久しぶりに 曲UP しました。

March 18 [Sun], 2007, 23:26

随分 予定より遅れちゃったけど予告どおりの曲をUPしました。



*****************************************

【 セルゲイ・ラフマニノフ 作曲 交響曲第2番 ホ短調 Op27 】

[ セミョン・ビシュコフ 指揮 パリ管弦楽団 1990年録音 ]

*****************************************



親しみやすい美しいメロディが特徴のラフマニノフです。

個人的にはチャイコフスキーよりもラフマニノフののメロディ

の方が好きです。ロシアの作曲家ってメロディのキレイな

人が多いですね。



この第2交響曲の3楽章はラフマニノフの美しいメロディを

満喫するのに最高の曲なんじゃないかと思います。

出だしからとてもあたたかい気持ちにさせてくれるそして

心を癒してくれるまた後半では情熱的なメロディであつく

うたい酔わせてくれる素敵なアダージョです。



今回はわりと本格的なクラシックというか交響曲からの

一部なので時間もこの3楽章だけで14分半ほどかかる

ので眠くなってしまうかもしれませんね^^;;

最初3分くらいの間を乗り切ってもらえば徐々に盛上がっ

てきますから頑張ってくださいw



最初の部分は特にとっても小さな音量で始まるので

最初の方だけでも少しボリュームを大きめにして聞いて

もらった方が良いかと思います。

じっくりと味わってみてください。 では、また。



残念ンンン…

March 15 [Thu], 2007, 0:02

この前から ラフマニノフの第2交響曲って散々言ってるんだけど
部屋の蛍光灯がバチバチとまたたき始めてしまって。。。


この状態でUPするとタブン、ソースにもパチパチノイズが入って
しまいそうなのでとりあえず蛍光灯を交換するまで延期します…

別に焦らしてるわけじゃないけどね(^^ゞ
もう少し待ってくださいね。



訃報

March 13 [Tue], 2007, 0:23
あらら、、、キコさん大丈夫???

インフルエンザって、、、

ゆっくり休んで早く良くなってくださいね。
ボクは先週普通の風邪引いちゃいました(^^;;



ところで、世代的に知ってるかどうかわかんないけど
ボクの好きなアメリカの”Boston” といロックバンドの
ヴォーカルのBradDelpという人が亡くなったという
ニュースが入ってきました。


1970年代爆発的なヒットで衝撃的なデビューをした
バンドのメインヴォーカルの人です。


このバンドちょっと変わってて3枚目のアルバム
を出す前にギターをやってたリーダーがヴォーカルを
除いてあとの全員をクビにしちゃったという経緯の中で
オリジナルメンバーとしてギターのトム・シュルツ以外で
唯一残っていた人なんです。


バンドのサウンドはプレーンなアメリカンロックという感じで
その中でリーダーのトム・シュルツがレコーディングやミキ
シングの技術を駆使して華やかで幻想的に仕上げたという
感じで当時としてはとても画期的なバンドだったんです。

ただ、これも変わってるんだけどアルバムを出すペースが
尋常ではなく2ndから3rdまでと次の4枚目を出すまでに
各々8年というとんでもなく長いブランクを経ているという
日本では(特に最近では)考えられないマイペースさ。


本当はラフマニノフをUPすると予告していたのですが
急遽、Delpへの追悼の意をこめて彼らのデビュー作の
”More than feeling” と 2ndアルバムの冒頭にある
”Don't look back”の2曲(彼らの代表作でもあります)
をUPしたいと思います。


キコさん早く元気になってくださいね♪

あ〜寒ぅー

March 08 [Thu], 2007, 21:26

今週になってから急に風邪をひいてしまって少しましに
なってきたかな。まだ、のど鼻は辛い状態ですが。。。

暖かいなって記事を載せた途端に今度は一変して寒い日
になって、仕事場で移されたみたいですがインフルエンザ
ではなかったのは幸いでした。

昨日は夜には体調も落ち着いてきていたので久しぶりに
オーディオにも電源を入れてやって音楽を聴きました。
それまでは耳がまともに聞えなくて音楽どころじゃなかった。

---------------------------------------------

ここのところ棚でホコリをかぶっていた一枚を取り出して
おもむろにプレーヤーのトレイにCDを挿入。ほの暗いオケ
の短い序奏に乗ってピアノが寂しくうたい始めました。

ラフマニノフの3番のピアノ協奏曲。一般には2番が有名
でたしかにファンも多いのですが姉の影響かボクはこの
3番が好きなのです。

演奏はピアノが”エフゲニー・キーシン”オケが小澤征爾
指揮のボストン交響楽団。15年程前にライブ録音された
CDです。


ホントに久しぶりに聴いたけれど改めてすばらしい演奏
だと思いました。堂々としていてそれでいて自在に楽器
を操り実に表情の豊かな音楽を奏でていく様は圧倒的
です。こんな普遍的ともいえる演奏が出来るんだという
ことがなんだか信じれないような気持ちです。

---------------------------------------------


しばらく、更新ができていなかったけれど週末にはUP
できるようにしたいなと思ってます。残念ながらこのCDは
あまり録音が良くないのでPC等で聴くには少々辛いもの
があると思うので代わりに同じラフマニノフの交響曲の
2番から第3楽章のアダージョをUPする予定です。
解説は別途その時にしたいと思います。

では、おやすみなさい。




暖かぁい

March 03 [Sat], 2007, 13:06

ん〜 暖かい。 もう春だなぁ〜(まだひな祭りだってのに^^:)


今日はちょっとどんよりした空だけどちょっと日が差して

きてなんだかポカポカしてきてます。

雪もろくに降らずに終わってしまいそうだけど生活するには

楽な冬だったな〜。こんな時期でもプールも通ってた。



ということで「春の歌」です。^^ どうぞ♪



News23 より

February 26 [Mon], 2007, 0:31

久しぶりに政治ネタを。
といっても、ショーモない方のネタですが(^^ゞ

「中川幹事長、閣議の姿勢にもの申す」といったお話しが
少し前にでしたけどありました。閣議開始の起立・挨拶、
私語そして総理大臣への忠誠心等々についてでした。

ショーもないです。小学生みたいな話をと世の皆さんも
呆れたというかがっかりしたのはまだ最近の話だと思う。
各々インタビューされた大臣の方々も「忠誠心」をアピール。
益々もって情けない話ですね。。。そしてついには小泉氏の
再登板なんて話題まで持ち上がる始末。ホントにそんなこと
になったら自民党って小泉さん以外は何ともならない人たち
の集まり??って世に示してるようなものでありえないでしょ?

大丈夫なんですかね〜こんなことで。大臣の皆さんは一様に
「総理への忠誠心」を盛んにアピールしておられましたが
TVを見ていてボクにはこの言葉のほうが1000倍くらい心の
奥深くに響いてきました。

『政治化が忠誠を誓うのは総理大臣にでは
なく国民に対してです』
」と、、

よくぞ言ってくれた筑紫哲哉。
これ以上付け加えることは何一つとしてありません。








早速 聴いてもらったみたいですね

February 23 [Fri], 2007, 22:56

行進曲、キレイで軽快で行進というより踊ってしまいそうです。
おかげで久しぶりに「くるみ割り人形」を聞く機会ができました。

やっぱりチャイコフスキーってメロディーメーカーなんですよね〜
こんな美しいメロディーを書ける人は作曲家もいろいろいますけど
そうそういるもんじゃないですよ。メロディーって言うのは訓練で
できるものじゃなくて、ある種才能のなせる技ですね。

ギャニオンのピアノ曲を聴いたときもこんな少ない音符でこんなに
訴えかける音楽がかけるんだな〜と感心した記憶があります。
ショパン・リスト・ラフマニノフ何れも超一流のピアニストでないと
手に負えない難曲を作っていますが。ギャニオンのこの曲だと
正直、練習すればボクでも弾けるくらいの楽譜なのに心に響いて
くる。これって何気ないことのようで凄いことだと思います。

また、曲探しておきますね。今度は春らしいのがいいかな♪

せっかくだから

February 21 [Wed], 2007, 23:27


あはは、眠くなっちゃいそうですか^^ ワルツだから踊ってくださいw

ご存知かもしれないけれどこの「くるみ割り人形」というのはクリスマスの夜
を舞台にしたお伽話なんですよね。くるみ割り人形と、はつかネズミの軍隊の
戦いから魔法が解けたくるみ割り人形は最後は王子様に戻って主人公の
クララとお菓子の国へ行っちゃうというなんともメルヘンチックなお話しなんです。
それに付けられた音楽もまさに色とりどりのお菓子が並んでいるようです。
これは「クラシックのケーキバイキングやぁ〜(彦麻呂か!?w)」ってな感じ
の音楽なんです。せっかくですから何曲か併せてUPしておきますね。


チャイコフスキー作曲
バレエ音楽 ”くるみ割り人形”(組曲版)

1 : 小序曲
2 : 行進曲
3 : こんぺい糖の踊り
4 : トレパーク
5 : アラビアの踊り
6 : 中国の踊り
7 : あし笛の踊り
8 : 花のワルツ



こんなおじさんです<チャイコフスキー




もうすぐ春が来てしまいそうなくらいの陽気だったからちょっと季節はずれの
「くるみ割り人形」ですが…(^^ゞ ちなみに演奏は前回と同じです。

Waltz といえば?

February 21 [Wed], 2007, 1:47

ドビッシーも気に入って貰えたようでよかったです。
いい曲なんですけど一般には認知度の高い曲ではないので残念ですが。
最近になってCMで使われてるのを耳にしてちょっと嬉しかったりました(^^ゞ

ゆったりとした曲が好きなんですね。ワルツが好きということなので
どうしようっかな〜と考えて、シュトラウスはもちろんワルツを沢山
書いている人なのですが、あえてここはチャイコフスキー辺りに行って
みようかな^^ ということで「花のワルツ」を選んでみました。
詳細は↓

チャイコフスキー作曲
バレエ組曲「くるみ割り人形/The Nutcracker」から
”花のワルツ/Waltz of the flowers”
演奏 指揮:ハインツ・レーグナー/ベルリン放送交響楽団

曲は有名なので聞いたことあるんじゃないかな。
ただ、演奏はかなりマイナーな顔ぶれですがw
もちろん、全体の演奏がすきなんですけどエンディングが独特で
かっこいい(センスがある)ところが特に気に入ってます。
では、ゆっくり聞いてください。

いい音楽聴きたいね

February 18 [Sun], 2007, 13:55

曲、気に入って貰えて嬉しいです。
楽器の演奏も楽しいんだけどやはり聞いてもらえてナンボみたいなところ
はあると思います。だから演奏者は聞く人にいつも感謝してるんですよ。
演奏することだけが音楽をすることではなくて聴いてどう感じるか
という感性もとても大切です。音楽に惹かれるその心こそが大事かと。

と、偉そうな事かいてますけどボクはただのアマチュアですがw
ギャニオンだけじゃなくて気に入ったものがあれば教えてくださいね
こんな感じとかでもOKです。いろんな曲をUPできればと思っています。

ところで、「夢」はどうだったのかな〜…。







PHOTOGRAPH

虹の彼方へ♪
PROFILE
□ name/Kenjirou
□ hobby/Playing Musical Instrument
・ Guitar
・ Brass
・ Singing
□ location/Osaka
□ age/30's
My Favorite Music

[ How to set to BLOG ]
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:natsuo_5150
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
最新コメント
アイコン画像キコ
» 久しぶりに 曲UP しました。 (2007年03月22日)
アイコン画像キコ
» あ〜寒ぅー (2007年03月12日)
アイコン画像キコ
» 早速 聴いてもらったみたいですね (2007年02月25日)
アイコン画像キコ
» せっかくだから (2007年02月22日)
アイコン画像キコ
» せっかくだから (2007年02月22日)
アイコン画像キコ
» Waltz といえば? (2007年02月21日)
アイコン画像キコ
» いい音楽聴きたいね (2007年02月19日)
アイコン画像キコ
» お尋ねの件 (2007年02月17日)
アイコン画像キコ
» ??? (2007年02月15日)
アイコン画像n.A.T.s.u.o (blog主)
» 今週妻が浮気します (2007年02月07日)
http://yaplog.jp/natsuo_5150/index1_0.rdf