キャベツはほとんどが水分と食物繊維でできています

November 19 [Thu], 2009, 15:58
数年前からブームになっている「キャベツ減量」。
キャベツはほとんどが水分と食物繊維でできていますから、生でも焼いても煮てもどう調理しても減量の味方になる食材です。
年中いつでも手にいれることができますし、大抵の家庭には冷蔵庫に常備している野菜ですから手軽にできます。
特に夏前のこの時期は、「春キャベツ」が出回っています。
春キャベツは、生食向けで栄養素を無駄なく食べることができる一番の減量食です。
サラダにして他の野菜と一緒に食してみてはいかがでしょうか。
十分な食物繊維やビタミンCが摂取できて、便秘や冷え性の解消になります。
その際は塩で食べるなどしてドレッシングは控えめに、ドレッシングを使うならばノンオイルドレッシングにしましょう。

さらにキャベツを使った減量方法としては、他にもあります。
食前にキャベツを食べて、ある程度の満腹感を脳に与えてから食事を食べる方法です。
そうすることにより、食事の量を減らすことができて減量になるというものです。
こちらは実際に医者が試して約30kg減量に成功したそうです。
やり方としては、1日3回食前にキャベツを食べます。
食前に食べることがポイントです。
ついつい食べ過ぎてしまいがちな夕食前は特に実践したほうがいいです。
キャベツを6分の1のサイズにカットします。
それを5cm程度にカットします。
カットしたものを10分間かけてゆっくり咀嚼していきます。
たったこれだけです。キャベツの栄養もとれて食事の量も減って減量にもなるすばらしい方法です。
ただ1点だけ注意が必携です。
1日に必ず70gのたんぱく質を摂取するようにしましょう。
卵なら1個、豆腐なら半丁、魚なら1匹程度です。
たんぱく質をとらないと筋肉が落ちてしまいますので、減量が成功しなくなります。

さあキャベツのおいしい季節です。春キャベツで早速実践してみましょう。

減量の一環として考えれば家事もできて減量にもなって

November 19 [Thu], 2009, 15:56
暑い季節は体を動かすのも億劫になってきます。
掃除をしたり家事をするのもなんとなく面倒で動きも鈍くなります。
ですが、これを減量の一環として考えれば家事もできて減量にもなって一石二鳥。
少しは動きもスムーズになるかも。

それが「ながら運動減量」です。
実に様々な種別があります。
例えば、家事の中でも重労働で、散歩したのと同じくらいのカロリー消費があるという「掃除機」です。

まず掃除を始める前にはコップ1杯の水を飲み水分摂取を行いましょう。
掃除機をもって両足をそろえて立ち、お腹に少し力を入れて腹筋を伸ばします。
掃除機を手で動かすのにあわせて膝を上下させます。
膝はつま先より出ないように少し曲げてリズミカルに行うのがポイントです。
慣れてきたら少し体にひねりを加えて、左右に移動するとわき腹、腰などの贅肉に効き目があります。
移動するときは、足を1歩大きく踏み出して、後方の足を伸ばすようにすると効き目的です。

次に「窓拭き掃除」です。
肩に力が入らないように背筋を伸ばします。
雑巾を動かして窓を拭く速さにあわせて、「ハッ、ハッ」と声をだして息を吐きましょう。
腕や肩だけではなく、胸や背中の筋肉を意識した動きをすることがポイントです。

「ごみだし」の際にも時間を有効活用できます。
ごみ袋を左右に持ち、腕を水平に左右に広げて1秒間静止しておろす。この繰り返しです。
ダンベルのような役割をごみが果たすのです。

このほかにもまだまだ「ながら運動」はあります。
ぜひ日常生活で毎日行っていることを活用して減量に結び付けてみてください。

ケーキなどの洋菓子は脂肪も糖分もとても多い

November 19 [Thu], 2009, 15:56
減量をしていて、お菓子など甘いものが食べられないことが結構つらいことです。
下手に我慢しすぎて、一気に食べてリバウンドしてしまう理由にもなります。
甘いお菓子は上手につきあって、減量を成功させましょう。

まず一番いけないのは、ケーキなどの洋菓子です。
これはできれば控えたほうがいいですね。
ケーキなどの洋菓子は脂肪も糖分もとても多い食べ物なのです。
人間の体は、脂肪と糖分では先に糖分を吸収します。
よって脂肪が吸収しきれなくて残ってしまう可能性が高くなり、皮下脂肪になってしまうのです。

ダイエッターにうれしい報告です。
うれしいことに、和菓子は意外にもカロリーが低く、減量中でも食べられるお菓子なのです。
あんこがたっぷりはいって甘いのでカロリーがとても高いように思いますが意外にそうでもないのです。

例えば、水ようかん、だんご、もなか、ういろう、上生菓子などは1個で100kcalほどなので1日1個なら大丈夫なんです。
大福、カステラ、ようかん、たいやき、プリン、ゼリーなどは1個150kcalほどなので、週に2,3回程度なら大丈夫です。
洋菓子やドーナッツ、どらやきなどは高カロリーです。できれば避けてどうしてもならば週1回程度に抑えましょう。
このようにして、減量中は絶対食べられないと思っていたお菓子もきちんと考えれば意外に摂取できて減量中の楽しみにもなりますね。

さらに和菓子の優れたところは食物繊維が多いところ。
あんこの成分の小豆や白あんこの成分のいんげん豆、きなこなどには食物繊維が豊富です。
栄養面でも洋菓子より断然和菓子が減量に最適お菓子と言えるのです。
骨盤ダイエット クチコミ
20歳を過ぎたら顔のたるみ防止エクササイズを

低カロリーだから減量向きと喜んで麺だけ

November 19 [Thu], 2009, 15:56
これからの暑い季節、食欲が無いから冷たい麺類でつるっと食べてすませたい。
なんて日も増えてくると思います。
麺類のカロリーはどうなっているのでしょうか。
実は全ての麺類低カロリーってわけじゃないんです。

代表的なものとして1人前のカロリーをあげます。
そうめん、冷麦は350kcal。
うどん、そば210kcal。
ラーメンは310kcal、インスタントラーメンは410kcal。
焼きそばは297kcal。
パスタは380kcalです。

そうめんやインスタントラーメンなどは、加工時に油を使用しているので高カロリーです。
こうしてみると、ざるうどんやざるそばが、麺とおつゆだけなので低カロリーメニューです。
しかし低カロリーだから減量向きと喜んで麺だけ食べているのでは栄養不足です。
薬味などを上手に使って、栄養バランスを整えましょう。
薬味には減量で疲れた体調を整える効き目もあります。
体調に合わせた薬味を上手にプラスして食べましょう。

冷やし中華などはノンオイルの具が多いので意外にも低カロリー、麺だけではなく具も食べられるので栄養面でも優れています。
ラーメンを食べるのならば、油の多いとんこつラーメンなどは避けて、野菜が豊富な野菜ラーメンなどがおすすめです。
パスタに関しては、乳脂肪分が多いクリームパスタは禁物、さっぱりとトマトパスタがおすすめです。
このようにして、麺類それぞれのカロリーを知って食べるだけでもかなり違いがでると思います。
上手にメニューを選んで、野菜などを摂取して栄養バランスを整えて減量しましょう。
特急 デコメ

セットポイントという適正体重

November 19 [Thu], 2009, 15:56
アメリカでブームになり昨今日本のテレビでも紹介されてブームが起きている「シャングリラ減量」。
本格的な夏を前に試してみる価値はありそうです。

シャングリラ減量とは、食事制限もなく、無理して運動をすることもなく、1日1回でOKです。
外出先でもできる手軽なものです。
やり方としては、食間にオリーブオイルあるいは砂糖水を決められた量飲むだけの簡単な方法です。

人間の体にはセットポイントという適正体重があり、本能で体重をコントロールする機能が備わっているのです。
セットポイントよりも体重が軽い場合は、食欲が増えてもっと食べようとします。
逆に体重がセットポイントよりも重い場合は、体重を減らそうとして食欲がなくなるのです。
食欲を減らせば、自然と少量の食事になり体重が減るというものです。
これは人間の食欲そのものをコントロールする減量方法なのです。
そしてオリーブオイルや砂糖水にはこのセットポイントを下げる効き目があるそうです。

シャングリラ減量の注意すべき点は、食前食後の1時間にオリーブオイルや砂糖水を飲むのを避けなければなりません。
さらに食前食後の1時間の間は、水以外の飲み物を飲んではいけません。

オリーブオイルは、緑色のエキストラオリーブオイルではなく、色が透明な薄い種別のオイルを選びましょう。
飲む量としては、減らしたい体重によって代わります。
減らす体重が9kg以下の場合は、オリーブオイルは大さじ1と1/2杯、砂糖水の砂糖は大さじ4と2/3。
9kg〜18kg以下の場合は、オリーブオイル大さじ3杯、砂糖水の砂糖は大さじ9と1/2です。
リバウンドしらずの話題の減量法、ぜひチャレンジしてみてください。
益若つばささんがブログで絶賛した美顔器はこちら
テニスで強いボレーを打つ方法

乳脂肪の含有量が多いほどカロリーが高いのか

November 19 [Thu], 2009, 15:56
暑い季節にはアイスクリームが恋しいもの。
しかしアイスクリームは高カロリーだから減量には大敵と思いがちです。
しかし実際にはアイスクリームを食べても太らないのです。
アイスクリームも他の食材も一緒です。
要は食べ方次第なのです。

アイスクリームを食べても太らない食べ方を考えてみましょう。
アイスは乳脂肪の含有量によって、多い順番にアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓となっています。
しかし乳脂肪の含有量が多いほどカロリーが高いのかというとそうではありません。
手軽に食べられるラクトアイスは、乳脂肪は少なめですが、植物性脂肪を入れているので高カロリーなのです。
氷菓のカキ氷は低カロリーのようですが、練乳やアイスクリームが含まれているものは高カロリーです。
シンプルな氷だけのものを選びましょう。
そして何よりも、クッキーは高カロリー菓子です。
つまりソフトクリームなどのコーンはとてもカロリーが高いので、避けましょう。
ソフトクリーム自体は空気が多いのでそこまでカロリーがありません。食べても大丈夫です。
そして、ミルクが含まれているものはカロリーが高いので、アイスミルクはさけてフルーツシャーベットなどがおすすめです。
もちろん大きさは小さいものにしましょう。

アイスを食べるのならば、15時〜18時がベストタイム。
午後の体温が一番高い時間帯がベストです。
一番いけないのは、夜遅くに食べることです。
どうしても食べたければこの時間帯を選びましょう。
アイスが食べられないと重圧を抱えると、減量も成功しなくなります。
1週間減量をがんばったら、週末のベストタイムにアイスを1つ食べるなど、コツを覚えて、この夏上手にアイスを食べましょう。
ひかり デコメール
P R
http://yaplog.jp/natudiet/index1_0.rdf