかを知りました
他人事のように思っていたけど、やはりこういうストレスからくる病気は
なってみないとわからないんですね
私はストレスをためないタイプだと思っていましたし、前向きに!物事に動じないのが
自分の一番好きな所だったんです。自分で何があっても乗り越えてきたので
自信もありましたが、見事に崩れてしまい
何を信用したらいいのか人間不信になりました
一番大切な家族まで心の底から信用することができなくなってきている・・・信じてないかもしれない

こんな今の自分がすごく嫌い
すごく醜くおもうし情けない
どうしてこんなに崩れてしまっているのか
本当に立ち直れるのか
前に戻れるのか
不安でおしつぶされそうになってます
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:natunatukouta
読者になる
Yapme!一覧
読者になる